「銚子東銀座商店街」アーケード屋根が続く商店街&文化財「石上酒造」-銚子⒃

「銚子東銀座商店街」アーケード屋根が続く商店街&文化財「石上酒造」-銚子⒃

銚子には二つの銀座がある。

今回は、その一つの「銚子東銀座商店街」。現在もアーケード屋根が連なっており、商店街が好きな方にとって必見の場所。

清水観世音の周辺

千葉県銚子市清水町。前回のつづきで、県道254号へ。近くには「清水観世音」がある。本当はじっくり周辺を探索したかったのだけど、帰りの電車の時間が迫っているため、ここからは急ぎ足…!

県道254号

遠州屋呉服店。閉まっているが、角にあるショーケースの面影が立派である。

遠州屋呉服店

かつて、その奥には欧風洋菓子「金清堂」の建物が。入ってみたかったな…

街角で見かけた樽

表通りだけでなく、北側の利根川方面にもお店が見える。奥はまた今度探索しよう…

今回は時間が無かったので、とりあえず県道沿いで気になった建物を撮影。

県道254号沿いの街並み

明治期には千葉県で最も人口が多かった銚子。飯沼観音の門前、全国屈指の漁港だったため、商店街の規模も他とは比べられないほど賑わっていたと想像する。

商店街

だが、終戦間近の空襲で焼け野原に…戦前の建物はあまり残っていない。

青野酒店

とはいいつつ、戦後の建築でも私からすると古いのだ。宮内魚店の建物も渋い。

宮内魚店

2012年のストリートビューに載っているスーパー「ミヤスズ」は駐車場に。

今回は断念したが、趣のある裏路地が多数伸びていて散歩が捗る。捗ってしまうから、帰りは焦ることになるのだけど…

裏路地へ行きたい!
Advertisement

銚子東銀座商店街へ

銚子東銀座商店街はホームページも更新されている。飯沼観音の裏手、堂の下から川口へ向かう400mほどの商店街。

銚子東銀座商店街

昭和30年代頃から様々な商店が並び、昭和40年代にはアーケード屋根も整備され、近隣では最も賑やかな商店街として親しまれて来たという。

現在の様子

今回は、和田町から銚子駅へと戻る途中。時間が迫っていたので、母と手分けをして両側を撮影…過去のストリートビューと比較しながら記事を書いていきます。

和田町

飯沼観音の裏の和菓子屋「さのや」に飾られていた街歩きマップ。これを参考に歩くのも楽しい!

街歩きマップ
Advertisement

銚子東銀座商店街のアーケードを辿って

両サイドに連なるアーケード屋根が印象的。

手前はメグミルクステーション
川嶋商店

川嶋商店の前にはメグミルクの自動販売機。

メグミルク

以前と比べると閉まっているお店も多く、閑散としている。左手前には高級果実・缶詰のお店があった。

閉店している

2012年頃は白と水色のブロックタイルだった歩道も変わっている。

歩道

夕方の光に照らされて屋根が輝く。この時間が好きだ。

夕方の商店街

向かい側には精肉店などがあったがシャッターが降りている。

ビルが並ぶ
営業中の青果店

店舗はビル型になっている。人通りが全くない…

人通りが少ない

アーケード屋根が残っている商店街も意外と少なくなっている。老朽化で撤去されているんだよな…

アーケード商店街がつづく

屋根に気を取られて気づかなかったけど、ビルも老朽化が激しそうだ。

レトロなビル

今回見逃してしまったが、この辺りから北の裏路地にも飲み屋街が広がっているらしい。

ココを右折

遠くに見えるのは銭湯「竹の湯」の看板。現在は跡形もないが、繁華街だったの事の証。

竹の湯も
伊勢忠

手前にたばこのテント屋根がある「いいじま商店」は営業中。宝くじも売っているようだ。

いいじま商店

銚子名物の伊達巻?!気になる…

銚子名物!

交差点の角にあるエバト薬局。ビルが並ぶ商店街の風景は、船橋市の本町通りと似ている…防火対策だろうか。

エバト薬局
薬局にも煙草のショーケース

一部屋根が取り外されているところも。

左側は屋根が無くなっている

車の交通量はそれなりにあるけど、歩いて買い物をしている人の姿はあまり見当たらない。

3階建てのビルが並ぶ商店街。

屋根も鉄骨が見えている箇所がちらほら。いつか撤去されてしまう日が訪れるのだろうか…

骨が見えてる

東銀座商店街のアーケード屋根の雰囲気が好きなのでしっかりと記録に残しておこう。

後世に伝えたい屋根
佐倉屋
酒井時計店
辻精肉店
レトロなタイル

コカ・コーラ瓶が変形しているタイプ。これは珍しい!芸術的だな…

変形している瓶

今回、半日ほど銚子を探索したが、いくつコンクリート製ゴミ箱を見つけただろう。数えきれないほど残っていた。

コンクリート製ゴミ箱
Advertisement

文化財の石上酒造の蔵

商店街の一角にある石上酒造は、江戸時代末期、弘化元年(1844)に創業した老舗の酒蔵。

石上酒造

千葉県のホームページにも紹介されている。

敷地内にある「明治蔵」「大正蔵」という大谷石造り(おおやいしづくり)の石蔵は、醸造環境として大変優れており、仕込み蔵・貯蔵蔵としてどちらも現役で活躍しています。同蔵の代表銘柄は、地名からその名を冠した「銚子の誉(ちょうしのほまれ)」。

また、平成30年に国登録有形文化財にもされており、必見。

文化財について

千葉県のホームページに建物についての紹介も。

米蔵は外壁を腰海鼠壁上部漆喰塗(こしなまこかべじょうぶしっくいぬり)で軒まで塗込める。麹室(こうじむろ)、仕込蔵(醪蔵(もろみぐら))、貯蔵蔵は酒造業の中核をなす施設で、ともに大谷石を積む壁構造。麹室は内部を全面杉板張とし、壁との間には保温のため籾殻(もみがら)を詰め、天井板上にも藁(わら)を敷く。仕込蔵(醪蔵)は2階建で小屋組がクイーンポストトラス、貯蔵蔵は土間一室の大空間となっており、小屋組がキングポストトラスである。文庫蔵は敷地の北西隅に建ち、街路側2階には左右に窓を開きアクセントとする。

聞き馴染みのない言葉が並んでいて理解するのが少し大変…と思うくらい、他で見かける蔵とよりも機能性の面でも優れているのだろう。
表側から見た蔵

正面から見ると大谷石の様子が見えない。

裏側から見てもよくわからず。見学プログラムもあるようなので、いつか見学してみたいな。

蔵の裏側
Advertisement

銀座商店街のつづき

酒造の隣は和菓子屋「宮内本店」。

宮内本店

木製の引き戸があるお店に惹かれる…

木製の扉って良いな~

その隣に、新地町入り口?という怪しげな看板。

新地町入り口

あまりにも電車の時間が迫っていたので止む無く断念。看板の奥にはどんな飲み屋街が広がっているんだろう…!

商店街を西へ

商店街の辺りから猛ダッシュに。飯沼観音の正面を通って、銚子駅へ!

道端にもコンクリート製ゴミ箱!

そういえば、この日は一回も銚子電鉄に乗らなかった…!次回こそは!

銚子電鉄

醤油工場の近くの道を通ると、醤油の匂いが漂ってきた。

醤油工場の辺り

今回、16記事ほど書いた銚子の探索は、すべて半日ほどで歩いた場所。

それでもまだまだ銚子の魅力は尽きない。そりゃ、戦前は千葉県で一番人口も多く、賑わっていた街だもの。

今度は旅館に宿泊して、みっちり探索する!

 

(訪問日:2021年6月)