「水木洋子邸」脚本家・水木洋子さんが市川で暮らした邸宅 -市川⑶

「水木洋子邸」脚本家・水木洋子さんが市川で暮らした邸宅 -市川⑶

千葉県市川市に、脚本家である水木洋子さんが暮らした邸宅が「水木洋子邸」として保存されていると聞いた。公開日は限られている日のみであるが、見所がある邸宅とのことで、市川の探索のついでに寄ることにした。

京成鬼越駅から

水木洋子邸への最寄り駅は、ホームページなどでは京成八幡駅、JR本八幡駅。徒歩10分くらいとある。

私は京成鬼越駅から商店街を探索したかったので、京成鬼越駅で降りた。京成八幡駅周辺にも古い建物があるそうなので、次は京成八幡駅から行きたい。

鬼越駅から、真間川を越えて住宅街の中へ。こんなに静かな住宅街に果たしてあるのかと疑問に思うくらい。

市川市八幡5丁目

良かった。看板が見えてきた。

水木洋子邸へ

水木洋子さんについて

水木洋子さんは、「ひめゆりの塔」や「竜馬がゆく」など私たちの世代でも知っている作品を数多くつくられた脚本家である。1910年に生まれた水木洋子さんは、1947年から市川市八幡で暮らし、執筆活動を続けていた。

戦後の日本映画の黄金時代を担った人物でもあり、女性脚本家の草分けとしても知られているそうだ。

平成15年(2003年)に、92歳の生涯を閉じたが、その後も市民サポーターの方々によって功績を後世に残そうと活動されている。また、「市川市文学ミュージアム」でも資料が紹介されているとのこと。

 

 

水木洋子邸

水木洋子邸は、昭和22年(1947年)に建てられた建物。脚本家である水木洋子さんが50年間、創作活動の場所、そして住居として過ごした邸宅だ。土地は約249坪。生前からの水木さんの意思で市川市が寄贈を受け、現在も一般公開をしているらしい。

平屋住宅であるが、水木さんのこだわりが詰まった邸宅は、見所がたくさん。市民サポーターの方が丁寧に案内をしてくださる。

入り口の門からしっかりと残っている。

水木洋子邸入り口

手入れされた松の木などが邸宅の雰囲気を際立たせている。

邸宅へ

玄関・洗面

玄関は、とても広く開放的。黒い瓦タイルが印象的な土間、天井には杉と白竹の竿縁天井の数奇屋風。

玄関

玄関からすぐ左手にあるのが洗面。

現在は荷物が置かれているが、タイル張りの洗面台に興奮!玉石タイルだろうか。濃淡のある青いタイルが並び、水の流れを連想させる。

昭和30年代から流行。風呂場やトイレでよく使われていたタイル。

洗面台
玉石タイル?

 

和室

最初に案内されたのは和室。

水木洋子さんが買い取った借家の間取りがここだけ残っているという。8畳間。

和室

机の上には、花瓶かと思ったら「ガラス製ハエ取り器」。器の中央に餌を置いて、迷い混んだハエを取るらしい。これでハエが取れるのかと思ったら、一度入ったハエは性質的に出られなくなるらしい。なんておしゃれなハエ取り器なのだろう。

ハエ取り器

この部屋には、母の遺影が飾られており、愛犬と撮った写真なども残っている。

とても落ち着く空間
襖の波のデザイン

壁側には、様々な貴重なものが飾られている。

大きな琴。水木さんが親しまれていたもの。

 

大きな琴

ミヤコ蝶々さんから送られた菊人形も飾られていた。

菊人形
ミヤコ蝶々

その背景は源氏物語絵巻の屏風。とても美しい。

源氏物語の屏風

 

珍しい蓄音機も。蓄音機ってどのようにして使うの?そんな世代であるため、実際に見ることができるのは新鮮。

蓄音機

広縁

和室の南、庭に面した10畳ほどの開放的な空間は「広縁」。

来客はここのテーブルとソファで、粋な施しが細部までいきわたった空間を楽しんでいたそうだ。増築された広縁と和室の様子を見比べてみるのも楽しい。

広縁

ちなみにソファも左右で硬さが違うらしく、座ってみたらとても高級感のあるつくりに驚いた。ここから眺める庭の景色は最高だ。

ふかふか

全体的に数寄屋風。天井まで手間がかかっている。

天井にも注目

見事な竿縁天井。等間隔、平行に取り付けられた細長い木材(竿縁)の上に天井板を張っている。

さおぶち天井
和室側の天井

部屋の角には、雨戸を綺麗に収納する仕組みが。実は、角で雨戸を90度回転させて、移動させる仕組み。

とてもびっくりした。一度ご覧いただきたい。

雨戸の回転

細かい場所にも、飾りがあって見つけるのが楽しい。

ひょうたん?

住宅街に建っているのが嘘のような、静かな邸宅。

庭を眺める

照明もとても美しい。これは船橋の玉川旅館でも同じようなデザインを見た気がする。

照明

円を描いている天井。天井だけでもお腹いっぱいになる。

天井

和室からは一段低い。と思ったら、その間にも波を打つようなデザイン。足元まで抜かりない。

段差にも

次の間

茶室風の次の間。借家時代は回り廊下であったが、その後、6畳の和室、書斎を増築するときには渡り廊下の増改築が行われた。

箪笥が4棹あり、その全部に水木さんとその母の着物が入っている。また、丸い箱は帽子。20箱ほどあるという。

箪笥!

桐箪笥に描かれた鶴のデザイン。とても衣装持ちだったことがわかる。

鶴?

奥は、書斎。

書斎へ

書斎が斜めに増築されているのがわかる階段。

書斎への階段

縁側からは、犬小屋が見える。愛犬家であった水木さんは秋田犬をはじめとした大型犬を数匹飼っていたらしい。

犬小屋

書斎

書斎で、様々な作品を執筆していた水木洋子さんのいわば仕事場。

書斎

入って驚いたのが、ベッド!元々床の間だったところを利用している。

仕事場からすぐに寝ることができるベッドは、現実主義な水木洋子さんの人柄が出ているのだとか。私もこんなベッドが欲しい…

そして水木洋子さんの着物も展示されている。私の世代が見てもとてもおしゃれだなと思うデザイン。

ベッド!
季節によって展示が変わるらしい

化粧台のデザインも素敵。

化粧台
赤い椅子

レトロな電話機。パステルな緑がなんか可愛い。

レトロな電話機

なんと、自転車?!運動不足解消のために利用していたとか…

 

庭を眺めながら

書棚にはびっしりと詰まった書物。700冊近くの貴重な蔵書が並んでいる。

著作がずらり

中央にある掘りごたつに座って執筆していたという。とても眺めも良い。

執筆していた場所

便所・廊下

高級料亭のような作りのトイレ。小石が並び、足置き用の切り株が配置されている。凄い!

 

高級料亭のよう

廊下にもレトロな電話機。こちらは使用不可。

レトロな電話機
暖簾も雰囲気がある

ダイニングキッチン

ダイニングキッチンは、晩年ここで水木さんが寝起きしていたという、生活感が溢れる場所。

大きなテレビが時代を感じる。

ダイニングキッチン

天井から作り付けれたハッチ。昭和30年代にはやったものらしい。

ハッチ

扇形の食器棚にはコップがたくさん!

こんなに必要あるのかなと思ったが、水木さんはお酒好き&おもてなしをするのが好きだったそうで、多くの人が訪れていたのだとか。お酒はとても強いことで有名だったらしい。

扇形の食器棚
器がたくさん
赤いレトロな電話機

また、窓際には懐かしい昭和の道具がたくさん。

昭和の道具

風邪の予防に使われた吸入器。こういった予防方法があったなんて知らなかった。

吸入器
どれもとても興味深い

カレンダーは水木さんの最後の時を知ることができる。

カレンダーは当時のまま

水木洋子邸

玄関の近くには、水木洋子さんが着ていた洋服。アンサンブルの白地にトンボ柄がとても可愛い。

ペンダントはサンゴ。こんなに高いヒールを履いていたなんて、本当にオシャレな方だったのですね…

洋服

まるで水木洋子さんが今も住んでいらっしゃるかのようなリアルな生活を感じることができる邸宅。見学は無料なのでぜひ立ち寄ってみてください。

水木洋子邸

水木洋子邸

公開日:毎月第2・4土曜日、日曜日(変更もあり)

後悔時間:午前10時~午後4時

観覧料:無料

ホームページ:http://www.city.ichikawa.lg.jp/cul01/mizukitei.html

水木洋子邸間取り図

 

 

水木洋子邸のついでに周辺の探索も↓

鬼越駅前通り商店街。市川市鬼越駅周辺の商店は今… -市川⑴

 

(訪問日:2020年7月)