千葉県銭湯一覧(廃業含) ~木更津・館山・鴨川市~

千葉県銭湯一覧(廃業含) ~木更津・館山・鴨川市~

千葉県の銭湯一覧、今回は木更津市・館山市!房総のかつて存在した銭湯の情報は本当に少ないのですが、木更津には立派な銭湯建築がそのまま残っているので一見の価値があります!

目次

参考資料

・「廃業銭湯一覧(千葉県)
・「現存銭湯一覧(千葉県)
・「銭湯レポート
・「千葉県木更津町鳥瞰図」
・昭和44年、千葉県の銭湯名簿一覧

営業中:◎
情報無:☆
昭和44年の名簿に記載なし:◇

Advertisement

木更津市の銭湯

柳湯(高柳)

巌根 柳湯(木更津市高柳2丁目10-8)
2009年廃業

最寄り駅は、内房線「巌根駅」。東口から「木更津市立巌根中学校」の南側、住宅街。周囲には鮮魚店や和菓子店など商店街のような雰囲気。現在もコインランドリーが残っている。

2012年のストリートビューでは柳湯の看板と建物が映っていた。

追記:2005年頃の写真を提供していただいた

当時で既に老朽化していたという。

人参湯(中央)

人参湯(木更津市中央3-4-39)
2011年廃業

最寄り駅は内房線「木更津駅」。西口から徒歩7分ほど、南片町浜通りに面している「人参湯」。現在も建物が残っており、木更津焼きそばが営業している。

銭湯「人参湯」で頂く”木更津やきそば”が絶品!銭湯好きにおススメ -木更津⒀

2021年2月撮影

人参湯の元の銭湯は「実母散薬湯」。建物は昭和27年(1952)築。

銭湯内の様子
Advertisement

宮の湯(富士見)◎◇

宮の湯(木更津市富士見1丁目13-17)
営業中

草津温泉から温泉を汲んでいたという銭湯。木更津市内最後の銭湯。

銭湯「宮の湯」~矢那川沿いの病院建築、木更津キャッツアイのロケ地 -木更津⒆

宮の湯

「千葉県木更津町鳥瞰図」より

昭和3年、松井天山が描いた「千葉県木更津町鳥瞰図」より引用。

ラジウム鉱泉

ラジウム鉱泉(木更津市富士見1丁目5あたり)
廃業

みまち通りに面していた銭湯。八剱八幡神社の東側。

海水湯(富士見2丁目)

海水湯(木更津市富士見2丁目3-36)
廃業

富士見通り、人参湯の南側に存在した銭湯。

中将湯(中央2丁目)

中将湯(木更津市中央2丁目7あたり)
廃業

石川横町に面していた銭湯。昭和44年の名簿に記載あり

海水湯(新宿6)

海水湯(木更津市新宿6)
廃業

県道87号、西側に存在した銭湯。

松の湯(大和2丁目)

松の湯(木更津市大和2丁目2)
廃業

JR木更津駅東口に存在した銭湯。昭和44年の名簿に記載あり

 

Advertisement

追記:富士見湯(高柳)☆

富士見湯(木更津市高柳2780)
廃業

場所を特定できず

追記:岩櫻湯(高柳)☆

岩櫻湯(木更津市高柳2233)
廃業

場所を特定できず

追記:栄寿湯(吾妻町)☆

栄寿湯(木更津市吾妻町573)
廃業

場所を特定できず

追記:浜の湯(新田町)☆

浜の湯(木更津市新田町1915)
廃業

場所を特定できず

追記:ラヂューム湯(桜井)☆

ラヂューム湯(木更津市桜井545)
廃業

JR木更津駅から南へ、駅からはかなり離れている房総往還沿い、桜井バス停近くの住宅街に存在した銭湯。面影なし。

追記:?湯(桜井)☆

?湯(木更津市桜井483)
廃業

上記の銭湯の東側、房総往還沿い。現在は駐車場。2012年時点では建物が残っていた。

追記:旭湯(長須賀)☆

旭湯(木更津市長須賀75)
廃業

場所を特定できず

Advertisement

昭和44年の名簿の木更津支部には、君津郡も含まれているのでここで君津郡の銭湯も記します。

追記:ラヂューム湯(大堀)☆

ラヂューム湯(君津郡青堀町大堀1528)
廃業

JR青堀駅から東、小糸川沿いの住宅街に存在した銭湯。国道16号沿いは商店街となっている。

追記:宝湯(青堀)☆

宝湯(君津郡富津町青堀1561)
廃業

場所を特定できず

追記:富の湯(富津)☆

富の湯(君津郡富津町富津1755)
廃業

場所を特定できず

Advertisement

館山市の銭湯

梅の湯(沼)☆

梅の湯(館山市沼895)
明治25年創業~2008年10月9日廃業

内房線「館山駅」が最寄りではあるが、館山市立博物館からさらに西、「立山柏崎郵便局」の近くに存在した銭湯。歩いて向かうのは難しそう。明治創業の老舗銭湯。

朝日湯(北条)☆

朝日湯(館山市北条1559)
2004年頃廃業

最寄り駅は、内房線「館山駅」東口から六軒町本通りへ。現在は住宅になっており、当時の様子がわからない。

Advertisement

追記:新栄湯(北条)☆

新栄湯(館山市北条2227)
廃業

JR館山駅東口の交差点、北側に存在した銭湯。面影はない。

追記:恵比寿湯(北条)☆

恵比寿湯(館山市北条1764)
廃業

六軒町本通り、ガソリンスタンドの裏に存在した銭湯。現在は「えびす駐車場」として銭湯の名前が残っているようだ。

追記:鷹の島湯(長洲賀)☆

鷹の島湯(館山市長須賀167)
廃業

県道410号、小山青果店の向かい側の住宅街に存在した銭湯。面影は無し。

追記:恵比寿湯(館山)☆

恵比寿湯(館山市館山1230)
廃業

館山港へ向かう県道250号沿い、面影は無し。

追記:和田湯(館山)☆

和田湯(館山市館山940)
廃業

県道257号沿いに存在した銭湯。美容室と美容院が名残かもしれない。最近まで、和田駐車場として名前が残っていたようだ。

追記:浜湯(館山)☆

浜湯(館山市館山1034)
廃業

下町交差点の南側、面影は無し。

追記:松の湯(柏崎)☆

松の湯(館山市柏崎950)
廃業

場所を特定できず

追記:亀の湯(那古)☆

亀の湯(館山市那古1093)
廃業

那古観音前交差点の南側、今は面影はなし。

Advertisement

追記:梅の湯(船形)☆

梅の湯(館山市船形263)
廃業

金比羅神社近くの、勤王屋酒店本店の北側の住宅街に存在した銭湯。

追記:東湯(船形)☆

東湯(館山市船形1056)
廃業

場所を特定できず

追記:鶴の湯(船形)☆

鶴の湯(館山市船形1259)
廃業

JR那古船形駅から西へ、八雲神社の近くの県道302号沿いに存在した銭湯。面影は無し。

追記:大黒湯(船形)☆

大黒湯(館山市船形914)
廃業

上記の近く、小林病院の隣に存在した銭湯。面影はなし。

追記:泉湯(和の浜)☆

和泉湯(館山市和の浜181)
廃業

場所を特定できず

追記:港湯(布良)☆

港湯(館山市布良1296)
廃業

布良漁港近く、県道252号沿い?面影は無し。

追記:宮下湯(布良)☆

宮下湯(館山市布良1275)
廃業

上記の南側、富崎村道路元標の近く。面影は無し。

Advertisement

鴨川の銭湯

松の湯(横渚)☆

松の湯(鴨川市横渚892)
廃業

内房線「安房鴨川駅」東口。県道247号、鴨川市民ギャラリーの隣に存在したという銭湯。

情報が無いので全く分からないが、跡地に松の木が残っているのは面影かも。

Advertisement

第一花乃湯(貝渚)☆

第一花乃湯(鴨川市貝渚3271)
2008年頃廃業

最寄り駅は内房線「安房鴨川駅」。県道247号線沿い、鴨川市立鴨川小学校の近くに存在したという。

Advertisement

追記:?湯(前原)☆

?湯(安房郡鴨川町前原136)
廃業

鴨川前原郵便局の裏、県道247号沿いに存在したと思われる銭湯。面影は無し。

追記:第二花の湯(横渚)☆

第二花の湯(安房郡鴨川町横渚869)
廃業

JR安房鴨川駅東口、昭和通りの小田病院近くに存在した銭湯。現在はアパート?

追記:ゑびす湯(貝渚)☆

ゑびす湯(安房郡鴨川町貝渚2776)
廃業

鴨川漁港の近く、県道247号沿い、面影は無し。

追記:竹の湯(貝渚)☆

竹の湯(安房郡鴨川町貝渚2786)
廃業

鴨川漁港の近く、上記と同じく県道247号沿い。

ストリートビューを見ると、銭湯らしき建物が残っている。洋風なデザインの窓が素敵だ。

追記:亀の湯(小湊)☆

亀の湯(安房郡天津小湊町天津1155)
廃業

JR安房天津駅から南へ、天津小湊支所の近くに存在した銭湯。面影は無し。

追記:末広湯(小湊)☆

末広湯(安房郡天津小湊町天津1535)
廃業

JR安房天津駅南口から東へ、伊勢常呉服店の裏あたりに存在した銭湯。ストリートビューでかくにんできない。

追記:福の湯(内浦)☆

福の湯(安房郡天津内浦2606)
廃業

最寄り駅は、JR安房小湊駅。伊南房州通往還沿い、現在は駐車場になっている。

追記:山田湯(内浦)☆

山田湯(安房郡天津内浦2917)
廃業

住宅街で面影は無し

 

千葉県の銭湯一覧、今回でとりあえず終わりです。まだ情報としては薄い場所もあるので、わかり次第追記していきたいなと思っています。

また、銭湯というのは単に体を綺麗にする場所としての機能だけでなく、地域のコミュニケーションの場として必要な場所だったことがわかりました。しかし、今はスーパー銭湯以外の銭湯を入ったことがあるという若い人の方が少ないという現状。

私も全く銭湯には馴染みがありませんが、自宅のお風呂では味わえない銭湯の良さに最近改めて気づき、消えゆく銭湯文化を残したいと思うようになりました。

この機会に、私は同年代の友達にも銭湯の良さを発信していこうと思っています。今であればまだ銭湯が残っている地域もあります。ぜひ、皆さんも機会があれば足を運んでみて下さい!

 

(執筆日:2021年8月)