都賀駅前「なかやショッピングセンター」昭和レトロな雰囲気 -都賀⑵

都賀駅前「なかやショッピングセンター」昭和レトロな雰囲気 -都賀⑵

都賀駅前にある昭和のショッピングセンター「なかやショッピングセンター」が気になる!

情報があまり無いのだけれど、これは昭和の小さなショッピングセンターの生き残りではないだろうか?貴重な場所に遭遇できて嬉しい。

都賀駅前「なかやショッピングセンター」

千葉県千葉市若葉区都賀3丁目4−1。千葉都市モノレール「都賀駅」。前回の記事で都賀駅東口商店街を探索したが、商店街としてはあまり古い建物は残っていない印象を受けた。

都賀駅

商店街を探索し終え、駅へ戻っている途中…

駅前

交差点の角に店舗が集まる建物があった。ミスタードーナツが入っているのでチェーン店が多いかと思い、見逃しそうになったが、気づいて良かった…

交差点の角

屋根に書かれた文字には「NAKAYAショッピングセンター」とあったのだ。ショッピングセンター?!ここが?と驚いてしまうのも無理が無い。

NAKAYAショッピングセンター

NAKAYAショッピングセンター、地図では「なかやショッピングセンター」と書いてある。だが、調べてもホームページなどが見つからず情報が少ない…

なかやショッピングセンター

入り口もなかなかレトロではないか…花屋さんの隣の扉を通ってお客さんが次々ショッピングセンターへ。

ショッピングセンターの入り口

こういう大きな丸い取っ手がついた扉も、自動扉が多いショッピングセンターではあまり見かけないもの。

レトロな扉

じっくり撮影したいところだったけど、地元の方が多かったので「何を撮影しているの?」という視線を感じささっと退却。

駅の反対側にはショッピングセンター専用の駐車場も。

駐車場

駐車場側にも広い入り口があり、青果などが並んでいる様子。

駐車場側の出入口

自転車置き場のところにある壁にも、なかやショッピングセンターのロゴが描かれていた。2011年のストリートビューを見ても外観が今と変わらないので、昔からこんな感じなのだろうか。

自転車置き場

薄いピンク色の壁に緑色の文字。

昔は、各地にこういう小さなショッピングセンターがあったのだと思うけど、大規模なショッピングセンターができて残っているものは本当に少ないと思う。

幸い、都賀駅周辺には大規模なショッピングセンターはなく、なかやショッピングセンターで買い物をしている方が絶えない様子だったので嬉しい。

どこへ行っても、イオンがある街並みは、画一的で便利だけどなんだか物足りなさを感じてしまう…

Advertisement

なかやショッピングセンターの店内

駅側のショッピングセンターの出入口に看板が無いか調べてみることにした。目の前にバス停もあり、人通りが激しい。

出入口

第2種大規模小売店舗と書いてある看板には、昭和57年7月7日にショッピングセンターが開店したと思われる表示。

第2種大規模小売店舗

昭和57年は1982年。今から約40年前。
なかやショッピングセンターは40年の歴史があるショッピングセンターということだろうか。凄いな…

さらに、ドアに隠れて館内の案内図もあった。

ドアに隠れている

隠れているのか隠されているのか、とても見づらくなっていて残念。衣料品店、ヤマザキパン、鮮魚、精肉、青果のコーナーが並んでいる。

案内図

店舗の入り口には京樽。手前に衣料品店があり、通路を抜けると仕切りなどは無く、鮮魚や精肉コーナーがある。

店舗入り口から

入り口から向こうの出入口まで見通せるのでそんなに広くないが、昔の小売り市場のような雰囲気。

小売り市場みたいだな~

鮮魚店「石毛魚類」は、千城台駅近くに本店があり大人気なお店。ここにも支店があるんですね!

右奥、石毛魚類

鮮魚、精肉、向かいに靴が並んでいる雑多な雰囲気がなんだか懐かしい。夏なのでひまわりの花が場を華やかにしている。

店内の様子

また、モノレール「都賀駅」の隣にある雑居ビルも、NAKAYA第2ビル。

なかや第2ビル

こちらは先ほどのショッピングセンターとは違い、普通の雑居ビル。マクドナルドがある。

ビルの看板

今回、歩いてなかったら見落としていたので、なかやショッピングセンターの存在を知ったときは本当に驚いた。昔のなかやショッピングセンターの様子を覚えている方もいますか?昔はどんなお店が入っていたのだろう?

チェーン店に負けずにこれからも続いて欲しいな。

 

(訪問日:2021年7月)