「コーヒーハウスSanyo」船橋津田沼の昭和レトロ喫茶店 -津田沼

「コーヒーハウスSanyo」船橋津田沼の昭和レトロ喫茶店 -津田沼

コーヒーハウスSanyoという店名からしてオシャレな喫茶店が気になり、入ることに。場所は千葉県船橋市津田沼駅からすぐそば。PARCOの入り口に構える昭和レトロ喫茶店です。

津田沼駅の昭和レトロ喫茶店

JR津田沼駅。総武線を利用している方なら津田沼駅という名前、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

そんな津田沼駅東側、PARCOがある方へ進むとSanyoがある。入り口は1階と2階、どちらでもお好きな方から。私は1階から階段を上っていく雰囲気がとても好きなのでわざわざ1階へ降りて入ることに。

Sanyo1階入り口

どうですか?この入り口までの煉瓦の雰囲気。喫茶店に来た!って感じがしてテンションが上がるのは私だけじゃないはず。

階段

そして階段を上っていると、昭和レトロチックなメニューの飾りも。

昭和レトロなポスター

上手く表現できないけど、ポスターの色味や構図が昭和好きにはたまらない。

とても素敵です
これは何のレリーフ?

「おいしいトアルコトラジャが飲めるお店」とトアルコトラジャのホームページで紹介されているように、本物のストレートコーヒーの味と香りを楽しめるお店として有名のようだ。

トアルコトラジャで紹介されている

ちなみにストレートコーヒーを飲む際は、最初の一口目はシュガー・ミルクを入れずにお試ししてくださいとのこと。

トアルコトラジャ 700円
ブレンドコーヒー 500円
アイスコーヒー 500円

コーヒーハウスSanyo

店内は駅から近いということもあり、ほぼ満席。全席喫煙席であるため、たばこの匂いが気になる方は禁煙席を希望しよう。

レトロなランプ

このたばこの匂いが染みついた喫茶店に入ると、本当に昭和にタイムスリップしたかのように錯覚する。

実はモーニングサービスが安くて良いらしい。今回はお昼を過ぎていたのでまた次回チャレンジしよう。

今回注文したのはキウイフルーツのヨーグルトカクテルフロート(700円)。キウイフルーツの酸味と、ヨーグルトのほのかな甘さがとても美味しくて、夏にはぴったりだった。

キウイフルーツのヨーグルトカクテルフロート

喫茶店でお決まりのクリームソーダ(650円)はこんな感じ。グラスが斜めに傾いているのが特徴的。

クリームソーダ

ミックスサンド(850円)。サンドウィッチにポテトチップスの組み合わせに驚いた。

サンドウィッチ

アイスモンブランは、見た目がとてもかわいらしい。

アイスモンブラン

 

2階、パルコの中からSanyoの入り口を撮影。ショーケースもレトロで素敵でしょう?

2階の入り口

最近改装したらしい。たまにはこうした落ち着いた喫茶店でランチを過ごしたい。

コーヒーハウス Sanyo

営業時間:9時~23時
定休日:年中無休

 

 

(訪問日:2020年9月)