茂原「河野写真館」明治創業のレトロな洋風建築はロケ地にも -茂原⑶

茂原「河野写真館」明治創業のレトロな洋風建築はロケ地にも -茂原⑶

茂原の商店街から裏道にある洋風な建物。明治時代に創業した老舗写真館の建物だった。

情報は少ないが、茂原を代表する近代建築だと思う。

茂原「河野写真館」へ

千葉県茂原市茂原547。外房線「茂原駅」西口から、かつて賑わった「榎町通り」を通り、茂原市立茂原小学校の西側の道へ。

小学校の隣

開けた空間に佇む、洋風建築。とても絵になる建物だ。

素敵な建築だな~

風見鶏が風に揺れている。こんな素敵な写真館、現役で営業しているお店はレアなのでは?なんて風情があるんだろう。

風見鶏
Advertisement

「河野写真館」について

ドラマ『パパがも一度恋をした』の舞台だったことを示す看板。様々なドラマで利用されているらしい。

パパがも一度恋をした

他にはドラマ『サマーヌード』など。

「河野(こうの)写真館」はホームページに情報が掲載されている。

会社概要:河野写真館は明治37年(1904)年に創立され、明治37年の創業以来、お客様に愛される写真サービスを提供して参りました。

明治37年創業!100年以上営業をつづける老舗だ。写真の価値が大きく変化している中で、変わらずに営業をつづけているのは本当に凄い。

建物はいつ頃のものなのだろう?調べてもあまり情報がなく…昭和初期かな。

昭和初期くらいかな?

店内で結婚式を挙げることができるチャペル風のスタジオも併設しているとか。

入り口は改装されているみたいだけど、バランスが良い。

綺麗な持ち送り

なぜ、こんなにも情報が少ないんだろう。近代建築好きな人、茂原は無いと思っているのかな?

旧字体だ

この写真館とともに成長してきた人もいるんではないかな。

建物を維持していくのは大変だと思うが、これからも残ってほしい名建築だ。

 

 

(訪問日:2021年3月)