月島「西仲通り」月島もんじゃストリートにも看板建築がたくさん! -月島⑶

月島「西仲通り」月島もんじゃストリートにも看板建築がたくさん! -月島⑶

「月島」といえば、「もんじゃ」ですよね!多くの方が「月島もんじゃストリート」に並ぶもんじゃ焼きのお店のことは知っているのではないでしょうか。

今回は、メインストリートを歩きながら気になった建築物やお店をピックアップ!観光地として整備されている中に古き良き文化が残っている街でした。

佃島砲台跡

月島もんじゃストリートの前に、「佃島砲台跡」の看板へ。

月島もんじゃストリート

もんじゃストリートの交差点を右折し、西河岸通りにポツンと建っている看板。

江戸時代末期に佃島の南に位置するこの場所に、海防施設「砲台」が築かれた。

佃島砲台跡

明治20年に始まった月島築造工事の過程で姿を消した砲台跡地。月島の隠れた歴史が見えてくる場所だ。

西仲通り「月島もんじゃストリート」

月島のメインストリート「西仲通り」へ!

西仲通り

もんじゃストリート(月島西仲通り商店街)のお店の案内図が丁寧に描かれている。壱番街~四番街まで色々なお店が並ぶ。楽しみ。

月島西仲通り商店街

東京都中央区月島西仲通り商店街公式ホームページに商店街の概要など細かく記されている。

商店街としては昭和21年(1946)に統合を始め、昭和35年(1960)にアーケード商店街に。戦災を免れたため、戦後復興も早かったらしい。

月島西仲通り 壱番街

「行ってみたい・歩いてみたい・楽しく出会う街」というコンセプトのもと、昭和61年から新たな街づくりへ。今のような活気あふれる商店街となった。

アーケードがお出迎え

訪れたのは平日だったが、月島駅から観光客歩いている姿が多かった。人気の観光スポットのようだ。

私も以前小学生の時に訪れる予定だったが、その時は行けなかったので今回初訪問!

月島の人気観光地

アーケード屋根がずっと続いているので天候関係なく、楽しめそうだ。

アーケード屋根が続く

銀座からも徒歩圏内の近さでありながら、下町情緒が色濃く残る月島。

下町情緒が残る

老舗と新しい若者向けのお店が交差する、街歩気が楽しい商店街だと感じる。

たばこや

ホーロー看板がたくさん?!

琺瑯でできた看板「ホーロー看板」を密かに集めているのだが、月島の商店街にある「月島焼肉まんてん」の壁にずらっとホーロー看板が貼ってあった。

たばこのホーロー看板

ここは後からホーロー看板を集めたものであると思われるが、今まで見たことがない看板もあって面白い。

ホーロー看板

「キッコーナ」という醤油みそは初めて知った!

ホーロー看板についてはまたゆっくり記事にしたい。

月島西仲通り 二番街

壱番街を終えて、弐番街。

弐番街

弐番街の手前にある「もんじゃ風月 月島店」の建物がとても気になる。新しいお店で、建物はそのままなのだろうか?

風月

雷紋のような模様も上部にある。情報が少なくて謎と思っていたら、「ぼくの近代建築コレクション」に書いてあった。さすがです…

風月の看板建築?

「第三鹿島酒店」の洋風看板建築。戦前からある酒屋でレトロな自動販売機も設置されていた。

雷紋?

弐番街の反対側は再開発エリア。高層ビルが月島を見下ろしている。元々はどんな建物があったんだろう、そんなことばかり気になる。

再開発エリア

石野商店

弐番街で気になったのは「石野商店」。アーケード屋根でちょっと見えづらいが看板建築!と思って撮影。

石野商店

調べたら結構有名店らしく、石野商店のTwitterも!「マイナータバコを主力に商っているノスタルジックな雑貨屋」。

月島の看板建築

昔の店舗を活かして、今どきのおしゃれなデザインがとてもツボ!

商店の窓

昔の写真を見ると水色に柱が塗られたのは最近みたい。煙草も最近は規制が厳しくて大変そうだけれど、日本の文化とは切り離せないですよね。

冬、炬燵と煙草と熱燗
面白い看板

月島の裏路地

そして商店街の裏路地が醍醐味。

月島の裏路地

ミチコ美容室の看板がキラキラ光っている。

美容室

裏路地は静かな民家が並んでいる。一棟の建物を複数に分けた集合住宅である「長屋」。

裏路地には長屋

元々は平屋だったが、大正時代以降に2階建てとなり全国に普及。月島は再開発が進む中、まだ長屋が密集している貴重な地域だ。

びっしり!

詳しくは「名物を生んだ二畳間」という記事に記されていた。

自転車屋

裏路地を抜けた通りにも「小倉商店」。この通りもお店がいくつか並んでいる。

小倉商店

 

 

隣の家と繋がっている

 

Advertisement

看板建築

月島はアーケード屋根で隠れているが、看板建築が多いので見逃さないようにしないと…

お茶と陶器の店「かね重」。

かね重

その隣の現在は営業していなそうな薬局の建物がレトロで気になる。

看板建築
信成堂薬局

再開発と月島

裏路地に入ると、ここは東京…?と疑問を抱くほど、下町の街並みが静かに眠っている。観光客は裏路地にはあまり行かないので静かだ。

裏路地

扉に刻まれた「やまだ」。

やまだ

月島で印象的だった一枚。

再開発と長屋。

月島の現在

玉井蒲団店

看板建築はまだまだ続く。

月島の看板建築

右は文字が消えているが、左は「玉井蒲団店」。

2軒の看板建築

屋根に隠れて右の看板には「大和屋」とある。とても古そう。

大和屋

玉井ふとん店」は大正6年創業のお店。しかし、2019年4月に閉店することになったと朝日新聞が報じている。

玉井ふとん店
月島西仲通り二番街

月島西仲通り1番街~2番街。アーケード屋根があって看板建築が見えづらい部分があるので探索のときは注意しながら歩いてみてください。

次回も西仲通りのつづきです。

 

(訪問日:2020年10月)