「ビアーレきたなら商店街」お祭りのメイン会場 ー北習②

「ビアーレきたなら商店街」お祭りのメイン会場 ー北習②

北習志野の商店街第三弾!今回は北習志野駅から少し離れた「ビアーレきたなら」の商店街を紹介する。

ビアーレきたなら商店街

千葉県船橋市の「北習志野駅」。新京成電鉄、東葉高速鉄道の北習志野駅で降りて、JuJuきたなら商店街を西にさらに進むと、「ビアーレきたなら」のアーチが見えてくる。

ビアーレきたならのアーチ

シンプルながら、綺麗なアーチが建てられている。

花輪病院前にて

ビアーレきたならは、昭和42年の習志野台団地の建設とともにつくられた商店街。7月初めに行われる「七夕祭り(ほおずき市)」と10月末の「ハロウィン祭り」が商店街の二大イベントである。

地元では知らない人はいないとされている、お祭りのようだ。

ビアーレきたならの街灯はクリアな白い街灯。

ビアーレきたならの街灯

北習志野駅の方を振り返ってみると、大きな欅の木が立ち並び圧巻な風景。商店街とともに歩んできた歴史を感じる。

欅並木

北習志野花輪病院から、西側がビアーレきたならである。

北習志野花輪病院
Advertisement

米販売店 藤井東店

米販売店「藤井東店」が商店街の入り口にあり、老舗のような佇まい。

藤井東店

情報があまり無いが、全国各地のお米だけではなく煎餅やおかきなどの米菓子も販売しているらしい。よく見たら電話番号が2桁。商店街と同じくらいの創業かな?

老舗の米屋

菓匠・白妙北習志野本店

商店街は5階建ての建物が並び、上階は住居スペースとなっているようだ。英語教室などもある。

住居スペースも

そして、「菓匠・白妙北習志野本店」が有名な和菓子屋らしい。火曜日・水曜日が定休日だったため、残念。

菓匠・白妙北習志野本店

テレビチャンピオン8連覇した和菓子屋で、創業は1985年とのこと。かつては船橋駅近くの西武にもあったが、西武の閉店とともに撤退。北習志野のお土産に和菓子はどうでしょう?

ビアーレきたならの名店

他の商店街と違って、ビアーレきたならはシャッターが目立つ。新型コロナウイルスの影響だろうか…

とらべるたっち

日本旅行の店舗。定休日だから「本日は手動です」って看板が面白い。

定休日
シャッターが閉まった階段

サンドウィッチのお店 SANKEI

緑色の屋根のお店はサンドウィッチの店「SANKEI」。

サンドウィッチの店「SANKEI」

本社は昭和42年創業の株式会社三佳(板橋区)

新鮮なサンドウィッチが人気。食パンの耳も安く購入できるとあって、地元では並ぶこともあるみたい。

老舗サンドウィッチ

向かいには習志野台団地が並ぶ。建物の側面にはイラストなどが描かれていたが、近年のリニューアルで無くなったようだ。

習志野台団地

色々なお店

公文や幼児教室など、学習施設が多い印象。

学習施設

精肉や総菜、焼き鳥なども扱っていた「ALC アサヒヤ」の元店舗。

元ALC アサヒヤ

ビアーレきたならは落ち着いた雰囲気。お祭りの時は賑わっているのだろう。

ビアーレきたなら商店街

セブンイレブンの店舗。

セブンイレブン

ケーキとパンの店「ソレイユ」もケーキ屋が少ない北習志野では重宝されているのでは。

ソレイユ

こちらは店名が載っていない酒屋。

古そうな酒屋

角にあるのは中華料理屋「五十番」。レトロな中華料理屋は店内も広くて団体客も利用しているとのこと。美味しそう~

中華料理屋「五十番」

ビアーレきたなら商店街から南に習志野台団地が続いている。団地の規模もとても大きく、見応えがある。

習志野台団地

ビアーレきたなら商店街は、角を曲がって北側にもまだ続く。

陶磁器専門店「ウツワヤマワ」。ブログも頻繁に更新しているみたい。セールでとても安くなっている!開店41周年とあるので、1979年創業ということになる。

ウツワヤマワ

北習志野の奥にこんな素敵なお店があるなんて素敵。隣はカーブス。

カーブス

街灯がまだ続いていた。ラーメン屋は家系。日大理工学部の学生の通学路ともなっているのでラーメン屋など若い人向けのお店も多い。

ラーメン家系

ビアーレきたなら商店街は落ち着いた静かな商店街。毎年開催されていたお祭りの時期になるととても賑わっていたらしい。飲食店も充実しているので、北習志野は1日探索できそうだ。

商店街①はこちら

「JuJuきたなら商店街」船橋の第二のまち。賑わっていた北習志野の商店街 ー北習①

 

(訪問日:2020年10月)