「仙味酒店」地域に愛される駄菓子屋へ。人情溢れるお店だった -薬円台⑷

「仙味酒店」地域に愛される駄菓子屋へ。人情溢れるお店だった -薬円台⑷

駅から離れているが、住宅街にある酒屋。どうしても気になって入ってみたら、地域に愛されるお店だった。

駄菓子屋としても魅力的だが、店主の人柄が素晴らしい。尊敬できる方に出会えた。

薬円台駅から「仙味酒店」へ

仙味酒店は、千葉県船橋市二宮2丁目にある。新京成「薬円台駅」を探索していたとき、地図上に酒屋がポツンと住宅街にあるのが気になった。

駅からは20分くらい歩いた。滝の作向台公園の近くで、新しい民家が並ぶ場所だった。

仙味酒店へ

調べても情報が無かったので、まず営業しているのか不安だった。外から見ると真っ暗だが、扉は開いている…

自動販売機の数も多いな~

たばこも販売しているみたい。暗いけど…

たばこのコーナー

大きな酒の自動販売機!これも最近珍しいのでは?

瓶も自動販売機で売っていたんだ

バラエティショップ?酒屋なのに?

バラエティショップ??

謎が深まるので、勇気を出して入店してみた…

Advertisement

現在は駄菓子屋としても

店内は思ったより明るい。酒類はもちろん、お菓子が充実していた。

店主は72歳の男性。コミュニケーション能力が高く、気さくな方だったので50代かと思ってしまった!それくらい優しい人です。

お菓子がたくさん!

仙味酒店は、創業40年。独立してこのお店を開業したらしい。

Advertisement

駄菓子コーナーの棚は、40年前から使っているが、現在もくるくると回転する。

レトロな棚

近所の子供たちも駄菓子を買いに訪れるようだ。時代の流れに合わせて、扱う商品も変えていかなければならないと話していた。

懐かしい雰囲気のお店

店主は学校と提携をして仕事をしているらしく、地域でも頼りにされているそうだ。なんだかそういうお店って良いな~安心できる。

店内の様子

「人の温かみを感じる個人商店が好きで巡っているんです。」と話していたら、

「せっかく人間に生まれてきたから、色々な人と話して、色々な経験をしたいよね。」と店主が話してくれた。

とても共感…

こういう人の想い、温かみを記録していきたいの。理解してくれる人で良かった。

また会いたいので、これからもお店をつづけてほしいな…

 

(訪問日:2021年1月)