フジハン醤油株式会社|明治10年創業.香取郡神崎松の老舗醸造所 -神崎⑸

フジハン醤油株式会社|明治10年創業.香取郡神崎松の老舗醸造所 -神崎⑸

香取郡神埼町にある「フジハン醤油株式会社」。
明治10年創業、発酵の里神崎で現在もなお歴史を伝える老舗醤油醸造所。

直売所では醤油も購入でき、神埼町の歴史と合わせて醤油蔵も見学させていただきました。

 

Advertisement

フジハン醤油株式会社で醤油を購入

千葉県香取郡神崎町神崎神宿676「フジハン醤油株式会社

JR成田線下総神崎駅より西へ徒歩20分ほど。神埼町(こうざきまち)は江戸時代に利根川の水運で栄え、現在も古い街並みが一部残っている。

駅からの道

神崎神社の門前町。元旅館?レンガ壁、歴史を感じる道 -神崎⑵

神崎神社の門前町。元旅館?レンガ壁、歴史を感じる道 -神崎⑵

「フジハン醤油株式会社」は、神崎神社近くの交差点角に昔から変わらずに位置する。

神崎神社下交差点

交差点近くに敷地内への入り口があり、南側の母屋側から。特にネット上で工場直売所の話が多く載っていなかったので恐る恐る敷地内へ。

母屋入口でインターホンを鳴らすと奥から現在6代目の店主が登場。

とても気さくでお話好きな方で、初めて訪れたのに1時間以上滞在してしまった。醤油を購入してから敷地内の見学や歴史話など濃い時間でした。

醤油は母屋ではなく、奥の工場隣の小さな建物で販売している。

商品陳列

フジハン醤油、ひだまり醤油(無添加)、うまにの素(鍋にも。地元では鯉の煮物に)など。

購入品

 

Advertisement

フジハン醤油の歴史

フジハン醤油は明治10年創業。現在は6代目に引き継がれている。

かつて神埼町には酒造りが7軒、醤油造りが3軒、さらに味噌造りも盛んにおこなわれたことから現在も「発酵の里」として親しまれている。

明治時代の『日本博覧図』を見せて頂いた。フジハン醬油株式会社の米蔵倉庫が右上に描かれている。

もう一枚は、神埼町の片岡商店の引札(広告)。同じくフジハン醤油の米蔵倉庫が描かれている一枚。神崎の森=神崎神社。

埋め立て前の写真

この二枚から見て分かるのは、フジハン醤油から直接、船で醤油を運んでいること。自動車が発達する以前の利根水運が繁栄していた頃と、フジハン醤油から利根川に至る一帯が埋め立て地であることも教えて頂いた。

昭和30年頃の写真

母屋に残る富士の意匠。これは社名の由来にもなっている富士山。

住宅地が埋め立てられる前、利根川から見えた富士山や筑波山、特に米蔵倉庫から見えた夕陽の当たる富士山が大変美しく素晴らしかったため、社名を富士と屋号の半右衛門から「フジハン醬油株式会社」にしたという。

しかも、フジハン醤油から水運を利用していた面影がわずかながら残っているとのこと。店舗から旧米蔵、その裏手に行くと…

古い石垣が旧米蔵の下に残っている。そして利根水運方向に向かってなだらかな下り坂である。

現在は全く埋め立てられて住宅街となっているが、苔が生えている石垣がかつて水面がこの地に存在した事を伝えているようだった。

 

Advertisement

フジハン醤油 建物見学

フジハン醤油に残る建物を一部見学。平成19年(2007)に、母屋・醤油蔵・旧米蔵倉庫が経済産業省により近代産業遺産に認定されています。

東側の出入口すぐにあるのは母屋。

醤油蔵
明治期の煉瓦積み

一番西側にあるのが旧米蔵。先ほどの絵図に載っていた建物です。現在はギャラリーとして使われている。

旧米蔵
近代化産業遺産に認定されている

説明パネルによると、
旧米蔵倉庫は、水運を利用して運送するための米の倉山倉庫として利用していたもので水運時代を象徴する建物。

運送業を営む坂本氏(先ほどの引札の商店)により所有後、現在フジハン醬油の所有に。

また、母屋裏手には巨大な松の木が並んでいる。煙突と背比べになっているようだった。

Advertisement

ヤマウ醤油・平甚酒店

余談。JR下総神崎駅前のスペースに、フジハン醬油の商品も紹介されている。

駅前でも紹介されている

ちなみに、隣に陳列されている「ヤマウ醤油」は川岸通り商店街にあったが廃業されている。フジハン醤油以外にも醤油醸造所が存在した証だと思うので貴重だ。

ヤマウ醤油

平甚酒店は営業中。小川米菓はまだ行ったことが無い。

平甚酒店では、地元で造られた美味しい地酒と、味噌、ひしほ、糀、甘酒などの発酵食品を取り揃えている。店舗も明治7年(1874)築。立ち寄ってみたい。

平甚酒店

鈴木こうじは、下総神崎駅から東に行ったところに店舗があるらしく、道の駅でも購入することができる。口コミで美味しいとあるので気になるな。

 

余談:
最近ブログの更新が出来ずすみません。長期旅行に行っておりました!社会人三年目に近づき仕事とほどほどに両立しながら頑張ります~~

 

(訪問日:2022年10月)

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。