京成大久保「海神亭」。390円のラーメンが愛しくて切ない、老舗町中華 -本大久保⑵

京成大久保「海神亭」。390円のラーメンが愛しくて切ない、老舗町中華 -本大久保⑵

「海神亭」今回紹介する大久保の町中華は、とにかく安い!390円でラーメンがいただけるなんて、令和の時代にありえるのか…と疑ってしまうくらい。

海神亭という名前も気になっていたので取材してみました。

「海神亭」大久保団地向かい側の町中華

千葉県習志野市本大久保3丁目。京成本線「京成大久保駅」から南へ徒歩10分ほど。

大久保団地

大久保団地が見えてくるのだが、その向かい側に商店街だったかのような古い店舗が並んでいる。

商店街?

その最後の砦が「海神亭」。赤いレトロな文字がとても印象的で、名店の予感…!

海神亭

よかった、営業中。駅からも離れているのに営業していて嬉しい。

営業中

緊急事態宣言中は、夜は7時半まで。

営業時間

一見入りづらい雰囲気だけれど、後悔したくなかったので母と一緒に入る事にした。

ブログで紹介している方がいるが、海神亭との関わりは記載していなかった。

【京成大久保】地に根付いたレトロな中華屋さん、元気な親父さんが調理してます@海神亭 初訪問

でも、よく見ると看板がある。2018年の時点では存在したのか…残念。

Advertisement

町中華の店内・メニュー

海神亭の店内。町中華らしい、決して広くはない店内。落ち着く~

店内

カウンターとテーブル席がある。休日のお昼時だったが、誰もいなかった。

カウンター

店主が一人で切り盛りしていた。

上を見上げればチューリップのレトロな照明。当時から変わっていないのかしら。

チューリップの照明

メニューがこちら。衝撃のラーメンが390円…!!

メニュー

安い!今までラーメンこんなに安いお店見たことないよ。定食セットも美味しそう。

定食の部

空気清浄機も大きな機械が設置されていて、さらに一つ一つの席に仕切りがある。新型コロナウイルス対策もしっかりしていて、驚いた。

Advertisement

ラーメンを注文

まずは注文した焼餃子(300円)が登場。安いけど個数が思ったより多かった。もちもちしていて美味しい。

焼き餃子

ラーメン(390円)、安かったので大盛に。

ラーメン

チャーシューもしっかり分厚いし、メンマも入ってる。これで390円だなんて、破格…

なぜこんなに安いのかと尋ねたら、「駅から離れているため、安くしないとお客さんが来ないんだよ」と嘆いていた。なんか切ない…

こちらはネギラーメン(530円)。

ネギラーメン

ネギラーメンはピリ辛のラーメン。大量のネギと、ピリ辛スープが最高。定期的に食べたくなる辛さ。

こういう昭和の中華料理屋のラーメンは、人によって反応が違う。私はすごく好きだけど、素朴すぎてあんまり…と思う人もいると思う。たぶん、現代の私たちは味が濃くて美味しものをたくさん食べているから、昭和の味に違和感を覚えてしまうのかも…

 

あ~幸せ。結局だれもお客さん来なかったけど。町中華の素朴な味とテレビの音が心地よい。

海神亭へ

最後に「船橋市にある海神駅前の海神亭と、ここの海神亭は関係性があるのですか? 」と質問してみた。

海神亭正面から

京成本線「海神駅」前にある「海神亭」は本店。

その本店で修行をし、習志野市本大久保の地で「海神亭」として独立したのだという。本店は昭和35年(1960)創業。大久保の海神亭も40年以上の歴史があると話していた。

また、元気な店主は、驚くことに80歳!びっくり。

元々この通りは人通りが少ないが、新型コロナウイルスの影響でもっと少なく。夜はほとんど人が来ず、出前のみだという。出前は誰が運転しているのだろうか。

安くて美味しいのに。

チェーン店で満足していた私が恥ずかしい。これからは町中華をもっと応援したいと誓った。

商店街について↓

大久保団地の商店街。60年前の渋い建物が並ぶ中、今もなお営業しているのは海神亭

 

(訪問日:2021年2月)