「薬円台商店会」。薬草園~軍隊の街として栄えた薬円台の興味深い街歩き! -薬円台⑸

「薬円台商店会」。薬草園~軍隊の街として栄えた薬円台の興味深い街歩き! -薬円台⑸

「薬円台」新京成線の中でも、かなり興味深い歴史を持つ駅。

今回は、国道296号沿いの成田街道に広がる「薬円台商店会」を中心に探索。老舗が揃う商店街である。

薬円台の歴史

千葉県船橋市薬円台。「薬円台」と地名では表現するが、駅名は「薬園台」だ。

江戸時代、薬草園がこの辺りにつくられたことが由来とされている。丹羽正伯と桐山太右衛門の名前を残す「田中豆腐店」や「正伯公園」など現在も名残がある。

今回紹介する「薬園台商店会」は、薬円台駅から薬円台公園までの国道296号(成田街道)沿いに並ぶ商店街だ。2011年の時点では、20店舗が加盟。現在はどうだろう?

国道296号は、江戸時代から東京~成田山新勝寺へと向かい参詣道としても賑わった。そのため、今回の道は、以前自由研究で街道を歩いた際に取り扱ったことがある場所。それだけでなく、習志野原に存在した陸軍施設を中心に薬円台は商店が並び、賑わったとか。

また訪問できて嬉しい。

Advertisement

田中豆腐店

薬園台の地名の由来ともなった、桐山の屋号を受け継ぐ豆腐屋。

田中豆腐店

街道沿いで現在も営業中。明治時代から100年の歴史を持っており、興味深い話を伺えた。次回詳しい記事で紹介する。

ちなみに、田中豆腐店は軍隊にも豆腐を卸していたそうだが、他にも当時卸していたお店は肉屋、米屋が営業中。今回の記事でも扱っているのでぜひ注目してほしい。

地域新聞の記事でも最近書いたので合わせて→

【船橋市】「田中豆腐店」薬円台の地名と関係が深い老舗豆腐店の秘密に迫る

ちなみに、豆腐店の隣、現在のバイク屋のところに銭湯「竹の湯」、その隣には「白バラクリーニング」があったという。平成に入るころに閉店したとか?銭湯と豆腐店。

この組み合わせを考えると、この辺りに昔は川が流れていたのではと思ってしまう。

Advertisement

小川屋食堂

田中豆腐店の店主が小さいころから通っていたというので、50年以上前からつづくお店「小川屋食堂」。現在は中華料理屋のようだ。

小川屋

3階建ての大きな建物!左に小さな看板があるが、あまり目立ってはいない。

控えめな印象

控えめな看板でも、知る人ぞ知る名店という感じ。口コミの評価も高い人気店のようだ。

小さな看板

駐車場もあるので、車でも安心?

建物は建替えたと豆腐屋の店主が話していた。

Advertisement

肉の三山

千葉県立薬園台高校の近くにある、「肉の三山」。この店舗も老舗だ。

肉の三山

水曜日が定休日。

平日のお昼に訪れてみた。

看板が素敵!

店内は広々としていて。床のタイルがレトロで好きだ。

明るい店内
置物

入り口が2か所あったのか。昔はかなり繁盛したのではと想像。

窓が大きい

兄弟で接客をしている。が、この日はなぜか兄弟げんかをしていたのであまり話しかけられず。

ショーケースも大きい!

とりあえず、お惣菜を注文…メンチカツ以外は無かったが、特別に今から揚げてあげるとのこと。嬉しい。

お惣菜

値段表、手描きな上にイラストがとてもキュート…可愛い。

から揚げは100g180円だが、3つほどだそうだ。

日本ガンバレ

誰が描いているんだろう。お昼に訪れると、近くの薬円台高校の学生が買いに訪れるので売り切れていることが多いらしい。

しかも、「午前中しか揚げないよ、今日は特別だからね!」と言われた。ラッキー。

動物が可愛い

今は使われていないのか、ローストチキンの機械が置いてある。昔の店舗ではよく見かけるが、使っているのを見たことが無い。

ローストチキンの機械

「今日もチキンで健康に!」素晴らしいキャッチコピーだ。

今日もチキンで健康に!

棚の縁のデザイン、べっ甲と花?でとても素敵。

縁も好きや…
Advertisement

三社祭りとも関係しているのかな?

三社祭

揚げ物を揚げている間に撮影。とても手際が良い。

待っている

後ろ姿…作っている人の顔が見えるのってなんだか安心ができる。コンビニエンスストアとかが見慣れているからこそ、新鮮に感じる。

良いなあ

個人的にはハムカツ(80円)が好き。家族にも評判だった。

購入品

かなり高齢なのでいつまで営業しているか不安だけれど、明治時代から営業しているとのことで、歴史が深そうだ。また今度取材しよう。

Advertisement

薬園台商店会をさんぽ

肉の三山の店舗向かい側、奥まった場所に小さな鳥居があった。昔の建物は無くなっても、こういう場所は大切にされている。

奥に鳥居が

マニアックな情報になるが、肉の三山の並びに木製の電柱があるのでここで報告。

木製の電柱

米屋の林商事も老舗店だとか。確証はないので今度話を伺おう。

米屋

向かい側には「玉寿司」。2代目が握っている老舗寿司店だ。

玉寿司

佇まいは格式が高そうだが、ランチなら手ごろ。行きたいお店が増えてしまう~

T字路にあるのは和菓子屋「岡梵栄泉」。おばあちゃんが営業していたが、残念ながら数年前に閉店したみたい。

和菓子屋

屋根がボロボロだが営業中。青果・食料品店「榎沢商店」。

榎沢商店

相当古いと思う。

老舗青果店

隣にも鮮魚店「魚真」というお店があったが、最近閉店してしまったと聞いた。

鮮魚店「魚真」

このような個人商店も、あとわずか…

Advertisement

古い佇まいの和風建築が気になる。個人の家だとしても凄い。

和風建築立派な~

2010年のストリートビューを眺めていたら、旅館の看板を見つけた!!

お泊り下宿「浅のや」。右に矢印があるので、路地を入った先?え、こんな場所に?

昔の街道の名残だろうか?現在はアパートになっているので真相がわからない。

ちなみに、近くにある「精華堂時計店」は健在。

精華堂時計店

確信はないが、このお店も軍隊と関係があるのでは?と思う。京成大久保の商店街の時計店は軍隊と関係あるお店が多いが、昔は時計は必需品だったから。

赤いメガネが良いな
営業中
Advertisement

薬園台の邸宅

そして、つい最近(といっても数年前かな?)取り壊されてしまったこちらの建物。覚えている方もいるだろうか?とても貴重な建物だった。

成田街道を歩いた時、2013年頃は存在していて「歴史的価値のある建物だし、無くならないだろう」と慢心していたため、一枚しか写真が無い…

2013年の写真

明治天皇が明治6年の大和田原の大演習観覧の際に宿泊された場所と聞いたことがあるが、肝心の邸宅の名前を忘れてしまった。情報もほとんどないし困るな…

住宅地図を見ても、個人宅(三山)で邸宅名はわからず。井戸は今も残っているみたいだけど。

こうして、歴史は消えていくんだなと。

ならし野松原旧小金ヶ原

こちらは、明治23年(1890)の「成田土産名所尽」の展示。現在の船橋市郷土資料館の辺りだと思われる。

陸軍練兵場に向かって歩く軍人。薬円台は薬草園、軍隊の街として栄えたのだった。意外と地元の方でも知らないのでは?もう少し深掘ることが出来そうだなと思ったので追記したい。

 

(訪問日:2021年1月)