「南千住仲通り商店会」南千住、日光街道沿いの人情深い商店街

「南千住仲通り商店会」南千住、日光街道沿いの人情深い商店街

南千住駅。今回はここからスタート!

実は南千住駅周辺は探索する予定は無かったのだが、駅からすぐ近くの場所に商店街らしき場所を見つけたので、商店街を探索してから山谷、吉原の方面へと向かうことにした。

南千住仲通り商店会

東京都荒川区南千住5丁目の「南千住仲通り商店会」。常磐線、東京メトロ日比谷線「南千住駅」にて降車。旧日光街道から日光街道までの間に伸びる商店街である。

旧日光街道にて

丸い街灯と南千住仲通り商店会の看板が目印。

南千住仲通り

FacebookTwitterも更新されており、かなり活発な商店街であることがわかった。SNSの説明では次のように紹介されている。

南千住仲通り商店会は、JR南千住駅前を通るコツ通りと日光街道を東西に結ぶ約450mの商店街です。軒数は減ったが、庶民的で人情深い、魅力的な店舗のある商店街!

そしてコツ通りというのは、南千住駅から千住大橋までの商店街であり、2010年までアーケード商店街だったそうだ。ホームページの歴史に写真が紹介されている。コツ通り商店街も今度探索しよう。

 

それでは南千住仲通り商店会を探索。

商店街の入り口付近で見つけた「仙成食堂」の看板。良い味出しているのだが、静かだなと思い調べたら案の定2019年1月に閉店したとのこと。

仙成食堂

1961年開店。山谷が労働者の町として賑わっていた頃の面影を残す食堂で、労働者のための安くボリュームのある食事が人気だったそうだ。1年前の閉店…一足遅かったな。

仲通り商店会を探索

2階建ての古民家をリノベーションしたと思われるお店「胡坐(あぐら)」。

胡坐

美容室のようである。元々はどんなお店だったのか気になる。

美容室

商店街には古い建物も多く残っており、誘われるように奥まで進むことにした。

Advertisement

豊川稲荷と商店街の看板

南千住仲通り商店会の看板が見えてきた。

豊川稲荷のところに看板がある

昔の商店街の姿を知るのに欠かせない看板。仙成食堂が載っているので、最新情報では無さそうだが参考にする。

商店街の看板

豊川稲荷は商売人の守り神として現在もお祀りが開催されている商店街のシンボル。

豊川稲荷の玉垣

豊川稲荷を囲む玉垣には、様々な商店名が残っていた。とても貴重な場所である。

玉垣に注目!

そして豊川稲荷の奥の道が気になったので探索してみることに。このあたりは細い道が多くて、つい寄り道してしまう。

豊川稲荷の奥

素敵な建物だ、と思ったら「御宿ちよだ」というホテルであることがわかった。

御宿ちよだ

その隣にはちよだ新館もある。外観は古そうに見えるが、

南千住駅からも近い旅館

洋室と和室、とても綺麗な内装に改装されている。貸し切り風呂もあり、若い人にも人気がありそうなホテル。元々は労働者のための簡易宿泊所であった。

元々は簡易宿泊所

荒川区のはなし」という記事に詳しく載っている。記事の写真を見ていると、宿泊してみたくなった。

御宿ちよだ

ホテルがある通りはとても細く、まさかこんなにも素敵なホテルがあるとは思わない。近くにはスナック「マリーナ」というお店もあった。

マリーナ

仲通り商店会探索

再び商店街を探索。建物は新しそうだが、「大倉屋豆腐店」は創業大正3年。100年以上の歴史がある老舗。

大倉屋豆腐店

その向かい側にある中華料理「一力家」。街のラーメン屋で、口コミの情報も載っているが現在は営業しているのか不明。

一力家

訪れた日は休日だったためか、シャッターが閉まっているお店も多く感じた。

元々コンビニエンスストアかな?

北側に伸びる路地。ちょっと気になったので進んでみた。

細い路地

右手のトタン板の建物もかつてはお店だったのではないだろうか。

屋根がついている

さらに奥の建物は「早川タイル張工事 事務所」。

早川タイル張工事 事務所

美しいタイルが扉付近に残っていた。とても綺麗。

タイル

商店街に戻る。錆びた看板と「イシヤマ」の文字。

イシヤマ

その隣の茶葉販売店「美宝堂」は営業していた。

美宝堂

交差点の角には古そうな建物が残っている。おでんヤスベエ、下町感溢れるお店だが閉店している。

おでんヤスベエ

上を見上げると看板建築の建物も残っている。

看板建築

交差点を右折したところにあった水色の建物も、カラフルな屋根が残っているので商店だったと思った。

商店の跡

やはり…塩小売店のホーロー看板が残っていた。

塩小売店

銭湯「大黒湯」

記事を書いているときに気づいたのだが、交差点を過ぎ、右手に銭湯があったようだ。

仲通り商店会

グーグルマップにも大黒湯の文字だけ残っている、2009年に廃業したが、その後もイベント会場として利用されてきたらしい。銭湯のシンボルである煙突は撤去されているため、探索の時には気づけず…

銭湯があったころは商店街ももっと賑わっていたのかもしれないなと考えを巡らす。

商店街の南側の路地には寿司の目立つのぼりが建っていた。

寿司処

松葉寿司。土日祝でもランチをやっており、安くて美味しいと評判!

松葉寿司

口コミを見ていると外国人観光客の方も多く訪れているようだ。

南千住仲通り商店会真ん中あたり

ここら辺が南千住仲通り商店会の中心、真ん中あたり。角にそば屋「美加志屋」。

美加志屋

交差点を右折した場所にある居酒屋「きん魚」。重厚な外観だな~

きん魚

商店街は半分ほど、いやそれ以上の建物が新しく建て替えられている。

建替えられた建物も多い
シャッターが閉まっているお店

いながさ魚店はシャッターのイラストが個性的。

いながさ魚店

看板建築も、傍が空き地だと独特な構造がよくわかるな~奥に長い住居スペースがある。

看板建築
美容室の跡かな?

コインランドリーは営業中。

コインランドリー

製造直売している「澤田家具店」。

澤田家具店

コインランドリーの隣には茶葉販売店「丸好君野園」。焼き物も売っているみたい。

丸好君野園

角にあるのは居酒屋ポニーⅡ

居酒屋ポニーⅡ

想像以上に南千住仲通り商店会の良い建物が多くて、紹介するのに時間がかかる…

T字路の角にて

蕎麦屋のやぶ茂。

やぶ茂

右にある看板「チヨダハイクリーナー」ってなんだろう?

チヨダハイクリーナー

倉本酒店の看板がレトロで良い感じ。

倉本酒店

古い商店街が好きな方には見所がありそうな商店街。日光街道まで街灯が整備されている。

商店街の街灯

中華料理「一番」と洋家具製造卸「山田商店」の建物がとても渋い。一番は2階の壁が斜めになっていて面白い。

中華料理「一番」と洋家具製造卸「山田商店」

洋家具の山田商店の看板はとても錆びており、木造平屋の建物。いつからこの場所に建っているのだろう。

錆び具合がいい感じ
現在は営業していなそう

 

大光電気のシャッターにはウサギやのどかな風景が描かれている。

大光電気

交差点を北に右折すると看板建築がこじんまりと残っている。奥は双葉寿司、手前は喫茶店。

双葉鮨

 

双葉鮨の壁のデザインが粋だな~

交差点の角にある建物はすべて営業していないようだ…

交差点

白い建物を見ていたら、赤いタイルが白く塗られているのが見えた。なぜ塗替えてしまったのだろう。

タイルらしき壁

右手は日光街道、中華料理屋「生駒軒」は暖簾が出ていた。

生駒軒

入り口に「浅草開花楼」とある。どうやらラーメンの麺を浅草開花楼を使用されているようだ。浅草開花楼は絶大な支持を集める製麺所だと有名らしい。

浅草開花楼

南千住仲通り商店会の中で唯一見かけた質屋「鈴木」。

鈴木質店

鈴木の暖簾が出ている。現在も営業しているようだ。

暖簾が出ている
看板

日光街道の近く、「安全横丁」との看板が見えた。確かにこの通りでは車の通りが静かに感じた。

安全横丁

南千住から始まって、山谷、吉原方面へと向かう。この日は1日でたくさん歩いた。とても価値のある場所を多数巡ったので、ぜひ最後までお付き合いいただきたい。

(訪問日:2020年10月)