検見川「秋元たばこ店」。昭和の美しきタバコのショーケースが残る古民家

検見川「秋元たばこ店」。昭和の美しきタバコのショーケースが残る古民家

新検見川駅から真砂の商店街を歩き、時間があったので検見川駅まで歩いてみることにした。

今まで歩いてなかった房総往還沿いで古民家、そして現役の美しいたばこのショーケースを発見。興味深いお話もたくさん伺えました。

検見川・房総往還沿いの古民家

前回のつづきで、真砂5丁目から検見川町へ。陸橋の下にホテルC・Aという看板が。こんなところに看板があったの気づかなかったな。

ホテルC・A

千葉県千葉市花見川区検見川町5丁目。房総往還を歩いて検見川駅へ向かっている途中…

古民家を発見

古民家を発見。現在も「秋元たばこ店」として営業中のようだ。

秋元たばこ店

小さなたばこの丸い看板は初めて見たな~嬉しい。

小さな看板

周辺にはコンビニなどお店が無く、この煙草店がポツンと存在する。

そして目を見張ったのは、たばこのショーケース!ガラス製なのでかなり古いタイプである…!!

たばこのショーケース

しかも保存状態が素晴らしい。大事にされているのがよくわかる。

綺麗である

木製の引き戸…こんなにも正統派の煙草店、千葉市内に残っていることが驚き。駅からも離れているので今まで気づかなかった…

昔のまま
Advertisement

美しいたばこのショーケース

たばこのショーケースがあまりにも美しく、これはしっかりと撮影しておかなければという強い気持ちが沸き起こった。

秋元たばこ店

以前、浦安市の博物館で上がガラス製になっているショーケースが展示されていたが、展示品として保管されるくらい今となっては貴重なものなのだ。

タイルも可愛い

手描きのようなフォントが愛おしい…

ガラス製

昔はネオン管が灯っていたのかなと想像する。

また、店内も小上がりになっており、昔のままのつくり。これはお話を伺いたいと思った。

店内も気になる
Advertisement

歴史ある煙草店で聞いた話

煙草店なのでたばこしか扱っていないので難易度が高いが、たばこを買う用事があったので扉を開けて「こんにちは~」と挨拶をする…がなかなか出てこない。

入り口

しばらくして奥の方から店主の方が顔を出し、欲しい銘柄を伝えるも、今在庫が無いと言われてしまった。地元の常連さんのたばこしか置いていないらしい。

買い物は出来なかったが、お店のことや検見川の歴史について伺うことができた。

80代だという店主(凄くしっかりしていて80歳にはとても見えない)。検見川が漁師町だった頃からこの場所で育ち、変遷を見てきたという。

昔は、公衆電話、おにぎりや食料品など何でも売っていたので忙しかったという。それもそのはず、2キロ先まで海岸が埋め立てられる前は、お店の前の道がメインの道路だったためである。向かいの歩道には渡れないほど交通量が多かったらしい。

たばこを入れるケース

建物は100年前のままだという。ショーケースは、店主が中学生の時、今から60年以上前?に車がぶつかって新調したものだという。

店内の様子

店内には歴代のたばこの広告など貴重なものが多数展示されていた。「カメラ良い趣味だね~」と褒めてくれたのも嬉しい。

貴重な広告がたくさん

今はたばこも不況であるため、こういう広告は配布されないらしい。また、新しい硬貨が発行されることについての問題点も指摘していた。

硬貨が新調されることによって、従来の自動販売機が使えなくなる。キャッシュレス化を進めているのに、なぜ今新調する必要があるのか。

たばこ店は利益がどんどん少なくなるとのこと。利益は1割しか残らないので、マイナス状態だが、遊びだと思って近所の人のものだけ販売しているらしい。

また、キャッシュレス化が進み、外に買い物に出るのも怖くなっているという。検見川の商店街も10店舗ほどしか残っておらず、買い物が不便だと嘆いていた。

また、埋め立てられる前、家のすぐ後ろは海だった。潮がくるので家が危なかったなんて話も。

たばこは、これからどうなるんだろう。禁煙化を進めることには賛成だと思っていたけど、たばこ店の苦悩を聞いていたら、たばこは時代の変化を顕著に表しているなと感じた。

これは誰だろう?
公衆電話の看板

築100年の古民家。いつまで残っているか分からないが、閉店してもショーケースだけは捨てないでほしいなと勝手ながら思う。引き取りたいくらい…

秋元たばこ店

おじいちゃん、いつまでもお元気で…ふらっと立ち寄ったお店で出会える人との縁を大事にしたい。

検見川は以前にも記事に書いたが、昔は宿場町、漁師町として賑わいを見せた街である。

港町の面影そのまま「検見川商店街」。レトロ好きを唸らせる建物の宝庫だった -検見川⑹

旧街道沿い

現在も随所にその名残が見られるので散歩にぴったり。しかも銭湯も残っている!

歴史好きな方に訪れてほしい素敵な街。今回のたばこ店と出会えてよかった。

 

(訪問日:2021年7月)