小湊鐵道里見駅の売店|駅弁のお供・汽車土瓶のプラスチック茶瓶を購入

小湊鐵道里見駅の売店|駅弁のお供・汽車土瓶のプラスチック茶瓶を購入

小湊鐵道の里見駅。休日、ボランティアの方によるホーム上でのお弁当や飲み物の販売が実施されているのが人気!昔懐かしいプラボトル入りのお茶が可愛い~

Advertisement

小湊鐵道「里見駅」/木造駅舎

千葉県市原市平野「里見駅」

里見駅

里見駅の駅舎、大正14年(1925)に小湊鐵道が開業した当時の駅舎の一つ。国登録有形文化財に登録されている。

今回は少しの間ホーム上で販売されている飲食物を購入する時間があるとのことで、降り立ってみました。次回、駅舎内をじっくり見学したい。

ボランティアの方による運営で、第1第3、または里山トロッコ運転日の週末に開催している駅喫茶。「喜動房倶楽部」という名前でSNSでも発信されている。

喜動房倶楽部 里見駅駅喫茶と産直品
@kidobo_club
小湊鉄道の里見駅で駅喫茶を開催しています。 産直品やお弁当、お土産品などをご用意して、 皆様のお越しをお待ちしております。 営業日:里山トロッコ列車運転日の土日曜日、又は第1第3土日曜日。※詳細は下記URLを参照願います。
千葉県市原市平野 里見駅jungle-pro.com/blog/satomieki

左手にお弁当、右手に飲物が販売されていた。お手製の梅ジュースも美味しそう…!

「里見駅限定・焼き豚弁当」、現在は全て受注生産らしいので注意。

 

Advertisement

駅弁のお供 ポリ茶瓶

そして今回初めて見たこちらの小さなポリ茶容器。

レトロな容器に惹かれて購入。持ち手があり持ち運ぶしやすい。

初めてポリ茶瓶

駅弁が販売されている駅も珍しいので見かけたことが無かったが、駅弁のお供として親しまれていたそう。プラスチック製のポリ茶瓶の前は、「汽車土瓶」といい、陶器製の容器。

車窓殿一枚、とても風情があります。

ポリ茶容器、蓋はコップとして使うことが出来る。エコです!

喜動房倶楽部では、釜焼きピザに石焼き芋、BBQと駅を降りても楽しめるらしく、今後は焼き豚弁当も食べてみたい。

 

 

(訪問日:2022年10月)

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。