実籾「ほたる野商店会」八千代デパート・300年の歴史を持つ商店に出会う -実籾⑸

実籾「ほたる野商店会」八千代デパート・300年の歴史を持つ商店に出会う -実籾⑸

京成実籾駅の南口の通りは、「実籾ほたる野商店会」。習志野市最後の田んぼがある地域が「ほたる野」と呼ばれているためだ。

北口と違い、店舗の数は少なく見えるが、昔の面影を探すと濃い歴史が残っていた!

京成実籾駅

千葉県習志野市実籾3丁目。京成本線「実籾駅」南口へ。

踏切

踏切を渡ると、線路沿いに細い道があり気になった。

線路沿いに

屋根がついた店舗のような建物がある。2010年のストリートビューを見ても営業していない。一体何だったのだろう?

店舗跡?

実籾駅は、平成8年(1996)に橋上駅舎が完成している。もしかしたらそれ以前の駅に関係するものかもしれない。

周辺の地図

あまりよくわからなかったので、知っている方がいたら教えてください。

地図
Advertisement

実籾ほたる野商店会

駅南側は2006年に拡幅工事が完了し、駅前はとても綺麗になっている。

南口からまっすぐ伸びる商店街は「実籾ほたる野商店会」。

実籾ほたる野商店会

「ほたる野」とは、駅から徒歩10分のところにある里山。習志野市最後の田んぼが広がっている。習志野市の実籾自然保護区に指定。

実籾駅周辺も、昔は蛍が飛ぶほど田んぼが広がっていたらしい。今は見る影も無いが…

駅前は飲食店が並んでいる。

駅前の飲食店

整備された広場。以前はどんな様子だったのだろう。

実籾駅南口

ほたる野商店会は、新しい建物が多い。拡幅工事の際に建替えが進んだのだろうか。

綺麗な建物が多い

和風な建物は、元々は寿司屋とかだったのかな。

寿司屋?
Advertisement

八千代デパート跡地

実籾駅周辺の古い情報を集めていたら、「八千代デパート」という場所があったと教えていただいた。3丁目、現在の黒いビルの場所だ。

元八千代デパート

以前紹介した、ゴールドショップができる前の話。初期は1階だけが店舗だったが、のちに2階も店舗に。しかしその後すぐに閉店したようだ。3階は住居。

八千代デパートの管理会社は、八千代台駅西側にあった「八千代デパート」(現在アピアビル)と同じ会社だそうだ。

確かに、デパート名が同じ…(実籾なのに八千代って変だよなと思っていた。)

現在は倉庫?

2010年頃のストリートビューでは茶色いビルだ。改装前かな?

アウトレットショップだったようだ。

地元の方でしか知らないような、マニアックな情報を提供していただいて本当に面白い。様々な人の記憶を頼りに記事を書いている。

Advertisement

時田商店の300年の歴史?

向かい側はトキタ産業株式会社の建物。

トキタ産業株式会社

ほたる野商店会は、用事が無い限り歩く人も少ないのでは。ここから徒歩15分くらいで実籾本郷公園へたどり着く。

開けた商店街だな

交差点へ。ここを右に行くと、公園なのでぜひ。古民家「旧鴇田家住宅」も必見!

交差点

先ほどの時田産業株式会社の建物の裏手に、ひっそりと商店が営業していた。

1階が店舗

地図に載っていないので、知らなかったら入ろうと思わないと思う。偶然表通りから看板が見えたので入ることにした。

知名度はないと思う

扉に、紅茶シフォンやパンのチラシが。パン屋なのかな?気になる…

今日のパン

店内は商店だが、パンも自家製で販売しているそうだ。え~すごい!情報ないから、地元の人が通っているのかな~

自家製パン

紅茶シフォン、購入したけどふわふわでとても美味しかった!パン屋としても営業できるのでは?と思ってしまった。

創業を尋ねると、「300年くらいかな~」と。え、300年?

ご先祖は、先ほどの大きな交差点の角で商店を開業。東金街道沿いで江戸時代から現在に至るまでつづく家柄のようだ。

もうお気づきの方もいるだろうが、実籾本郷公園の古民家「鴇田家(ときたけ)」とも関係性があるという。鴇田家は東金街道から移築している。実籾村の名主をつとめた家だ。

大々的に告知はしていないが、現在もひっそりと営業をつづけているとはびっくり。

 

(訪問日:2021年1月)