「旧大多喜郵便局」大正時代に建てられたレトロな電話交換所の建物  -大多喜⑺

「旧大多喜郵便局」大正時代に建てられたレトロな電話交換所の建物  -大多喜⑺

大多喜には江戸時代の街並みが今もなお、残っているが、元郵便局の小さな近代建築も見逃せない!

個人的には大多喜で一番心が動いた建物。このブログが好きな方は、気に入る人も多いと思う…

大多喜のレトロな郵便局の建物

千葉県夷隅郡大多喜町久保154。大多喜の県道172号、メインストリートである「城下町通り」の中心あたりにある小さな建物。

夕方で陽が傾き始めているので、建物がちょっと暗いが…

洋風な建物を発見!

私は直感で「これは郵便局の建物では?!」と思った。確信は無かったが、この規模感で洋風な建物といったら郵便局かなと、長年の勘が言っている。

木造の小さな建物

ガラス越しに建物内を覗いてみると…

受付らしき仕切りが4つ!これは間違いないだろう。

ガラス越しに覗くと

調べると、大正時代に逓信省の「電話交換所」として建てられたそうだ。竣工年不明。

交換所の後は、旧大多喜郵便局へ。

旧大多喜郵便局

暗くて伝わりにくいが、繊細な持ち送りが屋根を支えている。きゅん!

持ち送り
Advertisement

建物をぐるっと周ってみた

建物内は入れないので、外から見学。一部の窓や扉は封鎖されていた。

建物の側面

横の窓から見た内部。現在は使われていないが、状態は綺麗。なんだか勿体ないなあ。

建物内の様子

建物の裏側。裏は空き地になっている。本当に小さな建物。

裏側
Advertisement

「博美洞」として利用されていた

次の日、同じ並びにある博物館「商い資料館」を見学した際に、この建物のことを教えていただいた。

前日は気づかなかったが、瓦の部分に注目してほしい。

瓦にマークが

つい最近まで、手づくり甲冑工房「博美洞」として利用されていたとのこと。

電話交換所→郵便局→陶芸ギャラリー→甲冑工房に。

休館中

しかし、建物の老朽化が激しくなってきたため、休館になってしまったという話を聞いた。もう少し早ければ、建物の中も見学できたのに…

入り口の照明

建物はこのまま利用されずに放置状態なのだろうか…

横から見た窓

個人的にはこういう小さいけれど魅力的な建物こそ、残ってほしいと思う。修繕費を考えると簡単なことではないが…

いつか建物内を見学したいな。

 

(訪問日:2021年3月)