「小林和菓子舗」明治創業の神崎本店。名物の”なんじゃ千なり”  -神崎⑷

「小林和菓子舗」明治創業の神崎本店。名物の”なんじゃ千なり”  -神崎⑷

神崎の商店街で営業中の和菓子屋さん「小林菓子舗」へ立ち寄りました。

神崎町のシンボルである、「なんじゃもんじゃ」を表現した名物の和菓子が有名です。

「小林菓子舗 神崎本店」へ立ち寄る

千葉県香取郡神崎町神崎本宿2051。成田線「下総神崎駅」からは徒歩20分ほど、利根川の近くに発達した商店街を訪問。

商店街については前回詳しく紹介したのでぜひ合わせて

今回の和菓子店は、商店街の利根川寄りにある。

小林菓子舗

「神埼名物 なんじゃもんじゃ千なり」が気になったので入ってみることに。

看板

小林菓子舗も神埼町サービス会加盟店の看板が残っている。

加盟店
Advertisement

神埼名物「なんじゃもんじゃ千なり」

店頭にもポスターがあるが、神埼名物の「なんじゃもんじゃ千なり」が有名。

ポスター

神崎神社にある、「なんじゃもんじゃの木」。古代から親しまれており、水戸光圀公が「この木は何というもんじゃろうか」と自問自答したとされる伝承で有名な樟の木で、町のシンボルとされている。

その木をイメージした作ったお菓子が「なんじゃもんじゃ千なり」。このお菓子を販売してから50年もの歴史があるという。

なんじゃもんじゃ千なり

小林菓子舗は、明治時代に創業。現在の店主で3代目になるという。100年以上の老舗だ。

受賞歴も↓
靖国神社献上銘菓
皇太子殿下(現上皇陛下)御成婚献上銘菓
第二十一回全国菓子大博覧会 金賞受賞

店内には周辺の歴史やお祭りについての資料が展示されていた。

近くにある醸造所

こちらは、暖簾に描かれた神崎神社のイラスト。

暖簾、素敵!

「利根川図誌」の五巻に載っているそうだ。

中央の小高い山が、神崎神社。右側が利根川で、利根川から船で上陸し、神崎神社へ参拝に訪れる人々が描かれている。中央の商店街が現在の商店街と同じ場所。宿場町として街道沿いにはたくさんの商店が軒を連ねていた。

古くから水運で賑わっていた神埼町の様子がよくわかる。

お祭りの写真も
Advertisement

また、神埼町の「酒蔵まつり」では花魁道中も。

毎年3月に開催されるお祭りには、人口の8倍にあたる約5万人が訪れるのだとか。店主も「お祭りの時期にぜひ来て見てね」と仰っていた。

平成26年の様子

店主のおじいちゃんが丁寧に一つ一つ作っている和菓子。初対面の私にもとても優しく、「車で来たの?」と尋ねてくださった。

「駅から歩いて来たんです」と伝えると少しびっくりしているようで、おまけのお菓子まで頂いてしまった。優しい。

奥で作っている様子

「今の時期はあやめも見頃だよ~」とお店の外にある花壇も紹介してくださり、「また来てね!」とお別れの挨拶を。

6月に訪問

勇気を出して入って良かったな…と心から思えるお店だった。商店街や建物についても快く教えていただきました。

お土産に購入した、なんじゃもんじゃ千なり。

なんじゃもんじゃ千なり

餡がたっぷり入っているがしつこくなく、すっきりとした味わい。半世紀愛されている、神埼町の名物をお土産にいかがでしょうか。

 

(訪問日:2021年6月)