大久保団地の商店街。60年前の渋い建物が並ぶ中、今もなお営業しているのは海神亭 ー本大久保⑴

大久保団地の商店街。60年前の渋い建物が並ぶ中、今もなお営業しているのは海神亭 ー本大久保⑴

「大久保団地」。京成大久保駅にも団地があったのか、と初めて知ったときは驚きました。それだけでなく、商店街のような古い建物が並んでおり、興味が惹かれました。

生涯学習地区センターゆうゆう館

千葉県習志野市本大久保3丁目。京成本線「京成大久保駅」から南へ進む。

団地を通り越して、まずは「生涯学習地区センターゆうゆう館」を紹介する。

生涯学習地区センターゆうゆう館

25年の歴史に幕を閉じたようだ。なんとなく、この辺りが駅から離れているが賑わっていた様子が見える。

令和2年3月31日をもって閉館

令和2年3月31日をもって閉館となると、つい最近のことだ。でも外観がかなり古いので老朽化もあるのだろう。習志野市のホームページに詳細が記載されている。

とても古そうだ

ゆうゆう館の向かい側に蕎麦屋「更科」など飲食店がある。老舗の蕎麦屋だというので気になる。

蕎麦屋「更科」
Advertisement

大久保団地向かい側の商店街

少し駅側にある大久保団地。その向かい側に2階建ての建物が並ぶ。

大久保団地向かい側

昭和の商店街の雰囲気。一目見て気に入ってしまった建物だ。残っていて嬉しい。

昭和や~

現在も営業をつづける「海神亭」の店主によると、10軒ほどのお店が並んでいたという。八百屋、乾物屋など…

小さな商店街

商店街とまで大きくはなかったらしいが、今は数軒のみとなってしまった。

中央の看板の跡のようなものが気になる。

何の看板?

10年前を見たが特に変わったところはない。強いて言うなら建物の一番左の店舗が八百屋だったようだ。

ずっとシャッターなのか

一軒だけ営業をつづける中華料理屋「海神亭」。

海神亭

駅から離れているために、安い値段設定なのだとか。美味しいのにな~

もっと多くの人に知っていただきたい!

Advertisement

追記:「大久保団地店舗市営分譲住宅」

習志野市立図書館にて、「大久保団地店舗市営分譲住宅」として写真が残っていた!

昭和33年(1958)7月に建物は完成したようだ。現在とあまり変わらない外観。60年前の建物だったのか…昔は全部に屋根がついていたのですね。

大久保団地

京成大久保駅から徒歩10分の大久保団地。

大久保団地

1993年に建てられた392戸の分譲マンション。看板は古いが、建物は綺麗だった。

古い看板

中華レストラン「かなざわ」

あと、中華レストラン「かなざわ」も美味しいと教えてもらった。今度行ってみたい!!

中華レストラン「かなざわ」

団地を中心として、飲食店が周辺にある。しかし駅からは離れているので立ち寄る人も少なそうな名店だ。

定食の店「上州」

こちらは駅側の定食屋。昔ながらの定食屋が営業しているなんて~!

定食の店「上州」

しかも夜だけ営業しているらしい。17時~23時。

【京成大久保】街の小さな定食屋さんは昭和の雰囲気でした@定食の店 上州 初訪問

この記事を見ていたら、すごく行きたくなってきた。

同じ並びに、昔は旅館があったとか?今は新しい建物になっている。

喫茶店

今は綺麗さっぱり建替えられているが、2010年のストリートビューを見ると、駅に向かって色々な店舗が並んでいる。魚屋、居酒屋、クリーニング屋など。

駅南口にも商店街があったのですね…

駅に近い場所にある洋風な2階建て。

大久保駅近く

喫茶店の看板が。比較的新しいが…

喫茶店

暮らしの器 喫茶というお店で、器が表に並べられていたようだ。

今は静か

大久保駅というと、北側のイメージが強いが南側にも商店街の名残が残っている。

南側

京成大久保、北側の商店街が有名だが南側も渋い。ぜひ合わせて歩いてみて欲しい。

京成大久保商店街の記事

 

(訪問日:2020年12月)

Advertisement