【ヘルスランド】松戸・みのり台にある銭湯・湯戯三昧松戸ヘルスランド一帯が渋い

【ヘルスランド】松戸・みのり台にある銭湯・湯戯三昧松戸ヘルスランド一帯が渋い

「ヘルスランド」って名前に惹かれてしまうのは私だけなのでしょうか。かつて船橋にあった「ヘルスセンター」を想起させる夢の国のようなネーミングセンス。

 

そんな昭和の夢のような名前を見かけたのは、何の変哲もない松戸・みのり台駅を散策していた時だった。突如ヘルスランドへの案内が存在感を露にした…

 

新京成線・みのり台駅から

「みのり台駅」というのも馴染みが無い駅名だろう。千葉県の北西部を南北に走るローカル線、新京成電鉄が通る駅。みのり台駅を降りると、特に特徴があるわけでもなく、至って普通の街で、期待はしていなかったから、松戸ヘルスランドの看板が見えた時はハッとした。

松戸ヘルスランドへは、みのり台駅から徒歩3分くらいだろうか。かなり近い。

 

道路から見える松戸ヘルスランドの看板

松戸ヘルスランド専用の駐車場も完備しているため、車での便も安心。わざわざ電車を乗り継いで松戸ヘルスランドを楽しむ人がいるほど、このあたりでは人気の銭湯のようだ。

看板の奥に見える巨大な建物を目指して角を曲がった。

廃墟のようになっている入り口を覗くと、読売新聞の店舗移転のお知らせ。どうやらここは松戸ヘルスランドではないようだ。

巨大な建物の裏に、人の流れがあった。
どうやら、こちらが松戸ヘルスランドとして営業している場所のようだ。PUREと書いてあるため、一瞬違う銭湯かと思った…

PURE、松戸ヘルスランド

松戸ヘルスランドに対する口コミを開いてみると、コメントの豊富さに驚く。

一番の売りは24時間営業(清掃時間2時から2時半除く)のようだ。24時間営業にも関わらず、銭湯と変わらない値段。大人450円で駐車場は無料。サウナも追加200円で利用できるらしい。さらに、ジェットバスや泡ぶろ、滝風呂なんかもあり、スーパー銭湯の先駆けになっているのだとか。

湯戯三昧松戸ヘルスランドの名前がふさわしい、銭湯好きにとっての夢の国のようだ。

猫の看板がかわいい

 

松戸ヘルスランドの周辺の飲食街

 

飲食店が並ぶ路地

松戸ヘルスランドを囲むように、所狭しと並ぶ飲食店の路地が気になった。訪れた時間が昼時であったため、静かな場所であったが、夜になったら明りが灯り、銭湯で汗を流した人を迎えるのだろうか。

 

猫のイラストが描かれた看板

居酒屋のら

猫のキャラクターを前面に出しているが、松戸ヘルスランドの看板に描かれた猫とは関係があるのだろうか…?

銭湯が終わってからも楽しめる松戸ヘルスランドの一帯は、まさに大人にとっての夢の国だった。

 

 

(訪問日:2020年4月)