市原・内房線「八幡宿駅」周辺の商店街。かつて宿場町として栄えた ー八幡宿⑶

市原・内房線「八幡宿駅」周辺の商店街。かつて宿場町として栄えた ー八幡宿⑶

八幡宿駅西口。かつて房総往還沿いの宿場町としても栄えた歴史もあり、街道沿いには現在も商店街が残っている。飯香岡八幡宮を中心に八幡宿駅周辺の房総往還を歩きます。

房総往還の宿場町”八幡宿”

千葉県市原市八幡1057−1。内房線「八幡宿駅」西口近くにある「飯香岡(いいがおか)八幡宮」については後で立ち寄るとして、まずは房総往還沿いの商店街「八幡宿商店会」を探索する。

八幡宿商店会

駅西口から房総往還へ出て左へ。

江戸から館山へと向かう房総往還の宿場町の一つだった八幡宿。江戸時代には海と陸の交通要所として発展したらしい。

市原市八幡

市原市内の内陸部や房総海岸から運ばれてくる年貢米の中継基地だったため、「五大力船」と呼ばれた帆船が年貢米を八幡海岸から江戸へ。そのため、浜本地区には年貢米を納める蔵が建ち並んでいたそうだ。

宿場町だった歴史も

また、久留里藩などが参勤交代で利用していた房総往還沿いには本陣や問屋場などが並び、宿場町として機能を果たしていた。

東京湾に面した港町であり、戦前から昭和30年代にかけては、観光地として知られ、遠浅の海岸には海水浴場や潮干狩りを楽しむ人々の姿で賑わったという。しかし、昭和25年(1950)に計画された京葉工業地帯の造成によって八幡海岸は埋めてられ、工場が建設された。

宿場町、観光地として栄えた街。今回歩く中でもその面影が随所に残っていた。

商店街「八幡宿商店会」へ

房総往還沿いに広がる商店街「八幡宿商店会」。現在も書店や飲食店、自転車屋など生活に必要なお店が営業中。

研文社書店

和洋菓子店が向かい合って2店舗。「松月堂本店」と「鈴木和泉」。

鈴木和泉

古くから営業していそうな2店舗。比較的商店街は営業しているお店も多いと感じた。

ただ、空き地や駐車場も目立つので昔ながらの建物は解体されているのかもしれない。

新しい建物も多い

割烹料理店「魚虎」。

割烹「魚虎」

向かい側には蕎麦屋「長寿庵」。そしてその隣の木造2階建ての建物が気になる。

左が蕎麦屋

看板建築みたいに表側だけ覆われているが古い建物。元々どんな商売をされていたんだろう。

気になる建物

房総往還沿い、道幅は昔と変わってないようで狭いので建物の撮影は少し苦労した。

道幅が狭い
Advertisement

踏切近くの商家

房総往還の丁字路を左折して内房線の踏切方面へ。右手に立派な土蔵造りの蔵が見えてきた。

蔵!

正面に回ると、2つの古い建物が残っていた。保存状態もとても良い。

古民家が2軒

右奥に見えるのはスーパー銭湯「薬湯市原店」。2012年のストリートビューを見ると「内房薬湯健康センター」で、「漢方薬湯・草津温泉 24時間営業」と看板があったが最近改装したのかもしれない。

奥に見えるのは薬湯

左にある建物は中古自転車店「ふわふわ」というお店が営業していた。

もう一つの建物は何も使われてないようだが、八幡の歴史を感じる建物。

元々どのような建物なんだろう

裏に蔵が併設している建物。年貢米を納める蔵だったのだろうか。歴史が気になる。

建物の入り口

そして、電話番号18番の看板。18番ということは、それなりに有力なお店だったのでは?

電話18番

先ほどの房総往還沿いへと戻り、さらに五井方面へ。

房総往還沿いへ

道幅が先ほどよりも狭いが古い建物もまだ残っている様子。

入り口が封鎖されている

壁に古そうな看板が残っていた。「市原東武ボウル」の看板。

市原東武ボウル

市原市八幡海岸通り1963。検索しても市原東武ボウルの情報が全然ない…

だいぶ前に閉店したボーリング場なのだろうか。

看板が残っていた辺り

左にも古い建物があったが更地に。道幅が狭いので解体されるスピードも速いかもしれない。

駐車場の奥に蔵らしき建物が見えた。歩いていて蔵や商家建築が多く残っているため、八幡がどんなに栄えていたかを実感することができる。

奥に蔵が
Advertisement

飯香岡八幡宮

房総往還を駅方面へ戻り、「飯香岡八幡宮」へ。

駅近くの商店街

駅前の大通りは「飯香岡通り」と呼ばれている。

飯香岡通り

房総往還に面して「飯香岡八幡宮」の鳥居が建っていた。趣のある佇まい。

飯香岡八幡宮

白鳳年間(675年)に創建されたという古社飯香岡八幡宮は古くから崇敬を集めたそうで、境内には300基を超える貴重な文化財が残っているという。

境内の石碑

境内で目に留まった石碑。よく見ると、道標となっている。

道しるべ

「右 たごのうらへのみち」と読めるのは私だけ?江戸の方向を指していると思われる。

もう片面にはしっかりと「江戸への道」と読めた。

江戸への道

本殿は室町時代中期の建立で国指定の重要文化財。

本殿

大正初期の社頭風景が展示されていた。中央にあるのは鳥居、すぐ近くに海岸が存在した様子がよくわかる。遠くには富士山も。

大正初期の社頭風景
厳島神社

八幡宮の近くにある厳島神社にて「白鷺旅館」の文字を発見。検索してもわからないが、昔近くに存在した旅館なのかもしれない。

白鷺旅館

また、「南銀座弁天講一同」と書いてあるが、八幡地区に「南銀座」が存在したということだろうか。神社の玉垣を見ていると思わぬ歴史を発見することができて楽しい。

南銀座弁天講一同

旅館・商家

飯香岡八幡宮の西側、裏通りに面して旅館「吉岡屋」がある。

旅館「吉岡屋」

ビジネス旅館だが、昔は観光地として有名だったため、海岸沿いに旅館が存在したのだろうか。

なんとなく、千葉市の稲毛海岸に雰囲気が似ている気がした。

また、八幡宮から旅館へ向かう細い道にも商家建築が残っていた。

立派な商家

木製の塀に囲まれた広い邸宅。向かい側にも蔵らしき建物があり、電話番号は2番。八幡の歴史と密接な関係がありそうな雰囲気。

木製の塀がずらり
Advertisement

房総往還沿いを蘇我方面へ

八幡宿駅入り口から

八幡宿駅入り口から房総往還を蘇我方面へ歩いてみる。

八幡宿駅入り口

こちらも房総往還沿いに「八幡宿商店会」が形成されているようだ。

八幡宿商店会

「八幡宿第一ホテル」の近くの古い建物。ここだけ時間が止まっているようだ。

木造平屋の建物
交通量が多いな~

先ほどよりも古い建物が少なく、建替えられた新しい建物が目立つ。

Advertisement

小口商事の洋風建築?

歩いていて、特に気になったのが千葉土産を扱っている「小口商事」。グーグルマップには閉業と書いてある…?落花生・海苔・お茶を扱っているようだ。

小口商事

私の勝手な妄想かもしれないが、洋風な外観から近代建築では?と思ってしまった。外壁は後付けで覆っているだけなのでは?縦長の窓が怪しい…

旧千葉合同銀行の建物!

調べると、「旧千葉合同銀行」の建物であることが判明。あまり情報が無いと思ったけど、2008年に執筆された「千葉近代建築めぐり」に掲載されていた。

お土産屋は居ぬきだったのか…

自分の勘が当たっていて嬉しい!あまり有名ではないのか、記事を書くまで知らなかった。というのも、目立つ外観ではないのでの見逃してしまうのかも。

千葉県の近代産業遺跡」に詳しく載っていた。

「旧千葉合同銀行八幡支店」
昭和2年建造
設計者は不明

近くには「旧千葉銀行八幡支店」も存在したとか。千葉合同銀行は戦時中の昭和18年に「一県一行」の国策に従い、小見川農商銀行、第九十八銀行と合併して千葉銀行に。

銀行建築って意外と各地にまだ残っているんですね!感動。

房総往還沿い、さらに歩くと「松本海苔店」。

松本海苔店

この先も房総往還は続くが、今回はここまで。

Advertisement

レンガ塀

先ほどの、小川商事の横の道を進むと、煉瓦塀を発見!

小川商事の裏手

アパートの隣。敷地を囲むようにレンガ壁が残っていて感動した。

レンガ壁の一部

アパートの建物の横にも繋がっているようだけど、元々はどれくらいの広さの敷地だったのかな。一部だけでも残っていることに感謝です。

さらに奥に続いている

住宅街の中、銭湯?

房総往還から外れて住宅街を歩く。昔から変わらない建物もいくつか残っている。

先ほどのレンガ壁の裏にある住宅。

レンガ壁の裏

房総往還から一本入った通りだが元商店らしき建物も。

右は元商店?

さらに駐車場の看板を見ると、「亀の湯」?!

亀の湯駐車場?

以前、銭湯一覧の記事でも書いたが、亀の湯の名前は駐車場として残っていたのだった。感慨深い。

元理容室?

手前の建物は朽ちかけているけど…奥に蔵がある。でも手前と隣接しているので全体像がわからなかった。

裏に蔵が

いや、うっすらと見える文字から「石倉商店」という文字が見える…各種、何を販売していたんだろう。

石倉商店

以上で八幡宿駅周辺の探索は終わり。

駅前の通り

思っていた以上に見所がたくさん!歩いたからこそ、裏にあるレンガ壁とか細かいところが見つけられたと思います。

 

(訪問日:2021年6月)