旧伊勢丹回転展望レストラン。バブル期に作られた松戸旧伊勢丹の回転展望レストランの末路

旧伊勢丹回転展望レストラン。バブル期に作られた松戸旧伊勢丹の回転展望レストランの末路

松戸駅から見える白い展望台のような建物が気になっていた。調べてみると、回転展望レストランのようだが、同じく千葉県にある船橋のららぽーとでも同じような建物を見た覚えがあった。

 

回転展望レストランというのは、平成生まれの私にとっては馴染みが無いものだが、デパートと併設して作られたバブルの象徴とも言うべきものかもしれない。

 

松戸・旧伊勢丹の回転展望レストラン

千葉県、松戸。MADCITYなどとも呼ばれる密かにディープスポットが集まる場所と噂されているこの地に、UFOのような白い展望台がある。

 

松戸駅西口を降り、「きてみてまつど通り」と名付けられた道を進むと、ビルの屋上に白い展望台があるのが見える。

松戸ビルの回転展望レストラン

…どうやら、「松戸ビル」というビルらしい。

 

きてみてまつど通りには、イマドキの飲食店やお店が立ち並び、若者や家族連れが多い印象。ぞろぞろと松戸ビルの中へ。松戸ビルは、以前は伊勢丹に代わり「KITEMITEMATSUDO」というショッピングセンターになっている。

松戸ビル

回転展望レストランがある建物に入り、松戸ビルの案内図を確認してみるが、回転展望レストランの名前は無かった。エレベーターの表示は20階まであるが、立ち入りできないようになっている。

回転展望レストランは、現在は何にも使われていないのだろう。

 

松戸ビルの歴史

遠くから見た回転展望レストラン

1974年に完成した松戸ビルは、古参の超高層ビルとして名が知られている。2003年までホテルニューオータニが14階から20階まで入居していた。その同時期に、最上階にある回転展望レストランも営業していたようだ。「スカイブルーラウンジ」という展望レストランの名称は、当時の人々にとっては心が躍るものだったのかもしれない。

回転展望レストランは、松戸だけでなく、全国で人気を博したものだったようだ。回転展望レストランは、フロア全体がゆっくりと回転しており、建物の周囲の景色を楽しむことができる。1960年代から70年代にかけて現代的レストランとしてもてはやされたものの、維持費がかかるとの理由から次第に姿を消していった。

 

現在も営業している回転展望レストランも全国にあるとのこと。ぜひ一度楽しんでみたい。

 

船橋ららぽーとにもあった回転展望レストラン

松戸の近くでは、柏そごう店の14かいにも同様のものがあったようだ。ホテルオークラのレストランが入居していた。

 

私の母が撮影した写真にも同じような回転展望レストランを見かけたことがあると思い、確認してみると、ららぽーと東京ベイにも同じ展望レストランの姿が。

ららぽーと東京ベイにもあった回転展望レストラン

旧船橋そごうとしてららぽーと東京ベイの西館は親しまれていたが、2012年に解体されてしまった。こちらの回転展望レストランにも、ホテルオークラのレストランが入店していたらしい。

今は改修され、その面影は全くない。

 

実は、以前中国に留学に行った際に、回転展望レストランで食事をしたことがある。西湖のほとりのホテルの屋上が回転展望レストランだった。

中国での回転展望レストラン

初めての回転展望レストランでの食事は、船酔いをしてしまうかのような不思議な感覚だった。

 

しかし、現在はそごうなど、デパート自体も経営が厳しい状況。回転展望レストランの歴史も忘れ去られようとしている。

 

(訪問日:2020年6月)