「三桜ショッピングセンター」幸町団地のレトロな商店街と”幸町小売り市場”の歴史 -稲毛海岸⑸

「三桜ショッピングセンター」幸町団地のレトロな商店街と”幸町小売り市場”の歴史 -稲毛海岸⑸

「三桜ショッピングセンター」。今回は昭和レトロ好きな人の間では有名な商店街!やっと紹介できて嬉しいです。

もっとこの場所を多くの人に知ってほしいし、魅力はそれだけではないことを伝えたい。実は隣にも市場があったんですって。知っている方もいらっしゃるだろうか。

 

地図

「三桜ショッピングセンター」レトロな外観

千葉県千葉市美浜区幸町2丁目。最寄り駅は京成千葉線「みどり台駅」かな。

徒歩10分くらいで、国道357号線をわたると幸町団地と「三桜ショッピングセンター」が見える。

三桜ショッピングセンター

三桜ショッピングセンターは名前の通り桜をイメージしているようで、ピンク色のデザインが素敵。

桜をイメージ?

看板には、自転車、カラオケ・パブ、ヤキトリ、米、本・文具、酒…色々なお店があることがわかる。

さまざまなお店

右手にある南入り口から入ってみよう。

南入り口

サンオーショッピングと呼ばれているのかな。建物を見ると3階建てである。

サンオーショッピング

外観からしてかなり老朽化が進んでいるようだ。おそらく団地とともに歴史を歩んできたのだろう。

生き証人

そして2階から顔をのぞかせるライトピアの看板。まるで待ち構えているようだ。

ライトピアが待っている

入り口の横に、2階へつづく古い階段があったがどこへつづくかわからないのでやめた。

2階の階段?

 

Advertisement

幸町団地について

「幸町団地(さいわいちょう)」は、昭和44年(1969)に入居開始した、千葉市内の団地の中でもかなり古い団地。「公団ウォーカー」の記事に詳しく建物の様子が紹介されている。

幸町団地

今回紹介する三桜ショッピングセンターは、学校や郵便局などの施設が集まる中央部部に位置している。大規模な団地であるため、生活する人々にとって欠かせない商店街だったのだろうと想像する。

ちなみに三桜ショッピングセンターについては「Deep案内」の記事でも私と同じように紹介しているが、住んでいる方への尊敬心がないと感じる辛辣な言葉…

Advertisement

 

ショッピングセンター1階

とりあえず、三桜ショッピングセンターの1階へ。団地と同時期だとすると、50年は経過している。

1階

手前にある米屋以外は、1階はほぼ営業していない雰囲気だった。

手前の米屋

外からだと気づきにくいが、入り口の上部分のオレンジのガラスが綺麗だった。

オレンジだ

1階は両サイドに店舗があり、整骨院、クリーニング屋などがみられる。

1階の廊下
スリーS クリーニング
さち書房

サッポロのベンチが置いてある。男女スタッフ募集とは何だろうか?

放置されているもの

ラーメン屋の看板。丸くかたどられていて独特だな~

ラーメン屋

出前迅速と扉に書いてあるが、だいぶ前にラーメン屋は移転したらしい。

出前迅速

三桜ショッピングセンターの北側から出ると、広くて交通量も多い湾岸道路に出る。なんだろう、北と南のこの差は…

湾岸道路
北入り口

北から南を振り返る。私はこのレトロな空間が令和の現在も生き残っていることが愛おしい。

三桜ショッピングセンターの1階

2階へ

気になって仕方がない2階へ。階段の手前に営業中の張り紙が。

2階

2階への改題は両サイドあり、ライトピアの青い看板が昼でも光っている。

ライトピア

ふと上を見上げれば、黄色の丸い照明。ぶら下がった照明というのも、昭和の生き残り。

黄色の照明

落ちてこないのかと心配になるくらい心細い。

下から見上げる

2階へとつづく階段。随所にこだわりを感じ、まさにここがショッピングセンターだということがわかる。

踊り場から

なんとも親切に階段のてっぺんには両サイドを指す矢印。

矢印がかわいい

そして見えてくるのは2階の踊り場に取り付けられた巨大な鏡。三桜ショッピングセンターの名が堂々と。

三桜ショッピングセンターの鏡

鏡の両脇にお手洗いが設置されているが、故障しているようだ。

トイレ故障

現在、女性トイレは右奥になっている。しかし違和感があるなと思ったら、元美容室の店舗のトイレだとわかった。

元美容室が
女性トイレに

平成生まれの私にとって、こういう場所は本当に珍しい。タイルの色や質、ちょっとたばこ臭い匂いまで昭和の魅力が染みついている…

2階の踊り場

なぜこんなに大きな鏡が必要だったのだろう。なんて考えても、合理的な答えはないか。

鏡が大きいな~

2階の踊り場では、吸い殻置きが設置されており、喫煙場所となっているようだ。かすかに匂いが残っている。

2階が喫煙場所に

避難経路図に昔の店舗が書いてある。これは有難い!

避難経路図

エレガンスショップと残る文字は、元洋品店。

エレガンスショップ

 

Advertisement

ライトピア レストラン

ライトピアはレストラン。昼間からカラオケの歌が聞こえてくる~

ライトピア

2階で唯一営業を続けているお店。アジフライ定食は595円で、比較的リーズナブルだ。

和食~洋食まで

宴会などができるほどの広い店内。団地の人々の集まりとしても大いに役立ちそうだ。

メニューも豊富
メニュー

ライトピアにおいても新型コロナウイルスの影響は受けているようで、営業時間変更をするなど工夫していた。

営業時間変更

テナントが並ぶ2階

レストランの反対側は、細い廊下がつづく。右手前から、クリーニング屋、自治会事務所、麻雀屋、左手前から洋品店、三桜事務所、倉庫、理容店だった。

元はテナントがたくさんあった

反対側から見た写真。シャッターが閉まり、人気がない。

ひっそり

元麻雀店は窓もなく、密室空間だったことがよくわかる。

元麻雀店

左手前の元洋品店は大きな店舗だったのかな、シャッターが大きい。

昔はどんな賑わいだったのだろう

廊下の突き当たりにある謎の鏡のスペース。斜めになっていてなんか変。

変わったデザイン

廊下のタイルもレトロ。おばあちゃんの家とかにある懐かしさ。

レトロなタイル

3階へ

3階への階段もかなり老朽化が進んでいるが登ってみた。

階段

3階は住居となっているようで、見晴らしが良い。

3階は住居に

正面にマルエツもあるので買い物には困らなそう。

マルエツ

しかし刻一刻と老朽化が…この三桜ショッピングセンターもいつまで現存するかわからないなあ…危ない。

割れそう

2階から降りる階段。昭和のショッピングセンターは、現代と違って明るすぎなくて落ち着く。

暗さが落ち着く

見てほしい、この天井の照明。土管が逆さになっているような面白いデザインだ。

天井の照明

光っていないみたいだけど、役目を終えたのだろうか。

Advertisement

米屋「鈴正米穀」

最後に、営業していた「鈴木米穀」に立ち寄ることにした。

米屋だけ営業中
営業時間

タバコを販売しているので地元の方がふらっと立ち寄っていた。古そうなお店なので歴史に詳しそうだと思った。

鈴木米穀

現在は、高齢のおばあちゃんとその息子さんが切り盛りしている。米屋としては50年は営業していると話していたので、団地と同時期だろう。

米以外にも色々

駄菓子屋としても

そして米以外にも駄菓子やお菓子の販売も。

駄菓子もあるよ~

駄菓子屋が少なくなっているので、こうして駄菓子を販売しているのは子供にとってどれだけ有難いか…

種類も豊富

そして!飲み物の販売まで充実していた。

飲み物もある~

駄菓子とセットで買おう!と思ったら一番下に瓶ジュースが!ファンタ、コーラ、スプライトが並んでいた。

ジュース

ファンタやスプライトが販売されているのは珍しいので購入。さっきは暗かったけど、光に当てると映えるな~

ファンタ、スプライト

瓶ジュースってなぜこんなに美味しいのだろう?炭酸や風味が瓶の中に閉じ込められるから、という意見もある。瓶の方が口当たりも良い。

キラキラ

生産が終了している瓶ジュースもあるので、気になったら飲むようにしている。ファンタグレープは、グレープの味が濃くてびっくりした。

美味しかった~!

今はなんでも便利になったけど、なんか違うんだよな~

隣には冷蔵庫もあって、パッキンアイス1本20円というのがまた良い…

冷蔵庫
駄菓子

遊んだ帰りに駄菓子を買いに…子供の頃の思い出が蘇る場所だった。

駄菓子の想い出
Advertisement

各地のお米の販売

今の若い人は、お米をどう選んでいるだろう?店主によると、どれも同じだと思っている人が多く、値段の安さで決定する人も多いとのこと。

各地のお米を販売

だから、昔のように米屋にわざわざ通う人も少なくなっており店舗も減っている。また、高齢者になるとご飯の量が減ってしまうため、お米を買わないでお弁当などで済ませてしまう人が多いのだとか。

量り売り

せっかくなので。母は各地のお米の中から気になる商品を購入していた。お店の方にアドバイスをいただきながらお米を購入する、昔の買い物スタイル。

迷ってしまう

迷ってしまうほど各地のお米が並べられているが、丁寧に教えてくださるので安心。

産地に迷う

1㎏から購入できるので誰かのプレゼントにも。

値段表

水曜日が定休日なので注意。このお店の情報を書いている人がほぼいないため、定休日に当たったことがありショックだった。

水曜日休み

三桜ショッピングセンター、いかがだったでしょうか?スポーツ用品店、自転車屋とかは見当たらなかったが、かつてはショッピングセンターの賑わいがあったのだろう。

広角で撮影

幸町団地を支えてきたショッピングセンターの現在。瓶ジュースを販売している場所が少ないので定期的に通いたい。

現在

そして、三桜ショッピングセンターだけで終わらないのが私。

ユニディ幸町1号店

現在、三桜ショッピングセンターの隣にはマルエツ千葉幸町店がある。

マルエツ千葉幸町店

米屋の店主に伺うと、昔はホームセンター「ユニディ」だったそうだ。昭和49年(19749に1号店のユニディ幸町店としてオープン。

その後は、「ユニマート幸町店」、現在の「マルエツ千葉幸町店」へ。

元ホームセンターだった

幸町小売り市場

そして、マルエツの隣にあるマンション。ここには「幸町小売り市場」があったという。

幸町小売り市場跡地

幸町小売市場の情報は本当に少ない。1997年の写真はこちら。湾岸道路からも赤い看板が良く見える。

稲毛新聞 2000年12月号」に幸町小売り市場問題について決着したとの見出しがあったので引用する。

家主とテナントが対立し裁判になっていた美浜区の幸町総合小売市場問題はやっと決着がついた。
先月二十九日に千葉地裁で開かれた調停で、家主の千葉幸興業・側が提示した和解案、総額一億五千万円の補償金と、残っている十六店舗は年内に全員退去することで双方弁護士立会のもとで合意に達したため和解が成立した。
幸町総合小売市場は、昭和四十五年に建設されたマンモス幸町団地住民の暮らしを支える食料品や日用品を扱う小売り店舗が入居、オープン当初は七十八店もあり全盛を誇っていた。
しかし、周辺に相次ぐ大型店舗ができ、売上が落ち込み店舗の老朽化も進み、店子がつぎづぎと撤退、家主側の負担が重くなったので家賃値上げ等の問題で残っている店子相手に、昨年四月に提訴、今日に至った。
跡地は、大型のマンションが建設される予定だ。

昭和45年(1970)にオープン、当初は78店舗ありなんでも揃う市場だった。しかし、次第に廃れ、17軒ほどになってからは立ち退き問題でもめていたことがわかる。2000年に取り壊し、2002年頃にマンションに。

調べていると、1984年頃から稲毛海岸周辺に大型店やディスカウントショップが出来たこともあり、幸町団地の住民を足を運ばなくなったため、閉店するお店が続々。

京葉線開業当時、幸町にも駅がという話があったそうだが、「駅が設置されれば、駅前に商店街が新設され、客離れは必至」と商店街が中心に反対したという経緯もあったほどだったのに。

当時の話を伺うと、三桜ショッピングセンターよりもディープで巨大なマーケットだったことがわかる。一度見てみたかったな。

ネットの情報、近隣の人の情報をもとにまとめてみた。

・喫茶店
・おでんの屋台
・衣料品店
・サンリオショップ?
・100円バーガー?
・牛乳販売店「ミルクセンター」

もし何か知っている方がいたら教えてください~

追記:幸町小売り市場内の写真

Twitterで知り合った方から、なんと2001年頃の幸町小売り市場で撮影した写真を提供していただきました!感謝です…

2001年
2001年
2001年

気軽に撮影できる今とは違って、厳選された写真。2001年頃というと、解体直前だと思われる。どのお店も高齢化していたらしく、閉業前の様子だったのだろう。

市場内の写真は見たことが無かったので、雰囲気を知ることができて嬉しい。個性的なお店や看板が連なっていたんだろうな~

他にも当時住んでいた方から、
魚屋さんのポリバケツにドジョウが泳いでいたのが印象的。確か「一心堂」という駄菓子屋があった。35年前ですでに三桜ショッピングセンターはレトロな存在だった。

市場は一足先に時代の流れとともに消え、記録もあまり残っていません。三桜ショッピングセンターが残っているのは奇跡ですが、米屋の主人によるといつまで残っているか…

気になるお店や建物は記録が必須です。

宮野木ボウル幸町センター

あと最後に湾岸道路を南に進んだ、幸町団地の角にあるボーリング場が気になった。明らかに昭和なビル。

川島屋幸町ビル

宮野木ボウル幸町センター。宮野木だからMなのかな?

Mのデザインが可愛い

ボーリング場も次第に姿を消しつつあるので、記録しておかないとな~

看板が薄い

幸町団地、三桜ショッピングセンター。

有名な場所になっているけど、いつまであるかはわからない。隣にあった幸町小売り市場も含めて歴史をこの場で記録しておこう。

 

 

(訪問日:2020年12月)