京成津田沼駅、明治元年創業・植草米店の小さな洋館が駐車場の隅に ー京成津田沼⑶

京成津田沼駅、明治元年創業・植草米店の小さな洋館が駐車場の隅に ー京成津田沼⑶

「洋館付住宅」は昭和初期に流行した建物で、各地に現存しているものがみられる。

そして、存在は薄いが、京成津田沼駅前にも小さな建造物が静かに残っている。

植草米店

千葉県習志野市。新京成線と京成本線の乗換駅となっている「京成津田沼駅」は、古くからの歴史がある。昭和3年の松井天山の鳥瞰図にも描かれている。南口の歴史については以前書いたので合わせて↓

京成津田沼駅前に伸びる商店街「ワイがや通り」。もう一度ワイがやを取り戻せ!ー京成津田沼⑴

今回は北口。昭和3年の地図にも描かれている「植草米店」。

植草米店

明治元年(1868)に創業したという老舗米店は、元々は茅葺屋根だったそうだが、ちょうど工事中だった。

台風の影響だろうか。屋根を修理しているように見える。

工事中

今回はタイミングが悪くお話を伺えなかったので、今度歴史を伺いたい。

また今度
Advertisement

レトロ電柱(街灯)も

入り口の隣には、よく見たらレトロ電柱(コンクリート街灯)がたっている。電球は無いが綺麗に残っているのが凄い。

ちなみに隣の建物は、元々は麻雀店だったみたい。

レトロ電柱

京成津田沼駅南口でも、レトロ電柱を以前見つけたことがある↓

【レトロ電柱】京成津田沼「わいがや通り」商店街で見つけたレトロ電柱

暗くなってしまった

やはり古くからある街並みにはまだ残っていて嬉しい。

洋館?応接間兼音楽室

植草米店の向かい側に広い駐車場がある。

駐車場

その奥に佇んでいるのが小さな洋館だ。現在は使われていないようでとても静か。

とても静か

アノ近代建築研究所の記事によると、植草米店の倉庫の応接間兼音楽室だったそうだ。左側は増築されたと書いてある。

右の白い壁が昔からのものか…

応接間兼音楽室

細長い窓、デザインが素敵だ。現在も綺麗に保存されている様子。

細長い窓
通気口?

駐車場の隅に残されているのが不思議でたまらない。建物内はどんな様子だったのだろう。

奥にも窓

一体どれほどの方がこの建物の歴史を知っているのだろうか。

京成津田沼駅

昭和3年の鳥瞰図では、洋館がある場所は空き地になっているので、それ以降に建てられた建物だろう。

それにしても、明治元年(1868)から150年以上同じ場所にある植草米店ってすごいな…いつかお話を伺いたい。

 

洋館付住宅について記述がある本↓

建築デザインの解剖図鑑

 

 

(訪問日:2020年12月)