「美好菓子店」京成津田沼駅前の商店街裏道にある創業60年以上の菓子店。今は駄菓子屋に ー京成津田沼⑼

「美好菓子店」京成津田沼駅前の商店街裏道にある創業60年以上の菓子店。今は駄菓子屋に ー京成津田沼⑼

「美好菓子店」は駄菓子屋として現在も営業している老舗菓子店だ。

京成津田沼の商店街の裏道に、ひっそりと営業中。以前から気になっていたが、休業中のことが多くてなかなかは入れなかった。今回は土曜日の午後、奇跡的に営業していた!

京成津田沼「ワイガヤ通り」から裏道へ

千葉県習志野市津田沼5丁目。京成津田沼駅南口からつづく商店街「ワイガヤ通り」を南下し、元銭湯「みはしゆホール」の横道を住宅街の方へ進む。

新宅酒店

普通の住宅かと思ったら酒店、われせんべいや仏花があると書いてある。

われせんべいや仏花

そして看板建築のような建物も見えてきた。

店舗だ
看板が放置…

右が「タオルのムナカタ」。四国今治タオル製造卸とある。左は昔理容室だった。

タオル販売

2010年のストリートビューを見ていたら、理容室の反対側の道にコンビニエンスストア「フレンドマート」という先ほどの新宅酒店が営業するお店を発見。オレンジ色のコンビニは、2017年頃に解体されたみたい。

そして、商店街の街灯もたっており「津田沼商店街」と看板があった。現在はない。

角にある石碑

岡野商店は変わらず営業中。地元の方が集まっていた。

岡野商店
Advertisement

老舗の「美好菓子店」

その奥の道にあるのが「美好菓子店」。細い道にあるので知らなかったらたどり着かないだろう。

左手に

多くの方が記事に残しているので有名なお店なのだろう。
駄菓子屋探訪ブログゲームサークルJOKER

地元では有名??

そして多くの方が気になるポイント!レトロなゲームがずらり…すごい!

レトロなゲーム

昔は駄菓子屋によく置いてあったというが、私は初めて見た!!思わずパシャパシャ。

駄菓子屋ゲーム

しかも現役。週に一度業者の方が点検に来るが、壊れやすいという。

年季がとても入っている

全部が可動しているわけではないのだが、撤去せずに置いてあるのがまた良い。

現役ってすごいな~

子供たちが何人か訪れていて、ちょうどゲームで遊んでいた。が、コインを入れても動かずに店主の方に相談していたという…本当にゲームできるのかな笑

果たして

美好菓子店は、昭和29年(1954)創業とのこと。創業60年以上の老舗だ。

昭和29年創業

ここで注意してほしいのは、駄菓子屋ではなく美好菓子店。当時は菓子店だったということ。

美好菓子店

ヤマザキショップの文字が見える入り口にわくわくしながら店内へ。

入り口
Advertisement

レトロな店内へ、現在は駄菓子屋

店内はかつて菓子屋だったことが窺えるつくりに。棚やロゴマークにヤマザキショップの名残が見える。

店内の様子

駄菓子だけでなく、ボールなど子供が遊ぶおもちゃも販売していた。

種類豊富!

時代が変化しても消費税はとらず、昔から変わらない値段設定にしているのだとか。駄菓子屋は儲からないというのに子供思いなのだな…

昔から変わらない

3年前まで97歳の母がお店を守っていたと、現在の店主の方が話していた。以前はパンも販売していたが、次第に客足が減っており駄菓子がメインになったという。

10円コーナー

京成津田沼駅から袖ヶ浦団地までバスで行く方も多く、商店街周辺は人通りが少なくなったらしい。

ジュースも

ジュースも販売していた。菓子店としての名残が残っている。

菓子店

最近は店主の都合で休業していることも多いらしい。子供たちが訪れる夕方以降なら開いている確率が高いかも?

どこか懐かしい

私も懐かしくなって駄菓子を真剣に選んだ。見たことがない種類もあって面白い~

駄菓子を購入~

昔は商店街みたいだった通り

美好菓子店の向かい側は薬局。

さらに奥へ進むとレトロな外観の建物が見えてきた。居酒屋が4店舗ほど並んでいる。

居酒屋がある

さきほどの商店から美好菓子店の通りが、津田沼商店街と書いてあったように10年ほど前までは小さな商店街が存在したのだろう。

ドリーム

美好菓子店の店主によると、魚屋や商店などもあったというのだが、跡形もない。

加奈

有名な美好菓子店に訪れてみたら、小さな商店街に出会った。

お店のことだけでなくその周辺も含めて歴史を残していきたい。

 

(訪問日:2020年1月)