小岩「珈琲木の実」昭和30年創業、昭和レトロな喫茶店。ノスタルジックな店内が落ち着く

小岩「珈琲木の実」昭和30年創業、昭和レトロな喫茶店。ノスタルジックな店内が落ち着く

小岩を代表する喫茶店「珈琲木の実」を紹介!

創業は昭和30年。外観も店内も、メニューも完璧な夢のような喫茶店、やっと行くことができました。木の実の良さを少しでも伝えられると嬉しいです。

小岩「珈琲木の実」へ

「珈琲木の実」があるのは、JR小岩駅の北口。商店街を抜けてちょっと細い道に行くと、サウナの店舗の前にある。

珈琲木の実

小岩駅からもとても近いので便利。

レトロな珈琲の文字

小岩は、比較的喫茶店が多い街だが、その中でも一番古いのではと言われる老舗喫茶店。

ワクワク

外観は青い屋根の、ヨーロッパの山小屋のようなおしゃれな建物。喫茶店だけ見ると東京とは思えないほど時間の流れがゆっくり。

山小屋みたいな

外観は自然が多い。

自然が多い雰囲気

創業した1955年が刻まれたガラス。デザインが細かい。

木の実 1955

佇まいを見ているだけで入りたくなってしまう。喫茶店ってそういう雰囲気ありますよね。

赤い扉もステキ

小岩にはかつて80軒以上の喫茶店があったと聞いた。

カプセルホテルの正面に

現在も営業しているのは数軒…以前訪れたのは、白鳥とレモン。それぞれの良さがある。

美術館のような喫茶店

木の実へ。店内に入って驚くのが、喫茶店自体が美1つの美術館みたいであること。

美術館みたいな喫茶店

展示品や照明がすべて美しい。画一的ではなく、座った席によって見える風景が違うんだろうな。

照明が美しい

チェーン店では味わえない、優雅なひととき。

雑多な感じが良い

分煙もされているので、非喫煙者の方にも居心地が良い喫茶店。

絵画などの展示

昭和30年の木の実の写真。現在の建物になる以前は普通の建物だったんですね。

昭和30年

どこを眺めても楽しい。ついつい長居してしまいたくなる。

居心地が良い

今まで訪れた喫茶店で一番長居してしまった。

木の実メニュー

そして驚くことにメニューも豊富。

メニュー1

ケーキセットは後で頼もう♪

メニュー2

セットメニューも。サンドウィッチも美味しそう。

メニュー3

手作りケーキがめちゃくちゃ美味しそう!

メニュー4

ランチサービスがお得。季節限定メニューもあるし選ぶのに迷う…

ランチサービス

ランチ&ケーキ

悩んだ末、ビーフシチューが大好物なので「ビーフシチューのオムライス風」(1300円)を注文。

まるでアート作品のような盛り付けの美しさ。

ビーフシチューのオムライス風

想像していたよりも、ビーフシチューの具材がとろとろ~!オムライスもふわふわで、この組み合わせは間違いない。ほっぺたが落ちるわあ…

相方も「ビーフシチュー」(1490円)

ビーフシチュー

サラダ付きなのだが、野菜たっぷりなのが嬉しい。

野菜たっぷり!

 

お腹いっぱいになったけど、ケーキがどうしても気になったので追加注文。普段あんまり珈琲飲まないけど、木の実のコーヒーはとても美味しく感じる。

珈琲も美味しい

ケーキはその日によって品切れしているのもあるので注意。

どれにしようかな~
ケーキメニュー

モンブランとハニーナッツケーキを注文。

モンブラン

温かくて出来立てみたいな美味しさ。昔食べたおばあちゃん手作りのケーキのような…

温かいケーキ

ランチからケーキまで食べてしまった。店内がいかに居心地良かったか…季節限定メニューもあるので定期的に通いたくなるお店。

入り口付近には変わりゆく小岩の展示。

変わりゆく小岩

再開発が進んでいる小岩、今までの歴史も残すことが本当に大事!こういう展示ってとても貴重だな~

昭和30年の小岩

マッチのデザインも展示されていた。今はマッチを使う機会は減ったけど、喫茶店のマッチを集めてみたい。

マッチのデザイン

「貧しくも懸命に生きた時代”昭和”」

このキャッチコピーに痺れる。私あっちは物質的に豊かにはなっているが、果たして心は満たされているのだろうか。

コーヒの異名が面白い

普段忘れてしまっている、心の豊かさを思い出せる場所だった。

飲食店が大変な状況だが、どうかこれからも歴史を紡いでほしい。

周辺の商店街についてはこちら↓

西小岩通り会「元気の出る商店街」小岩駅北口、喫茶店~ホテル街へ  -小岩⑪

 

(訪問日:2020年11月)