【廃墟】千葉・検見川無線グラウンドに残るノスタルジックな廃墟店舗

【廃墟】千葉・検見川無線グラウンドに残るノスタルジックな廃墟店舗

逓信建築の代表作、検見川送信所を訪れたある日。隣接する検見川無線グラウンドにて異彩を放つ建物(?)を発見した。恐らく地図や案内には載っていない、知る人ぞ知る…というモノ。

 

少し前まで当たり前にあったもので、親世代は懐かしいらしい。

令和になってもなお残る廃墟の建物がノスタルジックだった。

 

検見川無線グラウンド

かつて逓信建築として注目されていた「検見川送信所」は廃墟になっているが、周囲からその建物の様子を探ることができる。

 

夏の茂みが検見川送信所を覆っているのにもお構いなしに、隣から威勢のいい声が聞こえる。野球やサッカー、ペットと遊ぶ人々。かなり広々とした敷地のグラウンドが広がっていた。そのグラウンドは、検見川無線グラウンドと地図では確認できた。

 

検見川送信所、無線の名前をそのまま利用しているのか…無線グラウンド、かなり良い名前だ。

 

検見川無線グラウンド

この無線グラウンド、かなり雰囲気がある。

なぜなら、観客席がボードが設置されているものの、昭和から時が止まってしまったかのような佇まい。

 

観客席

現在もこのグラウンドでは、野球の試合が行われるのだろうが、果たして椅子も使われているのだろうか?それとも飾りになってしまっているのだろうか。

汗の滲んだ椅子はどことなく寂しそうだ。

 

今はもう開かない販売店

色褪せた観客席の近く、大きなBOXのような建物があった。

建物という表現が正しいのかわからないが、販売店だったような。グラウンドの入り口に構えているため、多くの人に親しまれていたのだろう。

4つの窓らしき遺構。窓を開けたらどんなモノが販売されていたのだろうか?

今にも店員さんが手を出してきそうな…

手を洗う場所も、建物と一体化しているなんて親切。…かなり低い場所にあるが。子ども専用?

検見川無線グラウンドに佇む、昭和の名残。いつまでその場所にとどまっているだろう…

(訪問日:2020年6月)