蘇我駅西口「今井町商店街」&取り残された飲み屋街の一角 -蘇我⑴

蘇我駅西口「今井町商店街」&取り残された飲み屋街の一角 -蘇我⑴

内房線「蘇我駅」へ!蘇我といえば、どんなイメージを持っているでしょうか?戦後、JFEスチール株式会社によって発展した企業城下町でもあります。今回は蘇我駅西口をメインに、昭和の面影を辿りました。

内房線「蘇我駅」へ

千葉市中央区今井2丁目50-2。内房線「蘇我駅」。

西口ロータリーには、ジェフユナイテッドのキャラクターのモニュメントが設置されている。ジェフユナイテッド市原・千葉のホームスタジアムである「フクダ電子アリーナ(千葉市蘇我球技場)」の最寄り駅。

ジェフユナイテッドのキャラクター

そのため、駅のホームや駅周辺にはジェフユナイテッドのチームフラッグやポスターが多数掲載されている。

西口ロータリー

蘇我(そが)駅の開業は、明治29年(1896)。現在、外房線、内房線、京葉線、京葉臨海鐵道臨海本線の4路線が乗り入れている。

蘇我は、戦後、日本の戦災復興都市計画の一環として誘致された「川崎製鉄(現:JFEスチール株式会社)」によって発展した、企業城下町である。昭和25年(1950)に立地が決定、昭和28年(1953)から操業を開始している。

製鉄、石油化学、エネルギー関係の大工場が並ぶ日本最大の産業地域、「京葉臨海コンビナート」。しかし、その発展の背景には失われた海、漁業権の歴史があることを忘れてはならない。

駅前の商店街

西口の川崎町には、JFEスチール東日本製鉄所があり、通勤時間になると蘇我駅から多くの人が歩いて通勤していたという話を聞いたことがある。

また、東口にはJFE体育館や旧川鉄病院、社宅や独身寮などがある。

Advertisement

蘇我駅西口の「今井町商店街」

まずは、製鉄所がある蘇我駅西口を探索。駅周辺は開発されていてビルやマンションが多い印象。

駅前の通りにはかろうじて古い建物がいくつか残っていた。

現在は居酒屋

向かい側の建物はアーケード屋根が付いていた。もしかしたら、昔は全体的にアーケード商店街だったのかな?

屋根が一部残っていた

上の写真の場所は、2011年のストリートビューを見ると昔ながらのレストラン「スズトク」というお店だったようだ。

2018年頃までは隣に古い建物が並んでいたが、駅前の変化は激しい。

奥が蘇我駅

駅前の通りから南へ一本裏通りへ入る。アーバンホテルの駐車場の看板。裏通りも駐車場か高いビルが多い。

アーバンホテルの駐車場の看板

だが、2011年のストリートビューを見ると古い居酒屋の平屋の建物がいくつか存在したことがわかる。

昭和な飲み屋街は駐車場に…
製鉄所で働く人々によって発展した駅周辺。日本料理店「辰巳屋」の看板が目立っていた。

日本料理店「辰巳屋」

とあるビルの壁に埋まっていた煙草の自動販売機。

埋まっている自動販売機

レトロな自動販売機、さらに埋まっているのは珍しいかも。2008年のストリートビューを見ると、元々煙草屋だったようで屋根が残っていた。隣にはスナック。

元タバコ屋

新しそうに見えるがコインの投入口が塞がれていたので役目を終えたようだ。

今は使えないみたい

駅から少し離れた場所に古いお店が残っていた。現在も営業中。

とんとん亭、夕月

また、日本料理「辰巳屋」近くの裏通りには質屋「前田屋」も。2015年頃までは営業していたようだ。

質屋「前田屋」

さらに「尾張屋質店」も。

尾張屋質店

蘇我駅西口。思っていた以上に商店街や飲み屋街の面影は少なく感じた。

というのも、工場が大きすぎるため、駅からバスでの移動が多かったという。そのため、駅から工場までの道沿いはそれほど門前町のように発展していなかったのかもしれない。

2000年頃までは旧川鉄の施設が多く存在したが、工場が縮小され、現在は別の用途に転用されている場所も。アリオ蘇我やフクダ電子スタジアムなどがある公園も工場跡地だとは知らなかった。

西口
Advertisement

川崎製鉄所の専用線の跡

房総往還を歩いていた時に、不思議に思った場所があった。

駐車場になっているが、明らかに不自然。川の跡、暗渠だろうか?と思っていた。が、そこは川崎製鉄所の専用線の跡らしい。

調べると専用線跡を辿っている人も多いので有名な場所のようだ。→「配線略図.net

工場敷地から住宅街を通って蘇我駅へ。駐車場の管理は現在もJFEスチール関連の企業とのこと。よく周囲を見渡して歩いていると新たな発見があって楽しい。

Advertisement

追記:蘇我駅西口のララ劇場

かつて、蘇我駅西口にストリップ劇場「ララ劇場」が存在したことを教えていただいた。

かなり過激なサービスもやっていたそうですが、20年以上前にそこの元ストリッパーに放火され、そのまま閉店したという。

2002年に「日日是」というサイトに劇場の様子が書いてある。

劇場の場所は、線路沿い、現在はマンションになっているという。

昭和の飲み屋街が現存

蘇我駅西口を後にし、蘇我駅東口にある白旗へ向かおうと歩道橋を渡った。

歩道橋

その歩道橋は、駅の南側。

何も知らずに降りてみると、歩道橋のすぐそばに昭和のままの飲み屋街が残っていた!

歩道橋の近く

自分の目を思わず疑ってしまうような一角。建物と建物の間に居酒屋の看板が密集している…令和とは思えない昭和感が残っていた。

昭和のままの飲み屋街

範囲としてはそれほど広くない。隣にはマンション、ビル、高架に囲まれていて存在感は薄い。隠れ家のような一角だ。歩道橋を渡らなかったら気づかなかっただろう…

検索してもこの場所についての情報は無く、飲み屋街の名前もわからない。営業しているのは5軒ほど。

営業中

昼間だったが、建物内から賑やかな声が聞こえたので静かに撮影。建物と建物の間の細い路地を通るのは凄く緊張した…

以前、北小金で同じような飲み屋街を見つけたが、それよりも細い通路。

通路が細い!

防災的な観点から、こういう場所は取り壊しが進んでいる現在。蘇我駅から少し離れた場所に残っていることに感動した。

上を見上げる

裏通りへ出た。建物を工事しているようで周辺の撮影があまりできなかったが、同じようなお店が数軒並んでいるようだった。

南町の飲み屋街

2011年のストリートビューを見ると、現在は一軒屋が建っている場所にも古い居酒屋が建っていたことが分かった。

細い通路があるのは飲み屋街の一部で、昔はこの区画全体が飲み屋街だったのかもしれない。

2011年時点ですでに駐車場や取り壊されている建物が多いので工場縮小とともに飲み屋街も衰退してきたのかな。

エステの看板
遠くから見た景色

かつて飲み屋街の近くには、旧川鉄の社宅が存在したようで社宅の近くには銭湯も数軒あったという。飲み屋街が広がっているのも納得。

お店の面影
日本料理店らしき建物

飲み屋街もいずれ取り壊される日が遠くは無いだろう。産業の発展を支えた飲み屋街の面影が蘇我の歴史を物語っていた。

 

(訪問日:2021年6月)