「八街ショッピングセンター」50年前の八街の中心地は…  -八街⑿

「八街ショッピングセンター」50年前の八街の中心地は…  -八街⑿

「八街ショッピングセンター」その名を見た時に感激してしまったのは、ショッピングセンターという名称と現在の店内がミスマッチしていたからだろう。

八街の昭和の面影を探していざ。

八街商工会議所

千葉県八街市八街ほ224。総武本線「八街駅」南口から徒歩5分ほど。スーパートウズの向かい側に「八街商工会議所」のビルがある。

わくわく栄町

一応この通りも「わくわく栄町」商店街の通り。レトロ感満載のビルが嫌でも目に入る。

八街商工会議所
Advertisement

「八街ショッピングセンター」が渋い…

八街商工会議所だけかと思ったら、横に「八街ショッピングセンター」と看板が出ているではないか…!これには驚いた。

八街ショッピングセンター

カノオ堂、バッグの岡田、八街サービス会、ピエロ&ピエロ、ソングバード、まつば…看板に書いてあるのは5店舗か。

3階建て?

階によって窓のデザインが違うのも素敵。

デザインがちぐはぐ

3階の大きな窓の部屋は何に使われていたのだろう。良いなあ。

大きな窓!

入り口は2か所。自動扉みたい。

入り口

傘立てにも八街ショッピングセンターと書かれている。フォントが可愛い。

小さな傘立て

扉には「楽しいムードでお得なお買物…」

楽しいムードでお得なお買物…

このキャッチコピーを見ていると心が動かされるものがある。昔は向かい側に大きなスーパーなど無かっただろうし、この場所に多くの人が集ったのだろう。

誘われる入り口

外から見えないのでちょっと入るのに勇気がいるが、これは入らなかったら後悔する…

1階の窓

しかし、調べても八街ショッピングセンターを記述している人がいないのが不思議。

レトロ好きだったら視界に入りそうだが、ここはノーマークの人が多いのだろうか。

Advertisement

八街ショッピングセンターの店内

1階はご覧の通り。周りにお店があるようだが、全体的にとても閑散としている。

1階の様子

ショッピングセンターの面影

赤いタイルだった場所も、お店があったのだろう。何かの痕跡が生々しい。

タイルの床

お手洗いもしっかりと設置されている。奥では近隣の高校の展示会が開催されていた。

お手洗い

一つ一つのお店自体は小さい感じ。仕切られている。

営業中のお店も

喫茶店「グローリー」

一番奥には喫茶店「グローリー」があった。

喫茶店グローリー

タイミング悪く定休日だった!八街を探索していて喫茶店は少なかったので貴重かも。

グローリー

オムライスからケーキまで。メニューも良い感じ。

メニュー

情報によると、この喫茶店は3代目の方が営業しているらしい。たぶん、八街ショッピングセンターが開店したときからの古いお店?

今度入りたい。

Advertisement

「カバン工房」にて話を伺う

入り口近くにある「カバン工房」。

カバン工房

カバンの修理なども行っているみたい。この日は学校のカバンを購入に訪れている人もいた。

カバンの修理も

「コロナの影響で本当に大変…」と嘆いていた店主。八街ショッピングセンターことも丁寧に教えてくれて優しい人だった。

カバンが色々

八街ショッピングセンターはかつて八街で一番賑わっていた場所だそうだ。建物は50年以上前の建物。

1階には20店舗ほどあり、2階には事務所、3階はホールとして使われていた。20年前ほど、店舗数が少なくなったころに「カバン工房」が開業したため、以前のことはあまりわからないらしい。

もしかして、駅前にあった商店街で見かけた「岡田カバン店」が移転前の店舗なのだろうか?似たような店舗名を見かけたな。→八街駅前商店街

3代つづく喫茶店なら昔のことも知っているかもしれない。

裏口
Advertisement

八街ショッピングセンター外観

裏口は駐車場に繋がっている。

裏から見た建物

50年前のショッピングセンターか…

50年前の建物

現在も使われているようだが、3階が落花生ホールって…面白いなあ。

落花生ホール

映画館も20年前に火事になったと伺ったので、20年前くらいからこうしたお店は減ってきたのだろう。

寂しい外観

駐車場入り口にも看板が。ショッピングセンターとは言い難い。

看板が

なぜ誰も触れていないのだろう。

建物の老朽化もあるし、いつまで残っているかわからない。今回偶然見つけることができて良かった。街の隅々まで歩くって本当に大切だな~!

Advertisement

レトロな街灯を発見

八街ショッピングセンターから、駅へ向かう途中。

八街駅へ

1本だけ周囲と違う街灯が残っていた。昔のストリートビューを見ると、よく見かける円盤タイプだったことがわかる。が、剥き出しに。

レトロな街灯

看板も壊れているが、「丸竹木材?」と推測。

壊れている

周りには栄町の街灯が並んでいるので、ここだけ残っているのが不思議だ。

ピーナッツだけじゃない、八街の魅力が次々と発掘されていく。

 

(訪問日:2021年2月)