「中山参道商店会」駅から中山法華経寺へと向かう参道。レトロな看板建築「湯浅写真館」も! -中山⑶

「中山参道商店会」駅から中山法華経寺へと向かう参道。レトロな看板建築「湯浅写真館」も! -中山⑶

「中山参道商店会」は、中山法華経寺へとつづく門前町。個人的に好きな建物が多い地域だ。

中山参道商店会

千葉県市川市中山4丁目。京成本線「京成中山駅」で降り、北側が中山法華経寺。

その参道が「中山参道商店会」と呼ばれている。

踏切

踏切から南側は、「中山商店会」。

呼び方が違うのは、市が違うからだ。踏切から北「中山参道商店会」は市川市。一方で南側の「中山商店会」は船橋市。

市境だから商店街名が違うが、ホームページでは一緒に紹介されている。中山商店街に特化した情報発信を胡なっている「中山かわら板」は必見。とても濃い情報があって楽しい。

Advertisement

和菓子屋「とむら菓子舗」

踏切をわたって、中山法華経寺の黒門をくぐる。

まず見えたのは茶色い暖簾「下総 松月堂」とある。

下総 松月堂

和菓子屋だろう。最中の看板などが並んでいる。しかし、数年前に閉店したようだ。

閉店してしまったみたい

しかし、和菓子屋は向かい側にも!「とむら菓子舗」。撮影をするのを忘れてしまった。中山法華経寺の門前は和菓子屋がたくさんあったのだな~

その隣の煎餅屋「おきなせんべい」と書かれた看板も気になる。

おきなせんべい

駅からすぐなのに立派な黒門があることで、凛とした空気感がある。

黒門

清華園

途中にあるのが「清華園」。立ち寄る人も多いのでは?

「中山文化村」としてもう一つ邸宅があったのだが、震災の影響で取り壊しに。

清華園

清華園について市川市のホームページに記載がある。

清華園は、平成4年9月7日に石井はな氏から寄贈されました。石井家は江戸時代の中頃の享保年間(1716~36)からこの地に住み、近代に入って文房具店と「清華堂」と名付けた書店を営み、中山町の発展に寄与されました。
その後、寄贈された民家及び庭園を市川市が整備し、平成6年4月8日にふれあい広場「清華園」としてオープンしました。
清華園は1598.66平方メートルの敷地内に、木造瓦葺2階建ての建物と草花・樹木が生育する庭園があります。

何回か訪れているはずなのに、庭園しか入ったことがなかった。奥にある邸宅は、見学ができると知らなかったのだ…後悔。

庭園でも井戸などがあり、昔の面影を見ることができる。

井戸

顔?かと思ってびっくりした像。

びっくりしたあ

開館日は金・土・日。
開館日が決まっているからか、木造2階建ての建物の存在を知らなかった。

ネコもかわいい

市川市は文化財レベルの建物が多く保存されており、とても良いなと思う。保存していくことは大変だが、これからもこういう場所は残ってほしい。

Advertisement

湯浅写真館

商店街の全部の建物を撮っていないのは、2019年に訪れた様子を載せているから。

特に気になった建物をピックアップしている。2010年頃のストリートビューを見ていると、菓子・おみやげ「宝月堂」、定食屋「王家」など今はないお店も。参道も変化している。

夜でも印象深いのが「湯浅写真館」の建物。

湯浅写真館

旧字体?フォントがとても素敵な看板建築だ。真っ白!

看板建築

今はシャッターが降りているが2010年頃は営業していた。建物は今は使われていないのかな…

竣工年やお店の情報が全然見当たらないのだけれど、知っている方いませんか?個人的にシンプルなデザインだけど、夜に浮かび上がる文字がグッと胸に響くものがある…

振り返ると夕陽が綺麗だった。中山法華経寺に向かってゆるやかな上り坂なので、見晴らしもとても良い。

振り返ると

からあげ専門店。とても美味しそう。

からあげ専門店

左にある花屋もだいぶ古そうだ。昔からのお店は閉店しているところも多い。また、駐車場や空き地も多く見られる。

門前の花屋

時代とともに街並みは変化する。門前町として栄えたこの商店街も、時代とともに変わっている。

街灯が綺麗

 

追記:2002年の地図

祖父の遺品から、2002年につくられた資料を発見。いちかわ散歩道として中山法華経寺が紹介されている。

2002年

歩いて楽しい!と紹介されているように、様々な名所が細かく書かれている。今は無いお店、建物も多く貴重な資料になってしまった。

2002年

20年でこんなに変わってしまったのか。しょうがいないことだけど、やはり寂しい。

2002年

毎年訪れたくなる、中山法華経寺。参道の商店街もじっくり観察してみてはいかがでしょうか。

 

(訪問日:2020年12月)