「にぎわい横丁」津田沼駅近く、大人の飲み屋街が輝く通り -津田沼⑷

「にぎわい横丁」津田沼駅近く、大人の飲み屋街が輝く通り -津田沼⑷

津田沼駅前の現在の繁華街へ。

表通りから一本裏へ行けば、居酒屋やホテルなど大人の世界が広がっている「にぎわい横丁」がある。

にぎわい横丁

前回のつづきで、御成街道から津田沼駅へ。千葉県船橋市前原2丁目。

御成街道に面した通りに、「にぎわい横丁」と書かれた丸い看板が転がっていた。

にぎわい横丁

にぎわい横丁とある割に看板が味気ないなあと思いつつ、街灯が最近撤去された可能性もあるなと自分を納得させた。

にぎわい横丁

にぎわい横丁は深夜営業のクラブなど、昼夜問わず様々なお店が並ぶ繁華街だ。駅前の通りとは違い、人通りも多いわけではない。なんとなく、歌舞伎町と近い雰囲気を感じた。そこまで大規模ではないが…

Advertisement

ホテル フラン

まず正面に見えたのはホテルの看板。夕方だが光っていた。

ホテルの看板

ホテルFran。昭和のホテルといった雰囲気だ。

ホテルFran

しかし、ホテル街ではなくこの一軒だけ。津田沼駅は人の流れが多いが意外にもホテルは少ないみたいだ。

ホテルは一軒のみ

そして外観も普通のビルに見える。派手さがない。

茶色のビル

津田沼の繁華街はギラギラした印象が少なかった。新型コロナウイルスの影響で静かなのかもしれないけど…

派手さがない

ホテルの向かい側、細い道を入るとカラオケ店があった。

歌の広場

周りは住宅街だが、こんな奥まった場所にもカラオケ店があるのはびっくり。

カラオケ T&S

居酒屋など…

あまり深追いはしないが色々なお店がある。私のまだ知らない世界ばかり。

ミックスバーとは

2010年のストリートビューではクラブのようなお店があったが、今はなくなっている。

時代が変わっているのだろうか。

前より大人しくなった

そして昭和レトロ居酒屋「薄利多売半兵ヱ」というお店が人気らしい。

昭和レトロな居酒屋

店内はホーロー看板をはじめとした、昭和のグッズが並んでいる。そしてメニューは駄菓子など手ごろで美味しいらしい。

入り口

これは作り物ではあるけれど、こういう雰囲気の居酒屋なら通いたくなるな~友達誘って行ってみたい。

昭和レトロの居酒屋

裏通りはキャッチの人も多いので気軽に歩けないけど…

ゲームセンター ACE

駅側に近いところにあるのがゲームセンターACE。ギリシャ建築のような重厚な外観が浮かび上がっていた。

ゲームセンターACE

1階~3階まで。津田沼駅近辺には新津田沼駅方面にもゲームセンターがある。こういうゲームセンターも徐々に少なくなってきている気がする。

色々種類がある
ミニストップ

ミニストップを囲むようにゲームセンターがあり、上にカプセルホテルもあるようだ。

カプセルホテルの看板

カプセルホテルは5階、それ以外の階にはクラブのようなカラフルな看板がある。

何の店だろう

カプセルホテルは男性専用。看板を見るだけでそれ以上は知らない。

ガールズバーなど

追記:(2021年5月)
ゲームセンターがあるビルは「第一ファミービル」。昔からその名称は変わらず、「総合レジャーセンターファミー」という施設だったみたい。

1階 パチンコファミー
2・3階 カプセルほてウr・サウナ
3階 カラオケ居酒屋ファミー
5階 ビリヤードバー
6階 個室カラオケ

今よりも健全な娯楽施設だったのかな?

再びにぎわい横丁へ。奥へ進むと縦に連なった色とりどりの看板が息をひそめている。夜になったら明るくなるのかな~

にぎわい横丁

夜遊び無料案内所の看板が堂々と。

夜遊び無料案内所

この辺りがにぎわい横丁のメイン通りなのかな。クラブ系のお店が多い。

にぎわい横丁の夕方

ビジネスホテル東横インの地下もキャバクラなどのお店がたくさんあるらしい。

東横イン地下にも

なぜか今はなくなっているが、地下は「イチゴ15プラザ」と呼ばれ、アーチもあった。2010年のストリートビュー。

なんで撤去されたのだろう。不思議。

クラブなど

かつて津田沼戦争が行われ、大型商業施設が並ぶ津田沼。一本裏道へ行けば津田沼のまた違った顔が見えてくるのが面白い。

 

(訪問日:2021年1月)