「高根一番街通り商店会」高根木戸駅前の商店街の歴史  -高根木戸⑴

「高根一番街通り商店会」高根木戸駅前の商店街の歴史  -高根木戸⑴

「高根木戸駅」。ローカル線新京成電鉄の中でも用事が無かったらあまり降りない駅ですね。

でも降りてみたら商店街が複数あり、高根台団地へも行くことができる魅惑の駅です。

高根木戸駅周辺

千葉県船橋市高根台6丁目。まずは新京成電鉄「高根木戸駅」南口で降りる。

高根木戸駅

駅前にもお店が並んでいる。ここは商店街なのかわからないが。

駅前の商店街

リーチ麻雀ひかりの黄色い外観が目立つ。左はかつて「BOOKSアール」という書店だったそうだ。

リーチ麻雀

昭和な麻雀店。2階へ階段がつづいている。

昭和で止まっている

丸い窓には何が映っていたのだろう?右のは店内の様子かな?

店内の様子??
ひかりの看板

昭和な純喫茶「純」。パフェが見えたので一度入りたいと思っている。

喫茶「純」

角の駐車場には魚屋が。

新鮮な魚屋

踏切を渡ると地図があった。古い地図はとても助かる。

高根木戸駅の地図
地図

高根木戸のイオン。地方都市によくあるイオンとなっている。

イオン

 

Advertisement

高根一番街通り商店会

踏切近くにあるのが「高根一番街通り商店会」。綺麗な街灯がお出迎え!

高根一番街通り商店会

チューリップが連なる素敵な街灯!

チューリップ

奥まで街灯がつづく。道路の幅もちょうど良い。

商店街の現在

この商店街は、新京成電鉄の線路沿いに沿って北上している。2010年と比べてみたが、街並みはそんなに変わっていない。

変わらない建物
フォントがかわいい!

高根公団駅の方から歩いている人もいて平日でも人通りはまあまあ。

人通りはある

街灯のチューリップが下に向いていて気になった。珍しいタイプだな。

下に向いている
高根一番街通り商店会

ビルの奥には赤い鳥居が。昔からの名残かな~

ビルの奥に

スナックなど大人向けのお店が多い印象。高根の中の商店街ではここがよく密集しているかも。

夜は賑やか?

パブやスナックが密集しているビル。

大人向けのお店

鶏肉専門店「鳥ひろ」。貸店舗になっているので閉店してしまったのか、電話番号2桁なので古そうなお店。

鳥ひろ

その向かい側にある骨組みが見えた店舗もびっくりする。駅から離れるほど閉店した建物がそのまま残っている。

廃墟状態

軽食とカフェ「おれんじ」が気になる。

左が「おれんじ」

このまま商店街を抜けると、隣駅の高根公団駅。意外と歩いて近いのでそのまま商店街探索をしても良いと思う。

高根公団方面へ

商店街というより、居酒屋とかが多く残っていて夜は賑わっているのかなという印象だった。

住宅街へ

オウム真理教麻原と「やくざ通り」?

以前、オウム真理教事件で有名である麻原彰晃と高根木戸の商店街が関係があると聞いた。

詳しくは「DEEP案内不動産部」に記載があるが、地元の方はどれほど知っているのだろうか…?

オウム真理教と関係が?

麻原彰晃は結婚後、千葉県船橋市に住んでおり、最初は港町で鍼灸院を開業、そののちに船橋市高根台6丁目に引っ越したようだ。

昭和56年(1981)2月、高根台にて健康薬品販売店「BMA薬局」を開局。BMAとは、「ブッダ・メシア・アソシエーション」の略。漢方薬をアルコールに漬けただけの無許可医薬品を高額で販売し、逮捕された。店舗は倒産し、建物も解体されたがその跡地がこの辺りという噂。

空き地に

両サイド空き地になっているのでこの辺りが確かに怪しい。地元の方によると通称「やくざ通り」とも呼ぶそうで、それならばスナックやパブなどが多い通りであるのも納得した。

歴史がある商店街だな~

今は麻原彰晃が住んでいたということを知らない人の方が少なそうなくらい、静かな通りになっている。

何も歴史が無い街なんて無いのだなと改めて感じた。

麻原彰晃のことを取り上げることに関して。センシティブな話題であるため、賛否両論ががあると思います。でも、良くも悪くも事実を伝えていきたいのです。高根木戸のことはとても好きです。面白おかしく取り上げることは違うと思っています。今回の話題、表現に違和感を感じる方もいるかもしれませんが、ご了承ください。

 

(訪問日:2020年11月)