幕張駅北口、再開発によって更地に。2023年、北口駅前広場に向けて工事中 -幕張⑵

幕張駅北口、再開発によって更地に。2023年、北口駅前広場に向けて工事中 -幕張⑵

JR「幕張駅」北側が更地に…再開発がちょうど始まっており、街の変化を肌で感じた。

変化している街の今をこの場で記録しておこう。

JR「幕張駅」北側、再開発

千葉県千葉市花見川区幕張町5丁目。総武本線「幕張駅」の開業は古い。明治27年(1894)だ。

前回の記事のつづきで、銭湯「鈴の湯」から歩いて来たので駅の北側から北口へと訪れた。

駅の北側
Advertisement

しかし、広大な更地が広がっている…これは再開発が行われているのだろうか。びっくりするくらい建物が何もない!新しい道が工事中だった。

工事中

病院の看板がポツンと残っているが、果たして病院は営業しているのか。

看板だけ残っている

2014年のストリートビューと比較。

普通の民家もすべて立ち退きが完了しているようだ。建物がないと、こんなに空は広いのかと改めて感じた。

駅前は更地に

区画整理前の様子を記録している記事があった。「区画整理前のJR幕張駅周辺」

とても貴重な写真ばかり。

駅前には現在も少しだけ古い建物が残っているが、26.1ha(約600m×400m)の北口一帯が開発されて新しい町並みになるのだろう。

緑の古そうな家
Advertisement

2023年 北口駅前広場に向けて

千葉市のホームページに、幕張土地区画整理事務所についての記載がある。

JR幕張駅の北口は、無秩序な開発による密集化が進み基盤整備が遅れているため、駅前広場を含む幹線道路等の公共施設の整備を行い、健全な市街地の形成を図るため、面積約26.1ヘクタールの土地区画整理事業を実施しています。

施行期間は、平成8年度から平成42年度。建物移転戸数は456戸だという。

総武線で唯一駅前広場がない状況を2023年3月までに解消する動き。ロータリーを囲むように、18階建てマンション(23年8月完成予定)、10階建て店舗マンション(22年6月完成予定)、9階建て複合ビル(22年5月完成予定)となっている。

住んでいる人にとってはかなり利便性が高まりそうだ。

Advertisement

現在の幕張駅前の様子

2021年1月に訪れた駅前の様子。

幕張駅北側

幕張駅前ビルのスーパー「三徳」は営業中。この辺りも再開発後はロータリーになるのだろうか。

スーパーマーケット

薬局の店舗、古そうな佇まいだな~

クスリのノザワ
ひっそりとファミリープラン

薬局の店舗の奥に、解体中の2階建ての建物があった。看板の様子を見ると、居酒屋など色々な店舗が入っていたのかな~

解体中

幕張駅が再開発を行っていることを知らなかったので、もっと早めに訪れたかったなと後悔。

解体してからではよくわからないな

ビルがどうしても気になったので、正面へ回ってみた。

コンビニの隣

しかし、全体的に覆われていて何も見えず…

見えなくなっていた

2011年のストリートビューの様子

「幕張紅谷ビル」飲み屋横丁的なビルかと思っていたが、シンプルな外観だった。もっと昔に遡らないとわからないかも。1階に多くのお店が並んでいたと思う。商店街的な感じだったのかな…

幕張駅は今度訪れたら綺麗になっているのかな。

南口の昭和感ある商店街は、再開発がとん挫したらしい。

 

(訪問日:2021年1月)