鬼越商工会。激渋理容室の裏路地にはカフェーや銭湯の名残が?鬼越駅から千葉街道 -市川⑹

鬼越商工会。激渋理容室の裏路地にはカフェーや銭湯の名残が?鬼越駅から千葉街道 -市川⑹

京成鬼越駅から国道14号線の千葉街道を、東へ東へと探索します。もともと成田山新勝寺へ向かう参詣客で賑わっていた成田街道でもあった道には、どのような建物が残っているのでしょう?

京成中山駅まで一駅。昭和を感じることができる街道を歩きました。

駅近くのコーヒーハウスぽえむ

「京成鬼越駅」。北口に広がる商店街は、想像以上に寂しくなっていた。

鬼越駅前通り商店街。市川市鬼越駅周辺の商店は今… -市川⑴

今回の記事では南口から、千葉街道へ進む。駅近くにある「コーヒーハウス ぽえむ」。近くの電柱には「ぽえむ」と平仮名で書かれた看板。フォントが可愛い!

コーヒーハウス

現在は、廃墟のようだが、レトロな雰囲気。入ってみたかった。

鬼越店とあるのでチェーン展開しているのかと思って調べてみたら、「日本珈琲販売協同機構」という日本のコーヒー専門商社が、関東を中心に喫茶店を運営していたらしい。「コーヒー専門店ぽえむ」は、1966年に開業した阿佐谷店がはじまり。

高級喫茶店らしい。

廃墟に

鬼越商工会

鬼越駅から千葉街道、木下街道の分岐に至るまでの道は「鬼越商工会」と名付けられた商店街。毎年桜の季節には、約60本の街灯に装飾が飾られるらしい。街灯、今はもう少し少ないかもしれないが、整備されて残っている。

山下商店

昭和36年の住宅地図でも確認できる「山下商店」は営業している雰囲気はない。残念ながら、駅から千葉街道へと向かう道は空き地が多く見られる。

かろうじて、街灯に店名が残っているので商店街の名残がある。

和田塗装店

越後屋食堂

国道14号線(千葉街道)を東へ進む。歩道が狭く、交通量がかなり多いため、探索は慎重に。写真撮影は迷惑ならないようにしよう。

最初に目に留まったのは、「越後屋食堂」。反対側にいたのが悔やまれるくらい、立ち寄りたくなる雰囲気。口コミを見ると、昔ながらの中華料理屋で絶品とのこと。今度はランチの時間に寄りたい!!

昭和36年の住宅地図を見ると、越後屋食堂の東京側には「共楽寿司」というお寿司屋もあった。現在は駐車場に…

越後屋食堂

隣の五月堂も、昭和36年の住宅地図から確認できる老舗。営業している雰囲気はない…昭和3年に松井天山が描いた「千葉県中山町及葛飾村鳥瞰図」でも載っているだけにもったいない。

五月堂

「電話」という表示が時代を感じる。公衆電話でも設置されていたのだろう。

電話?

相川理容室と銭湯

さらに進むと、「ヘアーサロンアイカワ」の建物。遠くからでも異彩を放っている、昭和の匂いがプンプンする建物だ。調べてみたら、SNSなどでも載せている人が多かった。

ヘアーサロンアイカワ

正面から見るヘアーサロンアイカワ。うっすら緑色の建物。絵に描きたくなるような佇まい。

正面

なんと、明治47・48年創業とのこと!初代はちょんまげを結う床屋だったとの話もあり、とても時代を感じる。成田街道として賑わっていたこの道で変わらず同じ場所で営業している。

窓も良い

昭和3年に松井天山が描いた「千葉県中山町及葛飾村鳥瞰図」でも「相川理髪店」として描かれている。その頃から現在も営業しているお店は数少ない。

明治創業は驚き

そして、その奥へと続く道が気になった。お店のような建物が見える。交通量が多かったため、反対側から渡ることは断念してしまったが、この時遠回りしても渡れば良かったと後悔。

奥へ続く道

実は、昭和3年の松井天山の鳥瞰図には、「カフェーオリエント」と「亀の湯」が描かれている。カフェーと銭湯。まさかこんな路地にあるとは思わなかったが、自分の勘には素直に従うべきだった。

亀の湯という銭湯ではなく、最近まで存在したのは「栄浴場」。2007年に廃業している。千鳥破風、銭湯の煙突、が目立つ建物で、地元ではかなり熱いお湯だったとの噂。

しかし、コインランドリーは現在も営業しているという。もしかしたら、路地の奥にある建物がコインランドリーなのかもしれない。銭湯は解体されてしまったが、その名残が今も理容室の路地に隠れているのは嬉しい。

商店街の今

私の手違いで、商店街の過去の住宅地図を手に入れるのを忘れてしまった。現在の商店街の様子を観察しよう。

いなば屋

既に街灯から店名が無くなっている商店だったと思われる建物。

ピンク色の建物
どんなお店だったのだろう?
畳一式請負今関

その名の通り真っ青な建物はスナックの「ブルーハウス」。

ブルーハウス

壁には青いお城のようなイラストも?ブルーハウスという店名も、建物も、時代に合わないなんて言わずに、令和の時代も残ってほしいなと思った。

どうやら、懐かしいピンクの公衆電話が店内に残っているらしい。レトロ好きな方にはおススメ。

お城のイラスト?
画廊つかさ

国道14号線から、千葉街道へと伸びる路地。今回は探索しなかったが、この先にも素敵な出会いがありそうだ。

路地

鬼屋

鬼越を象徴するかのような「鬼屋刃物店」。ハサミ、包丁などを扱っているらしい。

鬼屋刃物店

あなたには見えるだろうか…?

鬼!うっすらと鬼の姿が見えた時は驚いた。鬼越で初めて鬼を感じた瞬間。だいぶ前からシャッターが降りているらしい。どのようなお店だったのか気になる。

鬼が見える!

木下街道と煉瓦蔵

北側が開けたなと思ったら、「木下街道」だ。木下街道も一度歩いてみたい。江戸時代、銚子から鮮魚を運ぶための道だったそうだ。

開けた場所は、道幅を広げるのだろうか…

鬼越に丁目にある有名な建物がこちら。「中村家住宅煉瓦蔵」である。

鬼越二丁目の中村家住宅

登録有形文化財に指定された明治の建物。これについては、また次の記事で写真をたくさん紹介しようと思う。

見所がたくさん!

高石神勉強会

鬼越商工会は、木下街道まで。ここから先は「高石神勉強会」。

なんだか強そうな名前だと思っていたが、由来は違うらしい。高石神は、近くにある高石神神社から。そして勉強会というのは、買い物の際のおまけや値引きを「勉強します」と言うことに由来するらしい。

高石神勉強会

高石神勉強会から少し歩くと、市川市から船橋市に。看板も出ている東山魁夷記念館は、今度行きたいなあ…

 

 

(訪問日:2020年7月)