「クアパレス」習志野の老舗銭湯「富士見湯」はベルサイユ宮殿?にリニューアル?! -習志野駅⑶

「クアパレス」習志野の老舗銭湯「富士見湯」はベルサイユ宮殿?にリニューアル?! -習志野駅⑶

「クアパレス」という銭湯を知っているだろうか?最近は珍しい場所が好きな方が記事に書いていたりして、有名なスポットとなっているようだが、かつてはいたって普通の銭湯だった。

驚異の変身を遂げた習志野駅近くの銭湯「クアパレス」をご紹介。

新京成電鉄「習志野駅」から銭湯へ

千葉県船橋市薬円台4丁目。銭湯の最寄り駅である新京成電鉄「習志野駅」のホームには、何やら怪しげな?看板がある。

クアパレスの看板

「お風呂とサウナのレジャーランド…ベルサイゆ」とても興味が湧く!

習志野駅東口から商店街を抜けて、南の方へ進む。すると、県営二宮団地が見えてくる。

県営二宮団地

団地の向かい側には昔ながらの店舗が並ぶ。パン屋とエステティックサロン。

団地向かい側

スナックや居酒屋などもあり、静かな団地の風景がどこか懐かしい。

居酒屋などがある

県営二宮団地の建物も老朽化が進んでいるようだ。

団地

習志野駅からほど近い場所だが、夕焼けと団地の風景に癒される。

団地の夕焼け

県営二宮団地3号棟の角を曲がると、防衛相宿舎などもある。

さらに見えてきたのが古そうな外観の建物。

これは古そう!

角にある大きな窓は一体?元は違うお店だろう。

窓が大きい

この辺りも団地の前に商店街とかが広がっていたのかな。

居酒屋の灯
Advertisement

クアパレス 習志野

既に駐車場が埋まっているこちらが「クアパレス」!銭湯に見えないくらい派手な外観…

クアパレス

まるでヨーロッパのお城のような…この建物を初めて見た人はまさか銭湯だとは思わないだろうな。

お城みたい

女性やライオンの石膏像がたっている。細かいところまでこだわりが強い。

まさかの石膏像

建物の横側。ステンドグラス風の窓が綺麗。銭湯の石鹸などの匂いが漂ってくるので確かに銭湯だ。

銭湯の横

かつては銭湯の煙突も建物の裏に建っていたが、最近取り壊されたようだ。そのせいか、ますます銭湯らしさが…

ここは西洋だ

倉庫と思われる2階建ての建物もヨーロッパ調。

倉庫も凄い

水色の外観が華やかだ。銭湯の方はピンク色だったので対照的。

水色が良い~

期待通り、銭湯の建物内にも想像以上の世界が広がっている。外観で圧倒されるのはまだ早い。詳しく書いている記事があったので紹介しておく。

【ベルサイ湯】宮殿スタイルの銭湯「クアパレス」がゴージャス過ぎてビビった! タトゥーOKで入浴料金430円! 千葉県船橋市

私が特にお気に入りの場所が、お風呂上りの化粧室。大きな鏡がたくさん並んでいて、そこで髪を乾かすなんて姫様気分。女性は一度は憧れるのではないな~

私はこうした銭湯の世界観もとても好き!

Advertisement

夜のクアパレス(富士見湯)

夜のクアパレス。なんとライトアップされてさらに輝く。15時から開店なのだが、すぐに満車になるほど平日でも多くの方で賑わっている。地元の方が通っているのだろうか。

ライトアップされてきた

銭湯離れが進んでいるとされている現代において、ここまで人気のある街の銭湯っていうのも珍しいのではないか…新型コロナウイルスの影響もあまり受けていなそうなくらい人気だ。

入り口
石膏像

昼は目立たなかったが、オレンジ色の照明がおしゃれ。

照明が浮き上がってきたぞ

玄関だけ切り取ったら、風俗店?と思ってしまうような派手さがあるが…正真正銘の銭湯。「富士見湯」として創業、1990年に思い切ってイメチェンをしたとか。

趣味をここまで爆発させながら圧倒的人気を誇る銭湯って事例他にあるだろうか。

キラキラな正面

シャンデリアも凄く美しい…

シャンデリア

リニューアルされてから30年が経つが、全く色褪せることなく綺麗な状態で保存されている。

豪華だな~

今回は内部の取材許可を得ていないのでここまでだが、いつか内部も紹介したい。

金色の柱が凄い

ギリシャ旅行気分が手軽に味わえるクアパレス…船橋市が誇る銭湯だ。

ギリシャ気分~

銭湯というより、エステスパと表示されているのも粋がある。

エステスパ

銭湯からちょっと離れた場所にも、クアパレスの看板があるが全然銭湯に見えない…

ピンクの看板がな~

地元の方で連日にぎわっているので、タイミングを見計らっていきたいものだ。

夜の照明が素敵

 

かつては「富士見湯」。今は「クアパレス」。
名前は変わり、外観は西洋風になったが、地元の方からは大人気な銭湯だ。

外観も派手だが、内部はさらにテンションが上がる装飾品ばかり。気になる方はぜひ一度訪れて欲しい。

 

 

(訪問日:2020年12月)