くぬぎ山駅東口の商店街。昭和の面影を探して飲み屋街へ

くぬぎ山駅東口の商店街。昭和の面影を探して飲み屋街へ

「くぬぎ山駅」。千葉北西部のローカル線?新京成電鉄沿いは、開発されていない風景が多く残っているが、その中でも「くぬぎ山駅」の周辺は昭和の雰囲気が色濃い。

くぬぎ山駅東口へ

千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山5丁目1。新京成電鉄「くぬぎ山駅」の開業は、昭和30年(1955)。

新京成電鉄くぬぎ山車両基地があり、年に一回の車両基地見学会は人気イベントなのだそうだ。

東口

まず東口から。国道464号線までの道に少しだけど飲食店が見える。右にある空き地が気になった。

2012年のストリートビュー

 うん、やはり建物があったんだ。しかも2019年まで確認できるのでつい最近壊されたのだ。

スナック?喫茶店かわからない洋風な建物と、写真屋「イシイ」。一番右のピンク色の建物は「くぬぎ山食堂」だったそうだが…

Advertisement

向かい側の焼肉「庄平」の建物は残っていた。

焼肉「庄平」

古い建物は撤去し、新しい街に…それはどこも変わらない。

空き地がおおいな

昭和な雰囲気の「らーめん亭」。暖簾が下がっているから、準備中ってことだよね?閉店しているわけではないよね?…返事はない。

らーめん亭

国道は交通量が多いな~駅前との差に驚く。

国道に出る

東口、昔は商店街があったのかもしれない。

今は駐車場に

国道に面している建物が渋い。

国道沿い

2011年のストリートビューでは「伊藤書店」が営業していた。

 町から書店が消えていくなあ…

同じ並びには「ステレオ」とうっすら見えるので、書店の隣に電気屋があったのかも。

ステレオ?

ナショナルカラーテレビとあるので、右にあるキャラクターはナショナル君?

うっすらと何か見える
Advertisement

国道464号線の石碑

国道沿い、白い壁で覆われている場所の真ん中に祠を発見。なんだか気になる。

覆われている

日露戦争に関わった馬の供養塔だと思われる。昔、この辺りは、下総牧と呼ばれた軍馬育成の地だった。あまり気にする人は少ないだろうから、この場で記録しておこう。

日露戦争…

同じく野馬の供養塔。道幅を広げる工事をする予定なのだろうけど、この石碑はどうするのだろうか。

野馬歓世音供養塔

下には「初富村」と書いてある。牧を開墾した順番に地名が名付けられたのは有名な話だが、初なのでここは一番最初なのだろう。

初富村

奥には精巧な石碑が。字が読めなかったけど、地域の人に大切にされているのが伝わる。

立派な石碑
Advertisement

くぬぎ山駅前の飲み屋街?

国道からくぬぎ山駅東口へ、先ほどとは違うルートで戻る。

くぬぎ山駅へ

この通り、飲み屋街では?と思ってしまうほど、なんだか雰囲気が違う。手前のスナックの外観は派手だな~

飲み屋街?

和風居酒屋「梢」は2階で宴会も可能なようで、広いお店だったことがわかる。

和風居酒屋「梢」

カーブになった道沿いに居酒屋の看板が。でも昼なので静かである。

カーブになった道

くぬぎ山駅周辺、本当に人通りが無いな…

閉店しているのかな

そば屋「むさし家」の看板は、イセエビ?が描かれていてちょっと高級感。

そば屋「むさし家」

そば屋は営業しているが、それ以外は…ここも商店街だったのかな。

なんだか名残が

あれ、2020年に訪れた時は営業していたのに、閉店してしまったのかな…

角に商店があった

小杉商店

 そして線路沿いにもお店が並んでいる。

線路沿い

2012年の伊藤屋洋品店、古いファミリープランの自動販売機と、2連の街灯が写っていて愛しい。

 2018年まで存在したようだ。

踏切の傍は、自衛隊松戸駐屯地。春になると桜がとても綺麗な場所である。

自衛隊松戸駐屯地

2006年、くぬぎ山駅の昔について語っている方がいた。
くぬぎ山駅2~昔話について語る~

私が思っていた以上に、色々なお店があったんだ。パチンコ屋信栄にファンシーショップ、ケーキ屋さん…

小さな地味な駅(失礼)と思っていたのが恥ずかしいくらい。一つ一つの駅に誰かの思い出が詰まっていることを実感した。

 

(訪問日:2021年4月)