「木更津銀座通り」木更津で一番賑わっていた商店街”銀座”を辿る -木更津⒂

「木更津銀座通り」木更津で一番賑わっていた商店街”銀座”を辿る -木更津⒂

木更津で最も賑わっていたのはどこなんだろう?と考えた時、”銀座”と名の付く商店街は全国各地で繁華街だったことを思い出す。

木更津にも「木更津銀座」がある。今は果たして…

木更津銀座へ

千葉県木更津市富士見1丁目。前回の「みまち通り」と木更津のメインストリートである「富士見通り」を繋ぐ商店街だ。

現在も街灯に「木更津銀座」と書いてある。

木更津銀座

でも、正直、「え、ここが銀座なの?」とびっくりしてしまうほどに何もない。

木更津銀座の街灯

「きさらづ港口便利帳」に昭和の写真が掲載されているが、木更津銀座の大きなアーチが賑わいを感じさせる。

神社仏閣が近くに多いため、門前町的な雰囲気もあったという。また、房総往還も通る道であるため、車の往来は現在もある。

Advertisement

木更津銀座の個人商店

現在も営業している「多田屋書店」は老舗。木更津へ老舗書店が頑張っているので凄い。

多田屋書店

シャッターが閉まっているお店は、昭和34年の地図では「北村ブリキ店」。かと思ったが、数年前の写真では明るい家族計画やたばこのホーロー看板が残っていたので、商店?

古そうな建物

「浜田屋文具店」も営業している老舗店。周りに建物が無いので、少し寂しそう。

浜田屋文具店

昔ながらの文具店という感じ。

昭和の文具店

空き地になっている場所、富士見通りの屋根が黒くなっている。火事でもあったのだろうか?

火事?

元は病院と靴店。

古い建物はどんどん取り壊され、空き地になっているため、商店街の雰囲気があまり無い。

空き地だらけ

カーブして、八幡神社の正面の通りも銀座となっているが、新しく民家となっている建物も多かった。歩いていて寂しい気持ちになる。

お店が無い

昭和34年の地図では、靴屋、呉服店、洋品店、かばん店と衣料品店がたくさん並んでいた。

厳島神社

流行に敏感な人々が集う商店街だったのではと想像する。一番賑わっていたはずなのに、これしか記事が書けなくて申し訳ない…

 

(訪問日:2021年2月)