【琺瑯看板】塩のホーロー看板、コレクション色々

【琺瑯看板】塩のホーロー看板、コレクション色々

ホーロー看板の記事、第二弾!前回のたばこに続き、よく見かける塩のホーロー看板をまとめます。意外と種類があるんですね~

日本専売公社と塩

塩は、かつて日本専売公社という大蔵省(現・財務省)管轄の特殊法人によって製造・販売が行われていた。明治38年(1905)に専売制度が始まり、昭和24年(1949)より日本専売公社が、昭和60年(1985)に日本たばこ産業株式会社へ。

塩の専売制が定められていたのは、1905~1997。

平成生まれの私にとっては考えられない話なのだが、「塩とたばこの博物館」が存在することが専売の歴史を今に伝えているように思う。

国が塩の販売を管理していた時代、許可を得た商店だけが掲げられた塩のホーロー看板。その看板には専売公社時代のものも数少ないが残っており、貴重な歴史の証言者である。

Advertisement

日本専売公社時代、初期の看板

たばこの看板と同様、初期のホーロー看板と思われるのが、塩小賣所のホーロー看板。売=賣の旧字体で描かれている。

2020年12月 習志野市

そして意外と大きい。

2021年1月 船橋市
2021年9月 房総

同じ細長いタイプではあるが、旧字体ではないので時代が後のモノだと考えられる。

2021年8月 茨城
Advertisement

塩小売店のホーロー看板

軒先にある塩小売店の小さなホーロー看板。これは比較的多く残っており、氏名や営業所、住所が書かれている場合が多い。

2020年7月 墨田区
2020年10月 東京
2020年10月 千住

濃い青で文字の間隔が広いタイプもあった。

2021年8月 佐原
2020年9月 房総
2020年9月 大網
2020年9月 大網
Advertisement

塩とオリコのホーロー看板

塩のホーロー看板でよく見かけるのが、オリコの広告入り。

オリコってなんだろう?調べると、クレジットカードの「オリエントコーポレーション」社名の略称であることが分かった。社名変更前は、「オリエントファイナンス」だったのでそのホーロー看板もあったとか。

それにしても、なぜ塩とクレジットカード…

2020年4月 船橋市
2020年7月
2020年7月 東京
2021年8月 千葉市
2020年10月 千住

シンプルな塩の看板

シンプルな”塩”だけ書かれている看板もよく見かける。

2020年9月 小岩
2021年1月 千葉市
2021年1月 船橋市
2021年3月
Advertisement

ゴールデンオクトーバーの広告入り

珍しいのが、ゴールデンオクトーバーの広告入り塩のホーロー看板。

ドイツのベストセラーワインで、雪印牛乳株式会社が総代理店と書いてある。

2020年9月 小岩

サンキストレモンドリンクの広告入り看板

サンキストレモンドリンクの広告入りも珍しい。

2021年8月 東金
Advertisement

サクラカラーの広告入り看板

サクラカラー、百年プリントの広告入り看板。これは自生しているわけではなくコレクションとして貼ってあるもの。

昔は当たり前にあったホーロー看板。現在は撤去されるか、コレクターの間で売買されるかで自然に残っているものは少ない。見かけたらしっかりと記録に残しておきたいな~