「千城台銀座通り商店街」千城台のメインストリート商店街! -千城台⑷

「千城台銀座通り商店街」千城台のメインストリート商店街! -千城台⑷

千葉都市モノレール「千城台駅」。千葉駅から最も遠い駅には、駅周辺に4つも商店街が存在します。その中でメインストリートに沿って存在するのが「千城台銀座通り商店街」。

南から駅方面へ向かって進みます。

千城台東3丁目、タウンライナーストリートを歩く

千葉県千葉市若葉区千城台東3丁目。前回のつづきで、住宅街を一周し駅方面へ歩いている途中。千城台駅から南に伸びる、タウンライナーストリート沿いにお店が並んでいる様子。

古川モータース

右手には茶色のレトロな建物。2階部分のデザインがカーブがかっていて可愛い。

茶色の建物

そして、紫の屋根に「城」と書いて「ぐすく」と読ませる店名…素敵だなあ。

ぐすく

2011年頃は水色の外観だったようで、最近塗り直されたのかな。また、2回もスナックなどのお店が入っていたが今は閉店している様子。

タウンライナーストリート

タウンライナーストリートを北へ。かつて、交差点に入る手前には「ふれあいの街 千城台銀座通り商店街」と描かれたアーチ看板があったようだけど、最近撤去されたようだ。

右手に見える大きな太陽のマークは電気屋さん。コジマ電気のロゴマークも、昔は似たような太陽のマークだったけど最近見かけなくなったな…

タイヨー電気

日立の樹のイラストも今はあまり見かけないものの一つ…昔「この~木なんの木」の歌がCMで流れていたけど、最近はどうなんだろう?

日立の樹

今の若い人は知らないかもしれない。一応記録に残しておこう。

Advertisement

千城台銀座通り商店街

千城台駅まで続く、タウンライナーストリート。ここは「千城台銀座通り商店街」と呼ばれている。

商店街の街灯

調べていると、2010年から「はこいち」という団体によってまちづくりが行われているようだ。

千城台銀座通り商店街

右側の歩道にはアーケード屋根が並んでいる。10年前と比べると老朽化が見られるが…

アーケード屋根

自転車屋さんに残るブリヂストンのBSマークも今は珍しいのでは?

BS

千葉県でアーケード屋根が残っている商店街は意外と少ないので、少し残っているだけでも撮影の価値がある…

アーケード屋根がある風景

また、屋根の下にはお店ごとに個性のある統一看板も。昔はずらっと並んでいたに違いない。

統一看板も
中央サイクルセンター

2011年のストリートビューでは屋根が綺麗に残っていた。

交差点の角にはラーメン屋「めん処時代屋」。そういえば、前回の記事の東町商店街にも「時代屋」というお店があったけど、関係あるのかな?

らーめん

また、商店街のことを調べていると、2013年に地元で人気のあったパン屋さん「ピレーネ」というお店が閉店していることを知った。その時点で創業39年。

商店街の集客の目玉と書いてあるのでかなり良いお店だったのだろう…商店街の衰退にも関係しているかもしれない。→千城台銀座通り商店街の衝撃

交差点

 

手作りサンドウィッチのファミリーは営業していた。さすがにお昼だったので売り切れが多かった。

ファミリー

早朝6時開店って良いな…近所に欲しい。

店舗が並ぶ

その並びにあるのが名物喫茶店「ニューライフ千城」。今回の目的地です!次回紹介します~

ニューライフ千城

また、商店街を歩いていると駐車場や空き地も目立った。

右手は駐車場に

そして右側に、先ほど述べた閉店したパン屋さんの屋根が残っていた。

ピレーネ

その向かいにはファミコンバスターズと書いてある看板。

ファミコンバスターズ

既に閉店しているようだけど、ファミコンショップの看板が残っているのは嬉しい…

あともう一つ、嬉しいものを見つけた。

電気屋さんにて

とても綺麗なお顔をしている、ビクター犬、ニッパーの人形。

ニッパー

物によって顔の表情が少し異なっていたりするのだけど、ここのは端正な顔。寂しさがより引き立っている…

Advertisement

生鮮小売り市場、アーケード商店街

千城台銀座通り商店街で営業中のスーパーは「生鮮小売市場 千城」。

生鮮小売市場

ファミール千城の建物も1階にあるお店。

話題の店

黄色の屋根に赤い看板。あと、小売り市場って言葉が今も残っていることに驚いたな…

レトロな看板だった

隣には焼き鳥店もあったのだろうか。

焼き鳥店

今回は立ち寄らなかったけど、和菓子屋「千城むさし野」が向かいにある。最中が美味しいらしい。

和菓子屋さん

千城台の地図を見ていると、閉店したピレーネも載っている。

周辺の地図

駅近く、右手にあるのは千城台グリーンハイツの建物。

千城台グリーンハイツ

横の壁は薄い紫色。また、左側に大きなショッピングセンター「イコアス千城台」がある。

昔は、「千城台ショッピングセンター」という名前だったようだ。2021年3月にリニューアルオープンしたので最近の話。

それ以前は、「長崎屋ラパーク千城台」として1995年に開業し、2020年に撤退という流れだった。長崎屋が千城台にあったのですね。知らなかったです。

千城台駅

千葉都市モノレール沿線の探索、千城台駅が思ったよりも見所が多くて14時になってしまった。ここからは急ぎ足で次の駅へ向かう。

 

(訪問日:2021年7月)