「八千代プラザ」八千代台駅前の昭和レトロビルに誘われて -八千代台⑷

「八千代プラザ」八千代台駅前の昭和レトロビルに誘われて -八千代台⑷

八千代台駅。八千代台駅周辺を探索していたら見つけた、駅に直結する「八千代プラザ」の看板。

これは期待ができそう…!とビルの中へ誘われた。

八千代プラザ

千葉県八千代市八千代台東1丁目。京成本線「八千代台駅」東口のユアエルム直結の廊下にて、レトロなビルの入り口が待ち構えている。

八千代プラザ

まず見えた八千代プラザ総合案内の看板。1階~4階まであるようだ。看板を見るとチェーン店も入っているが、建物自体が渋そうなので探索してみよう。

八千代プラザ総合案内

階段が複雑な構造だと感じた。八千代プラザのビルが建造されたのは、昭和53年(1978)だそうだ。

交差している階段

上から見るとよくわかるが、幾何学的な階段の構造。

不思議な階段の雰囲気

そして、レトロなビルによくありがちなハチの巣みたいな看板。3階味のプラザってなんだろう~

レトロ~!!
Advertisement

レトロビルの廊下を進む

3階の味のプラザと思われる廊下。中華料理屋「味の太郎」がちょうど営業していて良い匂いだった。お客さんもいて賑わっているようだった。

3階

奥にはレトロな看板が。麻雀店?

麻雀店?

一番奥のPLAY GROUND は何のお店だろう?ライブハウスのようだ。

PLAY GROUND

とりあえず下の階に降りてみよう。あれ、2階の入り口が無いな…

2階が無い

階段の脇にあるのは荷物が運びやすいようになっているのかな。

運搬のため?

1階、2階にあるのはツタヤだが、2階からは店内に入れないようになっている。どうやら1階から階段があるみたい。

2階

なんで2階に入り口が無いんだろう。不思議なつくりだな。

今営業しているお店は少ないので、昼間でも静かなビルだった。

総合案内

1階の入り口。八千代プラザはどのようなビルだったのだろう。

八千代プラザ

八千代台駅の入り口からもすぐ近く。ユアエルムも有名だが、レトロなビルも注目したい。

八千代台駅

でも、八千代プラザについて調べてみたが情報がほとんどない…

 

(訪問日:2020年12月)