「珈琲からす」創業50年以上の喫茶店。落ち着いた店内でひとやすみ ー京成津田沼⑻

「珈琲からす」創業50年以上の喫茶店。落ち着いた店内でひとやすみ ー京成津田沼⑻

京成津田沼駅近くのレトロな喫茶店「からす」へ。今まで何度か訪れたが、定休日?だったことが多くて入れず。

今回やっと念願の珈琲からすへ。京成津田沼駅近辺はレトロ喫茶店が多いが、からすは外観からして雰囲気が良いんです。

京成津田沼の喫茶店「からす」

千葉県習志野市津田沼5丁目。京成本線「京成津田沼駅」南口から少し南へ進んだところに、西洋風の山小屋のような建物が見える。

からす
珈琲からす正面

3階建て?とても可愛い。

3階建て?

建物は30年ほど前に建てられたものだそうだ。創業は昭和38年(1963)。50年以上の歴史あるお店。

今回は、営業中の看板が見えたので一安心。

営業中

からすの店名の通り、カラスのキャラクターが看板に描かれているのがキュート!

可愛い入り口
Advertisement

からすのメニュー

からすの特徴は、手作りケーキ!手描きのイラストなのか、とても温かみのあるメニューだ。

ケーキメニュー

土曜日の午後、抹茶チーズケーキは売り切れだった。残念!
ケーキは単品で350円。セットで650円。

裏面にはコーヒーは紅茶など。

コーヒー、紅茶

他の喫茶店と比べるとそこまでメニュー数が多いわけではない。珈琲カラスだから、コーヒーの種類が豊富。

ドリンク

他のお客さんがピザトーストを頼んでいたのを見て、とても美味しそうだった。

トースト類

印刷ではなくて、手作り感のあるメニューにほっこり!

素敵なメニューです

クラシックが流れる店内

机の上に置いてあるこれは一体?

机の上に

囲碁で使われる碁石だった。なぜかこの机だけおいてある…

喫茶店に碁石?

店内は7席ほど。ソファが沈むタイプでびっくりした。

店内の様子

照明がひとつひとつ綺麗。装飾品にこだわっているのか、店内を見渡したくなる。

オレンジ色の照明
カラフルな照明

柱にはジンジャーエールのチラシ。手作りのような可愛いデザインがところどころにあって、心に響く。

ジンジャーエール
抹茶

店内はクラシック音楽が流れている。個人的にはドビュッシーの「月の光」が好きです。

クラシックが流れる

建物は30年前に建替えられたが、50年前からの装飾なども多く利用しているとか。だからレトロ感があるのか~

シャンデリア?
人形もたくさん

習志野市役所からも近い場所。喫茶店の中にいると、外の喧騒が嘘のようだ。

窓側の席
Advertisement

ケーキセットを注文

レモンスカッシュ(500円)。

レモンスカッシュ

これぞ私の理想のレモンスカッシュ!見た目だけでなく、味も最高です。

しっかりとレモンの酸味がきいていて、すっぱい!薄まっている感じがなくてとても美味しかったです。

こちらはブレンドコーヒー。ケーキセットに含まれている。

ブレンドコーヒー

今回注文したのは、ガナッシュとレアチーズケーキ。形が美しい…

注文したケーキ

ガナッシュはちょっと苦いのかな?と思ったけど、全然そんなことはなく。しっとりしたチョコレートと、中にナッツが入っている絶妙な組み合わせに悶絶…!

ガナッシュ

レアチーズケーキも上品な味。市販のケーキとは違って手作りのケーキはとても美味しく感じる。

伝票

喫煙が可能な喫茶店なので、喫煙者がいると店内の空気が変わるな~と感じた。京成津田沼駅近辺の喫茶店はどこも喫煙可なので、特に気にしている人もいないかもしれないが。

 

喫茶店 つくし

喫茶店からすの向かい側、習志野市役所の向かい側に怪しい看板を見つけた。

甘味?

細い道の先に、建物が…これは喫茶店?

細い道

甘味・軽食「つくし」というお店だが、今は営業していない雰囲気。

つくし

調べてもあまりわからない。誰か知っている方いないかな…

看板

習志野市役所の方々が利用していたのだろうか。

 

京成津田沼駅周辺は4つ喫茶店があったことが判明。
昔はもっとあったのかもしれない。

からすは外観からしてテンションが上がる喫茶店。ぜひ立ち寄ってみて欲しい。

 

(訪問日:2020年12月)