「張替酒店」明治創業、軍隊御用達の老舗に残る昭和初期の洋館付住宅 -京成大久保⑿

「張替酒店」明治創業、軍隊御用達の老舗に残る昭和初期の洋館付住宅 -京成大久保⑿

習志野市大久保に佇む「張替酒店」は創業115年を超える老舗酒店。

そして、「騎兵の街」として知られた大久保の歴史とも深い関わりのあるお店です。意外と知られていない張替酒店の魅力を伝えられたらなと思います。

習志野「張替酒店」

千葉県習志野市大久保1丁目9−8。京成本線「京成大久保駅」から北へ、御成街道沿いに面した木造二階建ての建物。こちらが「張替(はりかえ)酒店」。

張替酒店

明治38年(1905)創業。現在の建物は昭和6年(1931)に建てられたもので、文化財に登録されてもおかしくないレベルの建物!

駐車場は向かい側にある。

看板

2階の窓も当時のまま。

2階の窓が美しい

2020年12月に地域新聞で取材した記事「【習志野市】老舗酒屋「張替酒店」で軍の街・大久保の面影を見る。貴重な昭和初期の建築も見学!」に詳しく歴史などを書いているので、今回はその時に載せられなかった写真を中心にまとめます。

入り口

ちなみに、店舗の奥にある住居部分は普段は公開していません。周辺は住宅街で外から建物を見ることは出来ないので、不法侵入などはしないようにお願いします。

街道沿い
Advertisement

張替酒店の現店舗

張替酒店と深い関わりがあった騎兵旅団は明治34年(1901)に大久保の町に設置された。現在の東邦大学周辺。以前記事を書いたので割愛→京成大久保駅周辺の歴史。軍隊の街と商店街の「カフェ」の関係性 -京成大久保⑴

店舗の様子

習志野騎兵隊の軍人の方々が良く利用していたという話が残っており、貴重な掛け軸などが残っています。

現在4代目の店主が張替酒店を営んでいますが、普通の酒屋さんとは違ったオシャレな店内にテンションが上がります!

オシャレ~

30年ほど前まで普通の酒屋さんだったとは思えない…

ホーロー看板も

日本酒から焼酎、ワインまで豊富にそろっており、お酒が好きな方にとてもおススメ!

豊富

しかも店主がとても優しく説明してくださるので初見でもすぐに仲良くなってしまいます。

棚の下には、かつて樽から直接お酒を量り売りしていた斜めの床が残っている。

量り売りしていた
おつまみ系も

販売はされていないけど、昔の瓶などが密かに展示されているのも見所。

昔の瓶
昔の酒瓶

棚の上にある陶器の樽には、「千葉県津田沼町 張替酒店 電話十八番」と書いてある。貴重な資料だ~

陶製の樽?

また、木製の看板。岩井町の醸造店から送られたものだろうか。現在は旭市の辺り?

専売の看板

訪れた時が冬だったので暖かい火鉢に癒された。

火鉢

火鉢ってじんわり温まるな~普段火鉢を体験する機会が無いのでとても感動した。

火鉢暖かい~
Advertisement

「あらごしみかん」購入品

普段全くお酒を飲まないので酒屋にもほぼ行ったことが無く、張替酒店に入るのも勇気が必要だった…でも素敵な店主さんがいるので初めてお酒を買うのも安心ですね。

1つ1つ手描きの値札

以前の記事でも紹介されたけど、おススメされたのが「あらごし みかん」(梅乃宿/720ml 1,540円)。右は純米大吟醸スパークリング45「獺祭」。

左があらごしみかん

シュワシュワのスパークリング日本酒。日本酒に慣れていない私からすると飲みやすかったな。

ラベル

張替酒店、存在は知っているけど入りづらいという声もあり、地元の方でも入ったことがある方は少ないのでは?と思います。建物は渋いけど店内はとても買い物がしやすいです!

皆さんもぜひ立ち寄ってみて下さい~!

Advertisement

洋館付住宅(応接間)

そして、特別に見学させていただいた建物の紹介を。
住居と店舗の間にあるのが応接間。洋館付住宅は昭和初期にかけて流行していた建築である。

応接間の扉
応接間の天井

この部屋は応接間として、さらに大人たちが麻雀をする部屋だったといいます。

外扉

今までいくつか見て来た洋室の中でもかなり狭い空間。麻雀をするには良さそう。外には当時のままの可愛い照明が残っていた。素敵すぎる…

応接間の外

外観を広角レンズで撮影。

広角レンズにて

赤と青の塗装。当時の色も同じような感じだったのかな。保存状態もとても良い。

赤と青

現在は物置になっているようだったけど、洋館付住宅は県内でもそんなに多く残っていないので見ることが出来て嬉しい。

照明と窓
Advertisement

住居部分(和室)

店舗の奥にある平屋の住居へ。

窓が美しい

廊下を歩いていると令和とは思えない歴史を感じる佇まいにびっくり。この建物に昔の軍人の方々も足を踏み入れたのかな…

廊下

廊下の突き当たりにあるのは洗面所。当時の雰囲気のまま残っている。

奥は洗面所

窓のところにあるのは、雨水を利用した手洗い。

昔の手洗い場

下の突起の部分から水が流れてくる仕組みですよね!

大きな鏡はエビスビールの文字入り。

エビスビールの鏡

下には、リボンシトロンと書いてあるが右読みなので古そうだな。

リボンシトロン

普段は公開していない和室の空間。

和室が2室

栗林忠道の掛け軸が展示されている。この和室で様々な人がお酒を飲み、店舗へのお礼として一筆残した人が多かったという。

栗林忠道の掛け軸

昭和6年初冬に書かれたものらしい。

掛け軸の説明

和室からは庭園を眺めることができる。庭園は後で説明する予定。

広角レンズで撮影

取材をしながら、昔の写真などを見せていただいた。この写真は昔存在した炊事場?の古写真だという。土間の炊事場…凄いなあ。

古写真

和室を後にし、店舗の方へ戻る。天井をよく見ると一本の木の柱が廊下を並行している。

廊下の様子

壁には古いフックなど。帽子などを掛けていたのかな~

古いフック

電気のボタンも昔のまま。一部改装されているものの、古さと便利さが共存していて素敵だなと感じた。

電気ボタン
Advertisement

店舗の建物

店舗は昭和初期に建替えられたもの。といっても100年以上経っているので貴重な建物である。

2階へ続く階段

店内から奥へ、普段は公開していないスペース。2階へ続く急な階段があった。

2階へ

また、その近くの扉の裏には昭和6年1月に新調されたと書いてある。

昭和6年新調
天井を見上げる
Advertisement

日本庭園と蔵

建物の奥にある庭園へ。先ほどの和室を外から眺めるのも乙である。

和室

日本庭園は、かつては池があり水が流れていたそうだが、戦争の時に防空壕を掘ったため、現在は水は無い。

でも、色づく紅葉と灯篭が並ぶ姿はかつての隆盛を感じさせるものだった。

庭園の様子

奥にある二階建ての蔵は、船橋市薬円台、成田街道沿いの古民家から移築したものだそうだ。

薬円台の街道沿いは古民家も多いので、そこから移築したと聞いて意外なつながりに驚いた。現在は蔵の中は特に使われていない。

蔵の中

数年前に整理をしたため、古いものは捨てたそうだ。

昔の看板?!

蔵の2階はかつて住居として使っていたことがあるようで棚や電球などに名残が見られる。

蔵の2階

何も使われていないのが勿体ないくらい保存状態が良かったなあ…

Advertisement

ヤマニ味噌と張替酒店

張替酒店さん、いかがだったでしょうか?

張替酒店

京成大久保の商店街からは少し離れているけど、個人的に大好きなお店です!

後日、訪問したらまたまた貴重な看板を見せていただいた。

鏡製の看板

藤川商店の特約店の看板。

藤川商店は、佐倉市の「ヤマニ味噌」の醸造元である。

藤川商店

鏡製の特約店の看板は今まで見たことが無いので珍しいのかなと思い、ヤマニ味噌さんの方にも連絡してみると、「私の会社でも見たことが無い」と回答があったので、両店舗の歴史を知る上で欠かせない資料だなと思った。そういえば、ヤマニ味噌さんの建物にも洋館が付いていたな~こちらもぜひ!

ヤマニ味噌「佐倉はお味噌の産地です」成田街道沿いの佐倉の洋館付老舗 -佐倉⑾

 

(訪問日:2020年12月)