北馬場参道通りから品川神社へ。参道の「品川娯楽館」が気になる -品川⑶

北馬場参道通りから品川神社へ。参道の「品川娯楽館」が気になる -品川⑶

都会的かと思いきや古い街並みがひっそりと残る北品川の街並み。品川の遊廓については前回紹介したので、今回は品川神社周辺を探索。

品川娯楽館跡地も気になるな~

北馬場参道通り

「北馬場参道通り」は品川神社の参道。京浜急行新馬馬場駅が最寄り駅で、絶品グルメも多く人気の街並み。

北馬場参道通り

参道はとても綺麗に整備されており賑わっているが、建物や看板はレトロなものも多い。

レトロな看板が見える

お菓子の「太子堂」は昔からある駄菓子屋みたい。佇まい最高なのに、なぜ入らなかったんだろう…

太子堂

今になって後悔するお店。

中村屋も扱っている

工事中の敷地にも建物があったのかな。

工事中

虚空蔵横丁にもつながる道。

虚空蔵横丁

品川神社は目の前にある。旧東海道から、品川神社へ向かう道は一体どれほどの人で賑わっていたのだろう。

北馬場参道通りの今

フジカラーのカメラの「大和堂」。

大和堂

銅板の看板建築が見事に残っているのは圧巻…看板建築好きにはたまらない撮影スポットですね~

銅板建築!

よく見るとデザインがそれぞれ違って素敵。

デザインが個性的

1階の店舗は新しいお店に。

2階は住居

「新馬場商店街」と書いてある。

新馬場商店街

建物の間にある石の段差が気になった。昔からあるものではないだろうか。

石の段差

アド街ック天国でも登場していたお店を発見。

品川の「王将」と「Dior」である。思わず店名に惹かれてしまうお店。

王将…

ちなみに王将は煎餅屋。手焼きせんべいが楽しめるらしいので、今度は立ち寄りたい。

品川娯楽館跡

人が集まる場所には映画館あり。そんな法則があると思っているが、ここ品川にも3か所の映画館があったらしい。

「宝来館」「帝国館」「娯楽館」。昭和30年代に品川娯楽館が無くなり、映画館は姿を消してしまった。

品川娯楽館跡地

その跡地は現在ファミリーマートになっている。全く面影がないが、昔の写真を見るとかなり目立つ映画館の外観だったみたい。商店街も賑わっていたんだろうな~

映画館があったなんて

娯楽館があった場所に建つ大きな門。

北馬場参道通りの門

品川神社

参道を抜けて北品川3丁目にある品川神社へ。

目の前にあるのが品川神社

東京十社のひとつで、多くの人が参拝に訪れる。

一の鳥居を見てほしい。

一の鳥居

都内では三社しかない龍が彫られた鳥居である「双龍鳥居」。この鳥居が最も古く、大正14年(1925)の建造らしい。

そして遠くから気になっていたのが、高い山を登っている方たち。

信号よりも高いよ

都内最大級の富士塚は高さ約15m。高所恐怖症の方は気を付けて…

本当に富士登山をしている気分。

登山道へ

明治2年(1869)に築造された富士塚。現在の場所に大正11年(1922)に移築されたらしい。

ヒールなどで登るのはちょっと危険。

道が細いので注意

品川の街並みを一望できる。思ったよりも高い場所でちょっと怖かった。昔はどれくらい遠く前見えたんだろう。

富士塚から見える景色が凄い

帰りは裏にある道から下山。

裏にも道がある

富士塚のふもとにある浅間神社で参拝。ぶじかえる、と書かれたカエルがご利益ありそう。

ぶじかえる

品川神社周辺を探索。映画館が存在したころの商店街の様子を見てみたいなと思った。

今も古い建物と新しいお店が融合している商店街。探索にはぴったり。

映画館の情報は少ないのでもっと調べたいな~追記しよう。

 

(訪問日:2020年10月)