「京成大和田駅前通り商店会」渋い個人商店・オシャレな喫茶店跡が魅力的 

「京成大和田駅前通り商店会」渋い個人商店・オシャレな喫茶店跡が魅力的 

京成線沿いは、JRと比べて昔懐かしい風景が残っていることが多くて探索がとても楽しいんです。

今回は、京成大和田駅。思っていた以上に商店街が渋かったです!

京成大和田駅と歴史

千葉県八千代市大和田にある京成本線「京成大和田駅」。

京成大和田駅へ

大正15年(1926)に開業した当初は、「大和田駅」だった。八千代市内で最も古い駅として知られる。

八千代市立大和田南小学校のホームページに歴史がまとめられている。

大和田の名前は、江戸時代に庶民が力をつけ、旅行を楽しむようになってから知られるようになりました。
大和田は成田街道の宿場、大和田宿としてたくさんの旅人を迎え、送り出しました。文久3年(1863)の5月から6月にかけて、実に1436人の宿泊客が記録されています。近江屋、中村屋、若竹屋、東屋、舛屋などの旅籠が軒を並べていたそうです。佐倉藩の殿様や香取郡の多古の殿様の行列も通り、本陣もありました。

江戸時代、日本橋から成田山新勝寺へと向かう道は、成田街道として大いに賑わった。

最大の宿場町・船橋宿の次の宿場町として大和田宿も賑わっていたのだろう。八千代市の中心地だった様子がわかる。

Advertisement

駅南口の再開発

京成大和田駅南口へまず降りてみた。が、私が反応するような古いものは全くない。

不思議に思って調べたら、昭和44年(1969)に立案された八千代市の「大和田駅南地区土地区画整理事業」という計画によって、線路の南側に位置する商店が立ち退きになったそうだ。

広場があるのみ

2020年、立案から50年以上たって区画事業がようやく完了したという。個人商店が並んでいたそうだが、今は見る影がない。

電柱に、「こて橋」と書いてあるのが気になった。なんだろう。

こて橋?

現在営業しているのは、スーパー「カワグチ」。

スーパー

区画整理によって、住宅地が広がることになった。京成大和田駅はあまり商店街が無いのかな…肩を落としたが、北側が凄かった。

Advertisement

大和田駅前通り商店会

踏切を渡って北側へ。県道201号に沿って「大和田駅前通り商店会」がある。

踏切

踏切から北側を見るだけでも、古い建物が並んでいるのがわかる。私が求めていたものがありそう。

薬局の店舗

線路に沿って八百屋で買い物をしている人々。こういう風景が見たかったんだ。

線路沿い

踏切を渡るとすぐに、違和感のある更地。最近取り壊されたようだ…

更地に

2010年のストリートビュー

歩道があまり無く狭い道。ゆるい上り坂になっている。

商店街を北へ
街灯は綺麗

大和田駅前通り商店会の2007年頃の地図が載っているが、現在も営業しているお店はどらくらいあるのだろうか。うーん、かなり減っている気がする。

街灯

「やまとや」。文字がうっすらと見える。衣料品小売業のお店だそうだ。

 

やまとや

この日はたまたま定休日だったのかな~

休みだった

ファミリーぴあって素敵。

ファミリーぴあ
太田金物店

隣には、「多田金物店」がある。

この辺りで分岐にあたる。

分岐
Advertisement

分岐の左側。2010年のストリートビューを見ると、パン屋「アビニヨン」と文具駄菓子屋の「中村文栄堂」というお店があった。

駄菓子屋が閉店してしまったのか~

向かい側のお店もかなり古そうで気になったが、よくわからず。

閉店している

店舗跡のような建物がつづくが、10年前を見てもわからないものが多い。

店舗跡だろうな~

こちらは「八千代電化センター」だった。以前はシャッターにイラストがあったが消えている。

八千代電化センター

その隣も電気屋?ビクターや三菱?などのかすれた文字が見える。

マルフジ

ビーバーエアコン…製品としては現在もあるが、看板を見たのは初めてだった。懐かしい方も多いかな?

ビーバーエアコン

美容室は営業していたが、周囲の古い建物は悉く建替えられている。ということは、昔はかなりの店舗が並んでいたのだろう。

美容室

向かい側には和菓子屋「さえぐさ」の大きな店舗があったが、建替えられた。

もう歩いてもお店が無いかなと思ったが、洋菓子店「ドンキホーテ」が営業していたので立ち寄った。

ドンキホーテ

洋菓子店の隣にスナックと思われる店舗が並んでいたが、蔦が凄い。

スナックなど

駅の方面に向かって商店街を眺める。

 

商店街の現在

歩道も狭く、駐車場もない商店街は時代の変化に耐えきれない。各地の商店街で見られる現象がこの通りでも起こっていた。

Advertisement

パチンコ屋と銭湯

駅の方へ戻り、先ほどの分岐を開拓していく。

先ほどとは違う方向に

パチンコ屋「ABCホール」は、外観がカラフルで目立っていた。駐車場がとても広い。

ABCホール

そして、パチンコ屋の隣に小さな看板建築が。居酒屋、お茶屋、クリーニング屋。

小さな店舗が並ぶ

現在はビックエーとなっている場所に、かつては銭湯「鈴の湯」があったと地元の方から聞いた。

面影はない

もし知っている方がいたら教えて下さい!

線路沿いの脇道の八百屋

商店街を1周するかのように探索し、今度は線路沿いの細い道を辿って駅へ戻る。

線路脇

多くの人が買い物をしている八百屋「あいづや」がとても印象的だった。

八百屋が繁盛している

人が多くて近づけないほど。八百屋というより、スーパーマーケットに近いのかな?小さなお店だけど頑張っているのを見てホッとした。

Advertisement

駅近くの喫茶店跡

踏切近くにあった薬局「やませ」は営業していなかった。

薬局

最近閉店してしまったものと思われる。

さらに脇道へ

隣はどんなお店だったのだろう。10年前を見てもわからない。

屋根もボロボロだ

美容室の外観。なぜコンクリートの壁で囲われているのだろう。

美容室

最後にして最大の素敵物件!ぜひ縦写真で見てほしい。

素敵!

2階が喫茶店「双葉」だったと思われる。看板のデザインも高級感溢れる。

双葉

コーヒータイムと珈琲待夢とするセンスの良さ!これは見習いたい。

営業していたら入りたかったな…

京成大和田駅

以前紹介した、東久邇宮邸を移築したさわ田茶屋へもアクセス良好!

また今度ここから散歩したいなと思った。

 

(訪問日:2021年1月)