稲毛「千草団地商店街」団地内の商店街が健在! -千草台⑵

稲毛「千草団地商店街」団地内の商店街が健在! -千草台⑵

千葉都市モノレール沿いの探索、最後の記事です。穴川駅から歩いて、千草台団地まで歩きました。千草台団地の商店街を記録するためです!

千草台団地へ

千葉県千葉市稲毛区千草台1丁目1−26。千葉都市モノレール「穴川駅」で降り、前回は手前にある商店街「三和ショッピングセンター」を探索。

時間が無くなってきたので足早になってしまったけど、千草台団地までやってきた。

千草台団地へ

千草台(ちぐさだい)団地は、昭和41年(1966)入居開始と、「公団ウォーカー」にてまとめられている。

右手は保育所

団地の中央に商店街があるようです!前回紹介した、三和ショッピングセンターという商店街も団地から近いので、そこで買い物をしていた方も多かったのではと思う。

団地中央の商店街へ

商店街の手前には、千葉市内でよく見かけるシェアサイクルが設置されていた。商店街探索、自転車で周っても良いかもしれない。

Advertisement

千草台団地商店街の現在は

千草台団地商店街の案内看板が設置されていて有難い。20店舗弱のお店が書いてあるが、果たして全部営業しているのだろうか。してなくても昔の情報を知れて嬉しいな。

千草台団地商店街

酒屋、青果店、喫茶店、飲食店…特に気になったのが、生活雑貨の「キャンディボックス」と書籍・文具の「キデイランド」。ファンシーショップのような店名に心躍る~

千草台団地商店街入り口

黄緑色のカラーも素敵。

調べたら商店街のホームページを発見。現在は13店舗が営業中とのこと。私が気になっていたお店は二つとも無かった…

商店街入り口付近

改装中のお店があった。次はどんなお店になるんだろう。

改装中

私が訪問したのが7月なので、記事更新の時にはオープンしているかもしれない。

商店街の設立は団地入居開始と同じ頃、昭和41年。駐車場もあるので買い物もしやすい。

放課後デイサービス

閉店とともに看板も外されている。

閉店

!!このレトロなサインポールは貴重です!

レトロなサインポール

今も灯りはつくのかな~

この形、大きさは残っているところが意外と少ないのでこれからも大切に保管されてほしい…

ヘアクリニックサロン

定休日なのか閉まっているお店が多かった。

千草団地理容室

向かい側には喫茶店「千草茶房」。5時から営業すると看板が出ていた。

千草茶屋

和洋中すべての料理が美味しいと、口コミの評価も高く気になる…他に飲食店は見当たらなかったので貴重な飲食店!

整骨院

こちらは薬局「千草台ファーマシー」。看板がレトロで一目惚れ。

千草台ファーマシー

左がマキロン。右がカコナール。カコナール、あまり馴染みが無かったけど、ひきはじめの風邪によく効く液体かぜ薬らしい。

カコナール

ヤマザキショップは営業中。自動販売機の隣にガシャポンがある風景も良い。

ヤマザキショップ

ヤマザキショップも店舗数が少なくなってきているので、見かけたら記録するようにしている。個人的にはヤマザキショップは他のコンビニよりも温かみがあって好き。

クールデリカの看板

喫茶店の隣では青果店が営業中。

向かい側の店舗
地元の方々が談笑していた

千草台商店街の表示は両端にあるようだ。

千草台商店街

さらに奥、時計がある方は郵便局やATMなど。広場になっている。

郵便局

商店街の核となるスーパーは「オーケーストア」。価格が安いと口コミに書いてあった。

オーケーストア

これにて千葉都市モノレール沿いの探索は終わり。1日で千城台駅~穴川駅まで探索した。穴川駅以降の駅は以前探索したことがあるので割愛。

団地のロータリー

この後、18時に1日乗車券の有効期限が切れてしまうので、急いで駅へと向かった。穴川駅へ戻るのはもどかしかったので、天台駅まで急ぎ足で!暑かったし、お昼をまともに喫茶店で食べなかったのでヘトヘトになった1日でした。

 

(訪問日:2021年7月)