五井駅近くの房総往還沿い。県内では珍しい銅板看板建築が現役! -五井⑶

五井駅近くの房総往還沿い。県内では珍しい銅板看板建築が現役! -五井⑶

船橋市と館山までを結ぶ「房総往還」。五井駅西口近くにも房総往還が通っているが、予想以上のレトロな看板建築が残されていた。

五井駅西口と海苔の産地

千葉県市原市五井中央西2丁目13−7。今回の目的地は、五井駅西口の房総往還沿いにある書店。

五井駅入り口の交差点

五井駅入り口の交差点を東西に伸びる比較的細い道が「房総往還」。一本南側の広い道は「五井中央通り」だ。五井中央通りはあまり古い建物は無かったので房総往還に期待。

白い街灯が目印

ちなみに、前回紹介したように五井駅西口周辺はお寺の境内だったそうで、再開発が行われて現在のビル街になった。

かつて五井は、高級海苔の産地としても知られ海苔漁業が盛んだったという。しかし、昭和30年代に漁業権を放棄することになり、生活の海は手放すことに。

その歴史を記す碑が現在も各所に残っているという。また改めて訪問したい。

Advertisement

五井「房総往還」を歩く

今回歩くのは、五井駅入り口の交差点から八幡宿方面の房総往還沿い。ちなみに、房総往還は船橋市から館山を結ぶ街道。現在も街道沿いには古い建物が多く残っているので一度歩いたみたいな~と思っている。

房総往還

街道沿いには白い街灯が並んでいた。でも商店街の名前の記載はなかったな。

街灯

房総往還沿いに残る建物。まずは、ミセスファッション「たかいし」。2012年のストリートビューを見ると1階・2階で「呉服・婦人服・寝具」で販売していた看板が映っている。

ミセスファッション たかいし

建物の裏へ行くと、蔵が残っていた。もしかしたら、古くから呉服店として営業していたお店なのかもしれない。

裏に蔵が

隣は現在駐車場だが、2012年には建物が残っていた。

斜め向かいにある「オロチョンラーメン」が気になる。

オロチョンラーメン
星野薬店

薬局の向かい側の小さな建物はなんのお店だったのだろう?

シャッターが閉まっている

交差点へ。「岡田酒店」は営業中。

岡田酒店
Advertisement

銅板の3階建て?看板建築

交差点の角に目を見張るような立派な看板建築が!

房総往還沿い

「コイズミ書店」。書店として現在も営業中だ。

コイズミ書店

時代の流れとともに、看板建築自体取り壊しが進んでいるというのに、青銅の銅板、しかも3階建て。私は今まで見たことが無い。

3階建ての看板建築

といっても、3階部分はフェイクで薄いパラペット状になっているので3階建て風な看板建築ということになる。

3階建て風

窓枠も当時のままなのか、上げ下げ窓が残っているようだ。素晴らしい。

建物の横

2階部分の窓は木で隠されている。3階部分はダミーなので窓が開くことは無いのだろう。

素晴らしい色味

まさか五井に、こんなに貴重な看板建築が残っているとは…そして書店としても素晴らしい雰囲気。手描きの広告って初めて見たかも。

手描き!

店内にも立ち寄ったが、タイムスリップしたかのような昭和の書店だった。書店がとても好きなので、地元にこの本屋さんがあったら通いたい…

鬼滅の刃の広告

店内には本だけでなく、昔懐かしいファンシーグッズも販売されていた。

1階の欄間

書店の方に話を伺ったが、建物の建築年はわからないようだった。「だいぶ古い」の一言。

現在も営業中

「もっと知りたいふるさと千葉」キャッチコピーが千葉愛に溢れていた。

もっと知りたいふるさと千葉

かつては、書店の隣で薬局も営んでいたようで名残があった。薬局の部分は後付けなのだろう。

薬局も

店員さんも建物に関してはあまり語らず、文化財登録もされていないので関心が薄いのかな…

知名度も低いので、とても勿体ないなあ…

追記:昭和7年(1932年)築との情報をいただきました。

Advertisement

房総往還沿いを歩く

書店の向かい側には、創業1958年の「森田家」。

森田家

以前までは「森田屋」の表記だったけど、今は「森田家」みたい。詳しくは「千葉ラーメンをイタ車でGo!」さんの記事にて。

向かい側の酒店の横には古そうな木製の電柱。

木製の電柱が残っていた

書店の隣は自転車屋さん。

自転車屋

手描きの古い地図も残っていた。五井駅が上、房総往還沿いが中央に書いてある。

五井の地図

書店の向かい側には、お店が並んでおり「そごうギフトショップ」もあったことがわかる。ソープランド「五井中央スチーム」が気になるな…

また、房総往還の西側、本仲通り沿いにはイトーヨーカドー、ラオックスなどが存在した。現在のホンダカーズ市原五井中央店あたり。

イトーヨーカドー市原店は1976年にオープン、2010年に閉店。旧市原市役所の跡地に建設されたという。建物は割と最近まで残っていたようだ。

2012年のストリートビュー

イトーヨーカドーも無くなり、商店街も廃れていると地元の方が話していた。

現在の房総往還
小林園
交差点

2012年時点で交差点の近く残っていた「フジヤ洋品店」などの建物も更地に。

古い建物は無くなっていたが、石碑がしっかりと保存されていて嬉しくなった。

石碑が保存されている

房総往還を北へ、ほとんどお店は残っていなかった。

井戸屋
Advertisement

レトロな建物を目指して歩くが

いかにも旧道らしい急カーブに沿って古い建物がありそうなので目指して歩いたが、街道沿いの古い建物は更地になっていた。

左は更地

見事な更地。新しい道路を建設する予定なのだろう。

そして、カーブ沿いにあった建物も更地になっていた。ショック。

更地だ

2014年のストリートビュー

岡田商店と小倉酒店。古そうなお店だったので撮影したかった。工事の看板を見ると、数日前に取り壊されたことが分かった。あと一歩遅かった…

跡地には貝が多かった

バス停には「波渕」と書いてある。その名のとおり、海岸線だったのだろうか。

波渕(はぶち)

また、「別荘下」とも。海沿いの別荘地、だったのかな。

 

(訪問日:2021年6月)