「ふじや食堂」創業昭和元年!大原駅前で頂く定食が最高に美味しい -大原⑶

「ふじや食堂」創業昭和元年!大原駅前で頂く定食が最高に美味しい -大原⑶

創業昭和元年の老舗の食堂が大原駅前に!地元の方からも愛されている人気店は、雰囲気だけでなく、定食の味もコスパも素晴らしかったです。

また行きたいなあ…

大原駅前の老舗食堂

千葉県いすみ市大原8741-5。いすみ鉄道から外房線「大原駅」へ乗り換えの時間に、大原駅周辺で飲食店に入ろうと思ってうろうろとしていると、駅前に「ふじや」という食堂を発見。

ふじや

創業昭和元年(1926)?!古っ!老舗の食堂だ~!

創業昭和元年

手描きのメニューがずらり。これはこれは、期待できるんでは?定食から蕎麦、ラーメンなど種類も豊富だ。

手描きのメニュー

本日の日替わり定食は「ハンバーグしらすおろし(650円)」。美味しそう。

日替わり定食

大原駅で何か食べたいなと思ったとき、まず思い浮かんだのがなんとなく房総の海の幸「伊勢海老」だった。

でも、漁港の方まで行くと時間がかかってしまうし、何より高そうだな…と悩んだ末に昭和な感じの食堂を探していた。

前回の記事でも紹介したが、『孤独のグルメ』で大原駅の食堂「源氏食堂」が紹介されている。

が、2021年2月に閉店してしまったという。私が訪れる1か月前!なんという悲劇。一方、唯一残る老舗食堂「ふじや」は営業していたので入る事にした。

追記:源氏食堂

2月に閉店した「源氏食堂」についての追加情報。

長者町に支店があり、そこはまだ営業しているらしい。支店があるとは知らなかった!行かねば。

また、源氏食堂の店名は、戦国時代、安房に勢力を張った里見氏が源氏だったことから名前をつけたらしい。創業は100年以上前。

さらに、訪問した人から箸袋の写真を頂いた。

源氏食堂の箸袋

支店があるのは、同じいすみ市内の「長者駅」。大原駅前は悔しい想いをしたので、支店は訪れてみたいな~

Advertisement

「ふじや食堂」の店内

平日のお昼時間。既に地元の方や観光客の方でいっぱいだった。テーブル席が5席ほど。

ふじや食堂の店内

ああ、このメニュー看板が素晴らしいなあ。いつまでも残してほしい。

レトロな看板

せっかく大原に訪れたし、海鮮系の定食をいただきたいな~でも普通にラーメンが480円という値段設定も良い。

メニュー

いわし天ぷらや、もつ煮込みなどは単品で注文することができるみたい。

壁にもメニュー

昭和な雰囲気は残しつつ、店内は清潔感があった。ご夫婦で長年営業されているんだろうな~なんだか心が温まる。

昭和な雰囲気
テーブルの上
Advertisement

なめろう&フライ定食が絶品!

悩んだ末に私は「あじなめろう定食(750円)」を注文!

あじなめろう定食

なめろうを食べる機会が今まで無かったので初体験!生姜が良いアクセントになっていて、さっぱりしている。これはご飯何杯でもいけちゃうわ~

美味い!

こちらはミックスフライ(900円)。

ミックスフライ

海老、牡蠣、キス、アジ?あとは自家製コロッケ。

5種類で900円って安いなあ。衣が胸やけしない感じでサクサクしていた。

多くの人に愛されているんだろうなあ

電車の時間が近づいていたので、お店の人とコミュニケーションがあまり取れなくて後悔している。

でも、おじさんが「観光で来たの?これ、お客さんが観光客の人に渡してって写真を配っていて」といすみ鉄道の素敵な写真を2枚も頂いてしまった。

 

おじさんで何代目なんだろう。100年近く愛される食堂。忘れられない味。

また来よう。

 

(訪問日:2021年3月)