「常盤平駅前商店会」常盤平団地とともに60年。昭和の「ときわ平ボーリングセンター」が目印

「常盤平駅前商店会」常盤平団地とともに60年。昭和の「ときわ平ボーリングセンター」が目印

新京成電鉄「常盤平駅」から広がる「常盤平駅前商店会」。

調べても特に情報が載っていないのだが、個人的には好きな雰囲気。夕方、街灯がキラキラと光る商店街へ。

常盤平駅前商店会

常盤平駅の西側。街灯が並ぶ道に昔ながらの商店が並んでいる。

街灯が光る道

透明の街灯がキラキラと光っていて、宝石のような街灯だ。

街灯が連なって綺麗

片側は屋根がついていて、アーケード商店街になっている。全長は50mもない短い距離。

アーケード商店街

ときわ平クリーニングコーナーの看板が暗闇に光る。2桁の電話番号だ。

ときわ平クリーニングコーナー

昔の看板の電話のマークを眺めるのが好き。個性的なデザインで可愛い。

電話のイラストに注目

向かい側にも数軒お店がある。2階は一体なんのお店でしょう?

1階が店舗

宝石、メガネ、時計のお店。

とても古そう

隣はファッションサプリFuku fuku。

Fuku fuku

時計・メガネの看板は壊れているみたい。

壊れている看板

再び左側の道。奥にあるのは「藤田青果店」。道にも商品が溢れる、昭和の八百屋さん。

藤田青果店

高齢の方が一人で切り盛りしていた。中央商店会には八百屋がなかったので地元の方も重宝しているのかも。

ネオン看板が素敵
宝石みたい

ときわ平ボーリングセンター

2階建ての大きな建物。建物内から大きな音が響く。

大きな2階建ての建物

「ときわ平ボーリングセンター」の文字が書か賀られていた。チェーン店ではなく、地元に密着したボーリングセンター。珍しい。

ときわ平ボーリングセンター

巨大なボウリングピンがお出迎え。新京成電鉄すぐそばのボーリングセンター。駐車場も完備。

ボーリングのピンが大きい!

地元では「トキボー」と呼ばれているみたい。ときわ平ボーリングセンターのホームページによると、昔は緑色の文字だったみたい。

現在は青色に

安くて楽しめるボーリングセンターのようで、グーグルの口コミもたくさん。いつから営業しているの気になるな~

1973年5月5日が開業日とのこと。50年近い老舗ボーリング場。

ボーリングセンター入り口
Advertisement

『男の隠れ家』からボーリングセンターの情報

『男の隠れ家』2020年5月号に、ときわ平ボーリングセンターの情報が載っていた!偶然読んでいて見つけたのでびっくり!

それによると、昭和48年(1973)にオープンしたそうだ。今から50年近く前!

平成の第二次ボーリングブーム時には待ち時間6時間も普通だったらしく、現在の外観と変わらない昭和のボーリングセンター。

私はあまり知らなかったのだが、ボーリングブームが起きたのは昭和30年代後半から40年代前半にかけて。昭和47年(1972)をピークに人気は下がったが、平成に入ってもボーリングブームがあったなんて。今の若者はあまりボーリングをしないので、そこまで熱狂的にみんながボーリングにハマっていたとはな~

各地にボーリング場があったらしいので探してみよう。

レトロなゲームセンター

ボーリングセンターと併設してあるゲームセンターもレトロ。

ゲームセンター

太鼓の達人だ~と思って近づいてみると、

太鼓の達人

「このバージョンは日本に数台?」の看板。日本に数台しかないレアな太鼓の達人?!

日本に数台?

よく見てみると2003年とある。今から17年ほど前の太鼓の達人だ。私もこのタイプは見覚えが無い。

2003年

デザインもレトロだが、音楽も懐かしいものばかり。

レトロなデザイン

レアな太鼓の達人を楽しみたい方はぜひ、ときわ平ボーリングセンターへ。

レアな太鼓の達人!

ボーリングセンター内にて

ボーリング場1階もレトロな雰囲気。2階がボーリング場となっているため、1階にいるとゴロゴロとした音が聞こえてくる。

ボーリング場1階

紙製?のウルトラマンの人形がかわいい。よくできているなあ。

折り紙?

常盤平駅前のロータリー。常盤平団地ができてから60年。

常盤平駅

団地の周辺にはゆったりとした時間が流れる商店街や昔懐かしいボーリング場が残っていた。各地でボーリング場が閉館している現在、こうしたローカルなボーリング場は珍しいかもしれない。

 

(訪問日:2020年10月)