「根津遊廓」岡場所から門前遊廓へ賑わった根津神社の現在

「根津遊廓」岡場所から門前遊廓へ賑わった根津神社の現在

「根津遊廓」。江戸時代の岡場所から歴史がある根津の遊廓。東京都文京区根津神社周辺にはかつて新吉原と匹敵するほどの遊廓が繁盛していた。

根津遊廓の歴史と現在の周辺の様子についてみていく。

根津遊廓とは

根津神社近くにある建物の壁に「根津遊廓の跡地」として看板が残っているので引用する。(句読点がないがそのまま表記している)

根津八重垣町(昔は門前町と言った)から根津神社まで遊廓があった そして昔根津は不寝と書かれていたようだ 小石川本郷と谷中の中間の谷間で天保十余年この根津に娼妓がいたことを記している 更に当時の江戸市中の風紀から見て一大改革が持たれ 俗に言う水野越前守の禁縮政治で根津遊廓も禁止した 明治維新となるやこの根津の遊廓復興は声高く叫ばれ公然と開業された ところが東大 一高が本郷向岡に開設されるに及び 再びこの根津遊廓廃止論は大きく起った そして遂に明治二十年十二月限りで廃止 その殆どは洲崎に移り 又一部は吉原に移った 明治十五年当局の調査によると吉原(娼妓1019人)根津(娼妓688人)品川(娼妓588人)と記され その繁華ぶりが偲ばれる

昭和六十二年四月 文京歴史研究会

昭和62年に作成された根津遊廓の看板が残っていることで、この場所に遊廓がったことわかる。さらに根津遊廓について詳細を見ていこう。

岡場所としての根津遊廓

根津遊廓は「岡場所」として始まった。岡場所というのは私娼が集まる非公認の売春街のようなもので、江戸市中には100か所以上存在したといわれる。街道沿いの宿場町や神社の門前にあり、吉原の脅威となるものの幕末までその歴史は続く。

1706年、根津神社の社殿を新造するために集まった数十万人ともいわれる職人のために居酒屋が根津神社の周辺に集まり、次第に女性に相手をさせることで門前町に岡場所が形成されることに。1708年には既に伊勢屋や大黒屋といった多数の遊女屋があったというので根津遊廓が形成されるまでは早い。

上記の看板でも述べている水野忠邦の天保の改革によって禁止され新吉原に移されるものの、実際には隠れて営業を続けていたという。

根津遊廓の繁栄

根津遊廓は果たしてどのようなものだったのだろうか?ネットを検索すると「イマジンネット画廊ホームページ」にて根津遊廓の写真が載っている。

新吉原に倣って根津八重垣町の両側に桜200本が植えられ、雪洞(ぼんぼり)を灯し、総門を構えていた。当時の様子は新吉原と匹敵するほどの豪華絢爛さだったのではないかと想像する。

根津遊廓の様子

明治12年(18799)には妓楼90軒、遊女574人、大八幡楼や大松葉楼などが大きいお店だったという。

根津遊廓と不忍通り

根津遊廓の惣門が現在の根津駅近く、言問通りと不忍通りの交差点あたりにあったそうだ。そしてそこで遊客は刀や脇差などを置いていく。残念ながら惣門は戊辰戦争の最中の上野戦争にて焼失。

現在の不忍通りは、根津神社までの仲通りを基に南北に伸ばした道路である。

Advertisement

根津遊廓に関する文献

国立国会図書館デジタルコレクションから根津遊廓に関係する文献を探してみた。

・『根津おいらん』(明治12年7月、菅野九兵衛)
宮永町から引手茶屋があり、妓楼名がずらーっと書いてある。とても貴重な資料。わかりやすい。さらに妓楼名と娼妓名が書かれており、最後は周辺の飲食店などが合わせて記載されている。

・『吉原根津娼妓細見:遊客独案内』(明治18年11月、長谷川園吉)
根津遊廓の妓楼名と娼妓の名前がわかりやすく記されている。妓楼名についてはこちら

八幡楼 新八幡 大松葉 遊仙楼 江戸桝 松屋 宝来屋 吾妻屋 磯松葉 山田屋 新松葉 新三河 延松葉 姿楼 本鶴楼 甲子屋 勝松葉 俵屋 大黒屋 鶴金村 〇松葉 本金村 亀屋 常八幡 大鶴 廣島 湊屋 房金村 柏屋 豊田屋 村松屋 田中屋 中野屋 若竹屋 高橋 豊八幡 中八幡 シンヤンキ松葉 新武蔵 成八幡 旭屋 森本 大松屋 三河屋 松田屋 大美屋 春常盤 福島楼 富士見 三木屋 大垣屋 新常盤 鶴茗荷 新金村 新北村 波八幡 徳島 清水屋 喜多川 常盤屋 金巴 新山喜 茗荷屋 菊武蔵 倉田屋 鈴木屋 福田屋 定常盤 新清常 新亀 伊豆屋 池田屋 埼玉屋 藤田屋 清常盤 松倉屋 清閑

妓楼名、書きだすのが大変だった…これから妓楼名と照らし合わせていきたい。

・『根津品川新宿細見』(明治18年5月、亀井銀次郎)

江戸・東京色街入門 (じっぴコンパクト新書)』にも根津遊廓の記述があるので参考にした。

廃止から洲崎へ

繁栄していた根津遊廓であったが、明治12年(1879)に隣の本郷に東京帝国大学ができたことで、風紀上の理由で遊廓廃止論が起こったという説がある。一部の東大生が根津遊廓に入り浸るなど、当時東大生だった文豪の坪内逍遥は根津遊廓の遊女・花紫を妻に迎えていることも知られている。

が、これが果たしてどこまで正しいのかという見方もある。

根津遊廓は東京都江東区の洲崎に移転し、洲崎パラダイスへと受け継がれることに。洲パラダイスの前身が根津遊廓であることを知っている方はどれくらいいるだろう。

廃止後の旅館

根津遊廓が廃止後、明治29年には旧大八幡楼跡地に温泉旅館「紫明館」が開業。その後は改築して婦人科がある真泉病院、女工が働くたばこ工場となり、女性との関係性がやけに濃いといわれている…ちなみに現在は日本医科大学となっている。

また、「上海楼」の旅館が最近まで残っていたらしい。「都市徘徊Blog」さんにて写真が載っている。

現在の根津、総門から

現在の根津を探索して根津遊廓の名残を探そう。千代田線「根津駅」で降りる。根津駅近くの不忍通りと言問通りの交差点に惣門があったようだ。

根津駅にて

不忍通りから西、根津1丁目の住宅街へ。根津神社に近いこのあたりにも遊廓が広がっていたのだろうが新しい住宅街になっている。

根津1丁目住宅街

根津周辺は戦災も免れ、戦前の建物も残っているようだがマンションの狭間で息苦しそう。

古い建物もちらほら

根津神社前の道

道の正面奥にある新しい白い建物は日本医科大学の建物である。かつて旧大八幡楼があった場所。

日本医科大学

日本医科大学から正面に伸びる広い道。他の道よりも道幅が広いけど、遊廓時代の名残だったりするのかな?木造2階建ての建物が数軒残っていて雰囲気がある。うっすらとピンク色で素敵な色。

比較的広い道に残る木造建築

それと気になったのは木製の柱。これは一体?

木造の柱
コンクリートに埋められている

その隣の建物の壁に根津遊廓の説明看板がある。

日本医科大学の前
根津遊廓の看板

看板があるのは杉本染物舗という建物。

杉本染物舗

杉本染物舗は和服専門の染物店らしいが、現在は営業しているのかわからない。

根津神社表門前

根津神社

根津遊廓がつくられるきっかけとなった根津神社。表門は秋になったら紅葉が綺麗だろうな~

根津神社表門

根津神社の地図。つつじ苑の春のツツジが有名だがまた訪れたことは無い。

ツツジが有名

東京十社の一つであり、江戸時代に造られた拝殿、唐門など7点が国の登録有形文化財に登録されている。平日の昼間だったが境内を散策している人が多かった。

神橋

そしてこちらはインスタ映えを狙う若い人にも人気な「千本鳥居」。

千本鳥居

京都の伏見稲荷大社にも似ており、話題になっているのを見たことがある。鳥居の大きさは背が高い方だとぶつかってしまうくらいの高さだが、圧巻の景色。

赤い鳥居が見事

鳥居を歩いていると、途中で「徳川家宣胞衣塚(えなづか)」というものを発見。胞衣というのは胎児を包んだ膜と胎盤のことを指すようだ。

徳川家宣胞衣塚

文京区指定有形民俗文化財に指定されている。

乙女稲荷神社は根津遊廓で働く遊女がさまざまな願い事が叶うようにとお参りにきていたといわれる。

乙女稲荷神社

松戸の平潟遊郭でも、遊女が「池田弁財天」に祈りをささげた逸話があったことを思い出した。

「平潟遊郭」ここも忘れてはならない!遊女が祈りを捧げた場松戸の「池田弁財天」

遊郭と神社仏閣の関係性は密接。当時の女性の想いがひしひしと伝わってくるようだ。

駒込稲荷

奥にある駒込稲荷では6基の庚申塔が置かれている。明治以後、道路拡幅などのために根津神社に納められたもののようだ。

庚申塔

文京区が文化財として石碑の詳細な説明看板を設置していて良いなと思った。とてもわかりやすい。

社殿
透塀
Advertisement

根津神社参道

根津神社表門の近くにある説明看板。根津1丁目の旧町名は「根津須賀町」というらしい。

根津須賀町

焼きかりんとうのお店が美味しいと聞いたので、お土産に購入。お芋のかりんとうは、想像以上にかるくてぺろっと平らげてしまった。

かりんとう

不忍通りの方へ、東へと進む。根津神社の表参道。不忍通りを越えた先にある「八重垣謝恩会」の伊津部となっている道のようだ。新しい建物と古い建物が共存している。

参道

「竹浪運送店」の看板が目に入った。

竹浪運送店

かなり老舗の運送店のようだ。

駐車場になっている場所もあり、木造建築もこれから取り壊されてくかもしれない。

駐車場に

銭湯「山の湯」

コインランドリーが見えた。コインランドリーを見ると近くに銭湯が無いか、無意識に探してしまう。

コインランドリーアオキ

銭湯は無いように思ったが東日本大震災の影響で煙突が壊れ休業になった「山の湯」がコインランドリーの向かい側にあったようだ…現在は1つ前の写真、3軒目の新しい一軒家となっている。銭湯も相次いで閉業しており、その名残が消えかかっている。

参道の老舗

コインランドリーの隣にあるのが木造2階建ての建築。旅館?と思ってしまうくらい魅力的。

参道にて

玄関が新しく参道側になっているが、それ以外は昔と変わらず。

扉や窓は閉まったまま

ぼくの近代建築コレクション」の記事に昭和の写真が載っている。隣がマンションになっているが昔は2階建ての商店が続いてたことがわかる。

武田表具店。

武田表具店

 

張り紙が残る

張り紙があるので営業はしているのかも?

林屋米店も外観は新しいが老舗のような雰囲気。手作りおにぎりが美味しいらしい。

林屋
ヤマザキサンロイヤル

参道で有名な「小石川金太郎あめ」は月曜日定休日のようだ。ご注意。

金太郎飴

根津遊廓、現在の根津神社周辺にはもちろん面影はない。

吉原遊廓にも負けず劣らずの賑わいだった根津遊廓。東大生、文豪も入り浸っていた遊廓の歴史を知っている人は今は少ないだろう。こうした歴史を改めて見つめなおす記事をこれからもつくっていきたい。

今まで書いた遊郭関係の記事はこちら

 

(訪問日:2020年9月)