今は無き洋食屋「キャラバンサライ・キャビン」の思い出。津田沼駅下にて -津田沼⑸

今は無き洋食屋「キャラバンサライ・キャビン」の思い出。津田沼駅下にて -津田沼⑸

津田沼駅南口。駅下に、かつて昭和のレストランがあったのを覚えている方はいるだろうか…

私が初めて昭和のレストランにハマったお店。数年前に閉店してしまったが、とても思い出深いお店だった。知っている人がいたらコメントください~

津田沼駅南口・レストラン跡地

総武線「津田沼駅」。通勤客、通学客で賑わうターミナル駅だ。

南口には千葉工業大学もあり、学生が多い。

南口ロータリー

そして、南口の階段下…

階段の下へ

階段の下にかつてお店があったのだけれど、覚えている人いるかな~

自動販売機

あ、何もない…今はJRの事務所?に変わっているみたい。

壁に…

レストランの名前は「CABIN(キャビン)」。

2014年のストリートビューに外観が残っていた!外観を撮影していなかったので有難い…

店先には食品サンプルがずらりと並んでいて食欲がそそるお店だった。

そして、今見ると「キャラバンサライ CABIN」と看板にある。そして「千葉駅ビルで愛されて40余年」「てづくりの味 レストラン 惣菜居酒屋」とある。

千葉駅ビル?

調べると、平成22年8月末で千葉駅改修工事で閉店したが、津田沼駅に移転したようである。そして、津田沼駅南口のエスカレーターが2017年に完成。

そのころに、キャラバンサライ津田沼店は閉店した。

私が初めて訪れたのは2013年頃。初めて見る喫茶店のような雰囲気の外観に惹かれ、その後何度か足を運んでいる。口コミでは低評価だが、私は好きだった。

なにせこういうお店が津田沼駅周辺にも、近くにも無かったから…

Advertisement

キャラバンサライ キャビン 津田沼店

当時は写真を撮る癖は無かったのだけれど、このお店のメニューは撮りたくなる雰囲気があった。

2017年の様子。私が好きだったのは、オムライスプレートだった。これしか頼んだ記憶がないくらい…

オムライスプレート

高校生だったので、なにか特別な行事の時に訪れた思い出がある。サイゼリヤとは違う、温かみのある雰囲気。そして何より好きだったのは高齢の夫婦が営業をされていたこと。

今ほどではないけれど、人の温かみを感じることが出来るお店に惹かれていたのだと思う。

店内は意外にも広くて、ゆったりとランチを楽しめた。サラリーマンが他にはいた気がする。

店内の様子

連れが頼んでいたのは、カレーとハンバーグ。

カレー、ハンバーグ

なんでそんなに辛口コメントが多いのかわからないくらいだけれど…

津田沼駅前には昭和レトロなお店がほとんどないので、こういうお店があっても良い気がするんだけれどな~

探したら、2016年にも訪れていた。

2017年

よほど好きだったのか、オムライスを2回も食べているな…

美味しそうなプレート!

閉店してからまたどこかへ移転したということはないかな。

私の洋食屋さんの記憶。

もし同じ思い出を持っている方が他にもいたら嬉しい。

 

(訪問日:2016年?)